MENU

    看護師からの転職!他職種おすすめ8選|資格・スキルを活かせる転職先

    看護師からの転職!他職種おすすめ8選

    看護師の仕事は、人の命を預かる仕事。夜勤もありハードワークであることから「このまま看護師を続けても良いのか」と不安に思う人もいると思います。しかし、転職しようにも看護師以外の職種に就けないのではと思い、このまま踏み止まってしまっていませんか。

    転職を失敗しないためには、看護師から他職種へ転職するメリットとデメリットをしっかり把握して、自分に向いている職種を見つけて行かなければなりません。看護師以外の職種は、未経験なので不安に思うかもしれませんが、看護師の経験で得たスキルや経験は、他職種でも活かすことができます。

    この記事では、看護師から他職種へ転職したいと考えている人のために、看護師から他職種へ転職するメリット・デメリット、実際に看護師が転職している職種についてご紹介します。看護師の資格やスキル、経験を生かしているので、未経験でありながらすぐに活躍していけるでしょう。他職種へ転職活動の参考にしてみてください。

    看護師から多職種に転職したい方へ

    【看護師の資格を活かせる転職先3つ
    ①治験コーディネーター・臨床開発モニター、②保育園内の常駐看護師、③企業看護師・産業保健師
    資格を活かせる転職先詳細はこちら

    【看護師の経験・スキルを活かせる転職先5つ】
    ①美容クリニック、②メディカル系コールセンタースタッフ、③事務・医療事務、④ケアマネージャー、⑤クリニカルスペシャリスト
    経験・スキルを活かせる転職先詳細はこちら

    看護師から多職種に転職するなら「看護ルー(看護roo!)」が1番おすすめ!
    ● 職場の人間関係などの内部情報を転職前にこっそり教えてくれる
    ● 応募書類の添削や面接対策をしてくれる
    ● 登録者のみが応募できる独自プレミアム非公開求人を紹介してくれる!
    現在、年収600万円以上・年間休130日以上などの優良非公開求人が急増中!人気の求人はすぐに埋まってしまうので、見逃さないように今すぐ行動を始めることを強くおすすめします!

    \ 2022年5月の総合人気No.1 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    目次

    看護師からの転職で他職種は多い?

    看護師はハードワークのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。看護師の離職率は高く、日本看護協会の調査では2020年度の離職率は11.5%に登ります。離職後は、看護師として別の病院で働く人も多いですが、看護師とは違う他職種へ転職する人も少なくないのです。看護師の転職事情についてみていきましょう。

    参照:日本看護協会「2020年 病院看護実態調査」

    看護師から他の職種へ転職したい人は全体の約半数

    看護師の退職理由で「他職種へ転職」はどのくらいの割合を占めているのかご存知でしょうか。当サイトの独自調査によると「看護職に限らず、(自分の)関心のある仕事をしてみたい」と回答した人は約43%、「看護職以外の仕事をしてみたい」と回答した5.8%と合わせると約半数の看護師が「看護師以外の仕事」を検討していることがわかります。

    看護師の仕事は、人命に関わるため常に緊張感やプレッシャーがかかります。また、看護師を取り巻く人間関係は幅広く、医師や同僚・先輩看護師だけでなく、患者さんやそのご家族まで、あらゆる人と関わりながら仕事をしていきます。

    そのため、人間関係に悩む看護師も少なくありません。看護師の仕事は体力勝負な部分も多く、特に病棟看護師などは夜勤などがあり不規則な勤務になりがちになります。

    また、急患などで残業が頻繁に発生するケースも珍しくなく、体力的にも負担がかかりがちです。このような職場環境や勤務体制のもと、将来結婚や出産、育児などライフイベントを迎えたとき、仕事と家庭を両立できるのかを考えると、不安に感じ看護師を辞めるという選択をする人もいるようです。

    近年では新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受け、医療現場の負担が増大したことで退職を検討する看護師、実際に退職を選択する看護師が相次いでいます。日本労働同調査組合が2021年4月に行った調査によると、新型コロナウイルス感染症の影響で退職を検討したことのある医療従事者は約11%という結果に。看護師だけでなく、医療従事者全体をみても退職を検討していると回答した人が増えているのです。

    看護職を長く続けるためには良好な人間関係・給料・待遇が必要

    看護師が仕事を長く続けるためには、何が必要なのでしょうか。先ほどもご紹介したマイナビ「看護師白書2020年度版」の「これからも看護師を続けたい」と回答した看護師を対象にした調査によると、看護師を長く続けるために必要なのは「良好な人間関係」と回答した人が88.2%、​​「給与などの待遇面の充実」が75.5%、「休暇の取りやすさ」が71.5%という結果となりました。

    看護師は、責任が重い仕事内容から常に緊張感を持った人が多く、閉鎖的な空間で業務に従事していくため人間関係のトラブルが起こりやすくなっています。また、先ほどご紹介したように看護師の職場環境はハードであるケースが多い傾向にあり、人手不足もその大きな要因となっています。1人の看護師にかかる負担が増えてきているのに対し、給与面などの待遇も不十分である現状が伺えます。このような現状を見ると、看護師が他職種への関心が高くなるのも頷けます。

    \ 2022年5月の総合人気No.1 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    看護師の転職でおすすめの他職種【資格を活かせる転職先】

    看護師から他職種へ転職する際、どのような勤務先が考えられるでしょうか。看護師のハードワークに限界を感じ、事務職やコールセンター、販売職などを選ぶ人もいるでしょう。しかし、このように看護師と全く関連のない職種よりも、看護師資格を活かせる職種に転職したほうが、給与も下がりにくく、入社後のギャップも感じづらくなります。看護師資格を活かせるおすすめの3職種をご紹介します。

    治験コーディネーター・臨床開発モニター

    製薬会社が新薬を開発した時、最終段階として人体への有効性・安全性を確認するために臨床試験を行います。このような新薬開発に貢献できる仕事でもある治験コーディネーター(CRC)、臨床開発モニター(CRA)は、看護師資格を活かせる職種でもあります。

    治験コーディネーター(CRC)は、薬の臨床試験に関わる医療機関、製薬会社、被験者と連絡・調整役を担います。治験コーディネーターになるには、特定の資格は不要ですが、医学や薬学の基本的な知識のほか、所属薬機法やGCPに基づいた治験実施計画書(プロトコル)などの知識が不可欠であるため、看護師資格は優遇される傾向にあります。治験コーディネーターとして働くには、治験を行う医療機関に所属するケースがほとんどですが、民間の治験施設支援機関などに配属されることもあります。

    臨床開発モニター(CRA)は、医療機関へ治験の実施を依頼後、​​治験が治験実施計画書や薬機法、GDPに則って適切に行われているかなど、全体の管理とモニタリングを行う仕事です。治験を適切に行うための標準業務手順書(SOP)の作成、治験実施医療機関や医師、医学専門家の選定、モニタリングなどがメイン業務となり、それらをスムーズに行うため、医学た薬学の基本的な知識が不可欠であるため、看護師資格が優遇される傾向にあります。臨床開発モニターは、医薬品開発業務受託機関(CRO)や製薬会社に所属して業務を行っていきます。

    保育園内の常駐看護師

    看護師の勤務先は、医療機関に限られていません。保育園の常勤看護師として勤務することもできます。

    保育園内の常勤看護師は、園児の健康管理が主な業務です。具体的には、園児の健康チェック、園児の怪我や病気・アレルギーの対応、園内の衛生チェック、保育士の補助を日々の業務としています。園児への対応だけでなく、保育園職員の健康診断の準備や調整、保護者に向けた園児の予防接種情報提供、インフルエンザ流行時期に合わせた保健指導などを行います。

    保育園には0歳からの乳幼児も預かっているため、体調の変化や怪我も起こりやすくなっているため、迅速な医療処置を行えるために、常駐看護師を配置する保育園も増えてきているのです。

    看護師資格の他にも、看護師の経験やスキルも存分に生かしていける環境でもあるため、未経験でも即戦力として活躍してくことができます。ただし、保育園では、看護業務だけでなく「保育士補助」などの保育業務も担うため、子供が好きな看護師に向いています。

    保育園の常駐看護師は、保育園に合わせた勤務になるため、土日休みで残業も少なく、ワークライフバランスも取りやすい環境です。ただし、医療機関で働いていた時よりもお給料は減るケースが多いようです。

    企業看護師・産業保健師

    保育園と同じく、医療機関以外の勤務先としてあげられるのが一般企業です。一般企業の医務室や健康管理部門などに常駐して従業員の体調不良やけがの処置を行っていきます。このように一般企業に常駐する看護師を企業看護師・産業保健師とも言います。

    今、企業では「働き方改革」が進んだことで企業看護師・産業保健師に注目が集まっています。また、「健康経営」を推進することで、企業の発展や従業員の生産性向上が期待できることも企業看護師・産業保健師の設置が推進される理由としてあげられます。

    主な業務は、従業員の体調不良や怪我の処置以外にも、保健指導、健康相談、産業医と連携しての健康診断の実施、ストレスチェックなどがあります。看護師として資格、スキルと経験を活かせるため、すぐに活躍の場を広げることができます。

    一般企業の勤務時間と休日に合わせているため、カレンダー通りの休日が取得でき、残業も少なめです。人気のある職種であるため、求人が少ないこと、また企業によっては看護師資格以外にも保健師の資格も必要であるケースもあるため、応募先の条件をよくチェックしていくようにしてください。

    看護師の転職で資格を活かせる転職先を探すなら看護ルー(看護roo!)が1番おすすめ!

    看護ルー(看護roo!)

    「看護ルー」は東証一部上場企業が運営しており、看護師の転職サポートを10年以上行ってきた実績がある転職サイトです。そんな看護ルーの1番の魅力は、病院ごとの内部情報を事前にたっぷり教えてくれることです。人間関係や雰囲気、給料・休暇・残業の実態、離職率やその理由なども教えてくれるため、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

    2022年5月時点における公開求人数は約54,000件となっており、年収600万円以上・年間休130日以上など好条件・高待遇の非公開求人も多数取り扱っています。看護師の資格を活かせる転職先を探したいと思っている方は看護ルーを利用しておけば間違いありません!

    \ 2022年5月の総合人気No.1 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    看護師の転職でおすすめの他職種【経験・スキルを活かせる転職先】

    そのほかにも、看護師としての経験やスキルが活かせる職種もあります。看護師としての経験やスキルが生かせれば、未経験の職種でも全くの未経験としてでなく、即戦力として活躍できる可能性もあります。以下の職種では、看護師を歓迎している求人もあるため要チェックです。

    美容クリニック

    美容クリニックは、整形手術やレーザー脱毛といった美容医療専門の医療機関です。同じくエステサロンも美容を目的としていますが、美容クリニックとは違い医療行為を行うことができません。そのため、美容クリニックは看護師としての経験やスキルを活かせる環境なのです

    美容クリニックでの主な業務内容は、患者さんへの対応やカウンセリング対応の他、ヒアルロン酸注入、フォトフェイシャルなどの施術の介助まで行います。

    美容クリニックには、夜勤もありませんし、残業も少なく、ワークライフバランスも取りやすい環境です。また、美容クリニックは自由診療であるため、給与水準も高めであるのが魅力。ただし、ドクターズコスメの販売数やカウンセリングの成約率などの目標を課せられる場合もありますが、その成果をインセンティブとして給与に反映されます。

    キャリアアップが給料アップに繋がりにくい病院と違い、看護師のスキルや経験を生かしながらそれが叶えられるため、成果を評価してほしい、キャリアアップをしたいという看護師に向いている職種であるといえます。

    関連記事:美容看護師になるには資格が必要?美容皮膚科・美容外科になるためには独占求人を狙え!

    メディカル系コールセンタースタッフ

    メディカル系コールセンターとは、医療関連に関する問い合わせに対し、適切な回答を行っていく仕事です。メディカル系コールセンタースタッフの活躍の場は、保険会社や健康組合のサービスなどの相談窓口として所属されるケースが多いでしょう。

    具体的な業務内容は、会社によって異なりますが、利用者の相談内容に応じ、受診したほうがよい診療科や近隣の病院を紹介したり、健康管理のアドバイスなどを行うのがメイン業務です。

    看護師としての経験や知識がそのまま活かせ仕事内容なので、未経験でもすぐに活躍していくことができるでしょう。人の話を聞いたり、アドバイスをすることが得意な人に向いています。

    相手からの相談は基本的には受信された電話に回答していくため、デスクワークがメインです。看護師のように体力的な負担は少ないと言えるでしょう。ただし、コールセンターは24時間365日サービスを提供している企業が多く、勤務体制はシフト制となります。企業によっては日勤のみ、日曜休みなどで募集を出しているため、仕事とプライベートを両立できます。

    事務・医療事務

    看護師から他職種への転職で最も多いのがこの医療事務です。

    医療事務とは、病院やクリニックなどの医療機関での受付・会計業務、クラーク業務、レセプト業務をメインに行っていきます。看護師の経験から未経験でも仕事が覚えやすく、PCスキルも身につけられるため、看護師に人気の転職先となっています。

    医療事務は、夜勤や残業時間がほとんどないため、プライベートを充実させたい看護師に向いている職種でもありますが、その分、お給料は大きく下がります。

    ケアマネージャー

    高齢化に伴い需要が高まっているのがケアマネージャー職です。

    ケアマネージャーとは、介護支援専門員とも呼ばれ、介護が必要な人を対象に、介護サービスが受けられるようケアプランを作成したり、介護サービス事業者との調整を行ったりするのがメイン業務です。高齢者が孤立しないためのケアや、患者家族のケアまで、その業務は多岐に及びます。ケアマネージャーの勤務先は、特別養護老人ホームや地域包括支援センター、居宅介護支援事業者などになります。

    ケアマネージャーは、利用者に自らアポイントを取り、訪問をしていきます。訪問時間を自ら調整して、空いた時間に事務作業などを行うため、比較的自由な働き方ができる環境であると言えるでしょう。

    ケアマネージャーの仕事につくことで、看護師としてのスキルや経験が活かせ、さらにマネジメントスキルやコミュニケーション能力、介護に関する知識などを得ることができます。ただし、ケアマネージャーになるには、5年以上の実務経験を積み、介護支援専門員実務研修受講試験に合格しなければなりません。

    クリニカルスペシャリスト

    クリニカルスペシャリストは、営業職に動向し、病院やクリニックの医者や看護師に製品の説明を行う役割を担う仕事です。自社製品をより詳細に説明するために、医療や看護の視点から営業のサポートを行っていきます。営業の同行以外の、製品導入前のデモンストレーションや製品導入の立ち会い、導入後のフォローなどもクリニカルスペシャリストの仕事です。看護師で培ったスキルや経験、コミュニケーションスキルが活かせる仕事です。

    クリニカルスペシャリストは、医療メーカーに在籍するため、夜勤がなく、週休2日が確保されています。そのため、体力的な負担も少なくなり、プライベートも充実させやすいです。給与は営業成績に左右されるため、人によりばらつきがありますが、自分の経験やスキルが売上に貢献できるため、やりがいを持って働ける人が多い職種でもあります。

    看護師の転職で経験・スキルを活かせる転職先を探すなら看護ルー(看護roo!)が1番おすすめ!

    看護ルー(看護roo!)

    「看護ルー」は東証一部上場企業が運営しており、看護師の転職サポートを10年以上行ってきた実績がある転職サイトです。そんな看護ルーの1番の魅力は、病院ごとの内部情報を事前にたっぷり教えてくれることです。人間関係や雰囲気、給料・休暇・残業の実態、離職率やその理由なども教えてくれるため、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

    2022年5月時点における公開求人数は約54,000件となっており、年収600万円以上・年間休130日以上など好条件・高待遇の非公開求人も多数取り扱っています。看護師の経験・スキルを活かせる転職先を見つけたいと思っている方は看護ルーを利用しておけば間違いありません!

    \ 2022年5月の総合人気No.1 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    看護師を辞めて他職種へ転職するメリット

    「他職種へ転職する」ことは簡単に決断することができません。これまで頑張ってきたことが無駄になるのでは、未経験で仕事をしていけるのかなど、看護師に限らず誰でも不安な気持ちを持つものです。自分がどのような選択をすべきかを整理するために、看護師を辞めて他職種へ転職するメリットとデメリットを理解しておくと良いでしょう。まずは、他職種へ転職するメリットについて解説していきます。

    夜勤・残業が少ない

    看護師を続けられるかの不安要素の1つとして「夜勤がある」「残業が多い」ことがあげられます。選択する職種によって違いはありますが、一般企業や接客業など、基本的に夜勤がなく、看護師に比べ残業も少ない傾向にあります。

    看護師時代に感じた体力的な負担や1人にかかる業務量の多さも感じることなく、仕事と家庭の両立が叶いやすいといえます。さらに、一般企業では「産休」「育休」など推進している企業も多く、ワークライフバランスを取りながら働ける待遇が完備されています。

    責任の重さから解放される

    医療業界は、人の命に関わる仕事がメイン。看護師が抱えるプレッシャーと責任感は計り知れません。少しのミスや遅れが患者さんの容態悪化、最悪の場合、命に関わる危険性もあるため、看護師には正確な業務、スピード感が求められています。

    一般企業ではもちろん人の命に関わる業務はなく、会社やポジションによって求められることが変わってきます。少なくとも人命に関わることはないため、看護師として働いていた時のプレッシャーと責任の重さからは解放されるでしょう。また、選ぶ職種にもよりますがデスクワークがメインであれば、体力的な負担も軽減される可能性が高いです。

    プライベートが充実する

    看護師は、夜勤があるのに加え、土日・祝日も出勤は当たり前の環境です。カレンダー通りの休みが取れないため、家族や友人と休みが合わないという経験をした人も多いのではないでしょうか。しかし、カレンダー通りの休みを取れる会社・職種へ転職することで、土日・祝日に休日が取れ、カレンダー通りの休日が取れるようになるメリットがあります。

    土日・祝日と休暇が取れれば、家族や友人と過ごす時間が増え、プライベートの時間を充実させることができます。看護師から他職種へ転職した人のなかには、夜勤がなく、日中の時間の仕事になるため、生活サイクルも整いやすくなり、崩しやすかった体調面に不安がなくなったという人もいます。

    \ 2022年5月の総合人気No.1 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    看護師を辞めて他職種へ転職するデメリット

    看護師を辞めて他職種へ転職するには、いいことばかりではありません。看護師の職場環境と大きく変わる他職種へ飛び込むことで、以下のようなデメリットが生じる可能性もあります。以下のようなデメリットもしっかり理解しておくようにしましょう。

    給料が下がる

    看護師として働いていたときより、給与が下がるケースも少なくありません。他職種に未経験で転職するため、給与が下がるのは避けられそうにありません。他職種へ転職した看護師のなかには、看護師として働いていた方が福利厚生が充実していたという人もいます。

    他職種へ転職を決めるなら給与が下がることは仕方ありませんが、最低ラインをしっかり設定しておかなければ、「お給料が安すぎて生活できない」「結局副業をしながら働いているため、体力的にきつい」ということになりかねません。他職種へ転職を考えたら、お給料が下がることを想定し、一度どのくらいまで下げられるかをシミュレーションしておくようにしましょう。

    仕事にやりがいが感じられない

    看護師の仕事は、緊張感がありプレッシャーを感じる現場が多く、それにやりがいを感じている人もたくさんいます。実際に、看護師として働いていた時は、やりがいを感じられないという人もいますが、他職種へ転職し、看護師の仕事を離れてから看護師の仕事のやりがいに気づく人もいます。

    転職先の会社や職種にもよりますが、毎日ルーティンワークをこなすだけの仕事内容の職種もあります。また、看護師のように周りも責任感とプレッシャーのなかで臨機応変に仕事しているとは限りません。そのため、看護師時代では感じていた「やりがい」を他職種へ転職したことで感じにくくなったという人も実は少なくないのです。

    もちろん、その分、精神的・体力的な負担は軽減されますが、生き生き働くことはできません。他職種へ転職する時には、スキルアップを目指した「新しい目標」を持っておく必要があります。または、趣味の時間を持ち、何か打ち込むものを見つけるなど、仕事以外の「やりがい」を見つけるのもおすすめです。

    知識やスキルの低下からくる不安

    看護師を辞める理由は人それぞれ異なります。なかには、やむ得ない事情から看護師を辞めざる得なくなった人もいるでしょう。そのような事情から退職した人に多いのが、看護師だった頃の自分と比べてしまうということ。看護師時代に比べ、知識やスキルが低下しているのではと不安に思ってしまい、焦りを感じてしまうのです。

    例えば、看護師経験を生かした仕事であっても、これまでの環境とは違ってくるでしょう。ましてや、バックオフィスや販売職など全く他職種に転職してしまえば、ゼロからのスタートに。そのため、同年代の人と比較して自分のビジネススキルが未熟であることも不安を募らせる要因となってます。また、ゼロからスタートとなる点は、他職種へ転職する大きなデメリットとなることも否めません。

    仕事内容がイメージと違う

    看護師に限ったことではなく、未経験業界や職種に転職するとよくあるのがイメージと現実のギャップです。特に未経験職種に転職すると、入社前のイメージと実際の仕事内容へのギャップを感じてしまい、結局看護師へ復職しようと検討しているという人もいるほど。また、看護師の経験が活かせる職種に転職したとしても「こんなはずじゃなかった」と想い、転職を後悔する人もいます。

    このイメージと現実のギャップが起きてしまう理由として、転職の際のリサーチ不足があります。外から見た印象と、実際の印象は違うもの。実際にその仕事について詳しくリサーチしていれば、ギャップを感じることなく、転職を後悔することがないでしょう。

    看護師からの他職種転職で失敗しないコツ

    いざ、看護師から他職種へ転職しようと思っていても、一筋縄ではいきません。看護師としての資格や経験、スキルが活かせる職種を選択したとしても未経験となります。実際の採用選考でも面接官は、「伸びしろがあるか」「すぐに辞めずに働けるか」など看護師の資格や経験、スキル以外の面も細かくみています。

    これから解説することをしっかり整理・明確にしていないと、転職失敗となってしまう可能性があります。転職活動を失敗させないためにも、以下のコツをしっかり抑えておきましょう。

    看護師を辞めて他職種を目指す理由をしっかりとアピール

    看護師から他職種へ転職するにあたって、他職種を目指す理由をしっかり整理しておく必要があります。面接では「なぜ転職しようと思ったのか」は高い確率で聞かれるでしょう。面接官としては「やりがいのある看護師を辞めてしまう理由」は気に掛かる点でもあります。この時にどのような回答をするかで、選考結果に大きな影響を与えます。

    例えば、「看護師の仕事がハードワークで体力的な不安があり、医療事務として体力的に不安のない仕事をしたい。」という人もいるでしょう。しかし、この例は失敗例。このように答えてしまうと、「仕事が大変だと辞めてしまう人」という印象を採用担当者に与えてしまい、マイナス評価に繋がってしまいます。待遇や勤務体制など職場環境を理由にしてしまうと他責になり、ネガティブなイメージが強くなります。なるべく待遇や勤務体制以外の理由で、「看護師を辞めて他職種を目指す理由」を詳しく伝える必要があります。

    ここで大事なのが「看護師を辞めた理由」より「他職種を目指す理由」に重点を置くことです。「夜勤が大変で、夜勤のない仕事をしようと思った」というよりも、「事務職としてのスキルを身につけたいと思ったので、看護師を思い切って辞める決断をした」と回答した方がポジティブな理由になります。「この職種を目指すために、看護師を辞めた」という風にまとめ、ポジティブな言い回しができるように整理しておきましょう。

    未経験の職種になるので、採用担当者も「イメージだけで応募していないか」「憧れだけで志望していないか」を判断しています。入社後にミスマッチがあれば、お互いに不利益となるからです。そのため、きちんと仕事内容を把握していること、憧れだけで志望していないことを伝えるためにも「看護師を辞めて他職種を目指す理由」を明確に述べた方が良いのです。

    自分が目指す職種の仕事内容などをしっかり把握して、看護師の仕事内容と類似点を見つけると、ミスマッチを防ぐだけでなく、さらに活かせるスキルを明確にすることができるので良いアピールにも繋がります。

    自分の強みを履歴書・職務経歴書でアピール

    採用選考のスタートとして、書類選考があります。この書類選考を通過しなければ、面接に進むことができないので、履歴書と職務経歴書はしっかり書く必要があります。

    履歴書と職務経歴書で大切なのが「自分の強み」です。学歴や職務内容などは大方、履歴書・職務経歴書を見れば把握することができますが、人間性の部分は、履歴書と職務経歴書の内容を見ただけでは判断することができません。そのため、履歴書と職務経歴書の余った枠を利用して「自分の強み」をアピールすると、面接官の目に留まりやすくなるだけでなく、プラスアルファの良いアピールに繫げることができます。未経験の職種であれば、なおさら、自分の強みをしっかりアピールした方が良いのです。

    しかし、「自分の強みがよくわからない」と思っている人もなかにはいるのではないでしょうか。そんな時は、自己分析を行いましょう。自己分析は、自分自身を見つめ直す機会になるため、自分の強みだけでなく、自分の潜在的な能力に気づくきっかけにもなります。

    自己分析は様々な方法がありますが、一番シンプルなのが自分の過去の経験や習得したスキルを深掘りしていき、それをテキスト化していくことです。頭の中で考えるだけでなく、実際に目で見えるようテキスト化することで、整理もしやすくなるだけでなく、自分の経験やスキルを客観的な視点で見ることができ、自分でも気づくことのなかった新たな気づきに繋げられるのです。深掘りしていく過去は、「大きな経験・成果」「実績」だけでなく、小さなことでも構いません。自分の経験からどのような強みがあるのか、自己分析を通じてしっかり整理していきましょう。

    自己分析などで自分の強みが整理できたら、履歴書・職務経歴書に文章化していきます。文章化していく際には、自分の強みの根拠となるエピソードと一緒に文章化すると、説得力が生まれます。例えば、自分の強みが「コミュニケーション能力の高さ」なら、コミュニケーション能力の高さが伺える過去の経験を一緒に紹介するのです。そのほうが、自分の強みとしている能力をより具体的にアピールできるのです。

    自分の強みをしっかりアピールして、転職活動を成功に導きましょう。

    自分がどう貢献できるか面接でアピール

    看護師から他職種へ転職することに限らず、転職活動において「自分がどのように貢献できるか」をアピールすることは、転職を失敗しない上で非常に重要です。このようにアピールした方が、採用担当者も入社後の働き方がイメージしやすくなるのです。未経験職種であっても、自分の強みや経験、スキルでどのように貢献していくことができるのか、改めて整理をしていかなければなりません。

    まず、この「自分がどのように貢献できるのか」を面接でアピールしていくためには、「企業研究」「自己分析」を徹底的に行う必要があります。応募する先の企業のことをきちんと理解しておけば、「自分がどのように活躍できるか」より具体的にアピールすることができます。また、先ほども紹介したように、自己分析を行うことで、自分の「今持っている強み」を理解し、それを「どのように活かせるか」伝えていくことができます。履歴書・職務経歴書で述べた強みをどのように活かせるか考えるようにしましょう。

    この「企業研究」と「自己分析」ができたら、「自分の強みをどのように活かせるか」を考えるようにします。志望する求人で自分が活かせるところが必ずあるはずです。そこを発見して、どのように活かしていけるのかを、過去の経験を交え具体的に話せるように準備しましょう。

    もし、より具体的にアピールをしていくなら、入社後の計画を伝えるようにします。今は、キャリアアップのために退職を選ぶ人も少なくありません。企業にとっては、せっかく会社に慣れ、これから力を発揮していく人材を逃してしまうことは、会社にとって非常に不利益なこと。そのため、面接では「すぐに辞めてしまわないか」という点でも、採用担当者は評価していく傾向にあります。採用担当者の不安を払拭できるのが、「入社後の計画」を伝えることなのです。

    「入社後の計画」とは、その企業・職種で「自分がどのようなキャリア」を積んでいきたいのかを具体的に伝えることです。例えば、「メディカル系コールセンタースタッフ」を志望しているなら、「コミュニケーション能力をいかし、経験をしっかり積むことで将来的にはSV(スーパーバイザー)になりたい」などと伝えます。「入社後の計画」を伝えることで、自分の意欲を伝え、「すぐに辞めてしまわないか」という疑問も払拭できます。

    面接は、看護師で培った経験やスキル、強みをアピールできるチャンスの場でもあります。それを逃さないようにしっかり準備をしていくようにしましょう。

    看護師資格を活かした選択肢も持つ

    看護師から他職種へ転職するのに、全く違う業界・職種への転職を希望する人もいます。例えば、営業職や企画職、マーケティングや広報などに憧れを持つ人もいるでしょう。しかし、看護師からそのような職種へ転職するには、難しいといえます。もちろん、なかにはそのような職種でも未経験者歓迎の求人もありますが、経験者が優遇される傾向にあります。また、ポテンシャル採用の枠も少なからずありますが、年齢が高くなるにつれて求人も少なくなっていきます。そうなると、いつまでも転職先が決まらず、どんどんやる気も無くし、モチベーションも下がる一方に。

    転職活動をスムーズに進めるためには、看護師の資格、経験やスキルを活かした職種も検討するようにしましょう。未経験職種と言っても、活かせる経験やスキル、資格などがあった方が早期に活躍していけるため、転職もしやすい傾向にあります。また、看護師の知識を活かせる職種であったほうが、入社後の「大きなギャップ」もなく、「こんなはずではなかった」と失敗もしにくくなります。

    キラキラしたイメージがあり、強い憧れを持っていた職種ほど、仕事内容がイメージと違ったというのはよくあることです。1つの職種にこだわらず、広い視野で職種を見て「自分に合う」「自分の経験が活かせる」職種を選ぶようにすると、失敗を避けることができるようになります。

    複数の転職サイトに登録する

    看護師から他職種への転職を失敗させないためにも、転職サイトは1つだけではなく、複数登録するようにしましょう。転職サイトには、そのサイトだけに掲載している独自求人や、一般には公開されていない非公開求人という求人があります。もちろん1つの転職サイトをフル活用して、転職活動をしていくことは可能ですが、その分、自分の選択肢を狭めてしまうことになるのです。

    職種や企業によっては、土日休みや残業がなく、高待遇の求人もあります。しかし、転職サイトを1つだけ使用していれば、あらゆる求人を見比べることができず、自分の条件に近い求人を逃してしまうことになります。そのため、より自分の良い条件の求人を見つけるためにも転職サイトは複数登録するのが良いのです

    また、医療業界以外の転職を目指すなら、医療業界特化型の転職サイトと総合型の転職サイトを併用するのがおすすめ。総合型の転職サイトは、医療業界に止まらず、あらゆる業界の求人が幅広く掲載されています。もちろん、なかには未経験求人もあり、一般企業の職種に転職できるチャンスもあります。

    しかし、全くの未経験での転職は簡単ではないため、医療業界特化型の転職サイトを併用するようにしましょう。医療業界特化型の転職サイトでは、先ほどご紹介した看護師の資格、経験やスキルを活かせる職種が幅広く掲載されています。看護師の資格、経験やスキルを活かした求人の方が転職はしやすくなるので、そちらも検討しながらだと、スムーズに転職活動を進められます。

    複数の転職サイトに登録すれば失敗しにくいなら、たくさん登録すればそれだけ選択肢が広がって転職活動を成功させられると思う人もいるのではないでしょうか。ここで注意したいのが、やたらめったら登録をするという行為です。転職サイトに登録すると、担当アドバイザーが求人を紹介してくれたり、転職支援を行ってくれますが、実は1人のアドバイザーも複数人を担当してこれらのサポートを行っています。

    そのため、担当アドバイザーも「転職活動に積極的な人」を優先して対応していく傾向にあります。担当アドバイザーが「転職活動に積極的」だと判断する材料として、レスポンスの早さがあります。担当アドバイザーが紹介してくれる求人も、ずっと人を募集しているわけではありません。人材が充足すれば求人はストップしてしまい、応募もできずに終わってしまいます。自分に合う求人を見つけたら、スピードを持って行動していかなければならないのです。

    もし、自分のキャパシティを超える数の転職サイトに登録してしまえば、連絡も疎かになり、レスポンスも遅くってしまいます。それでは、本末転倒です。登録しすぎには注意して、自分が上手く運用できる数の転職サイトを併用していくようにしましょう。

    看護師の他職種転職に強いおすすめ転職サイト|看護師資格やスキルも活かせる!

    看護師が他職種へ転職をするためには、転職サイトの選定も非常に重要です。様々な業界や職種の求人が掲載されている総合型の転職サイトも注目すべきですが、看護職以外の登録者も多いため競争率も高くなります。そのため、他職種に強い看護師特化型の転職サイトを利用した方が、看護師経験も活かせる他職種への転職がしやすいのです。ここでは、他職種の転職に強い転職サイトをご紹介します。

    スクロールできます
    順位転職サイト総合評価求人の質や数利用者満足度解説公式
    1位看護ルー
    看護ルー
    華丸
    4.8
    華丸
    4.9
    華丸
    4.7
    詳細公式
    2位看護のお仕事
    看護のお仕事
    華丸
    4.5
    華丸
    4.8
    二重丸
    4.2
    詳細公式
    3位医療ワーカー
    医療ワーカー
    丸
    3.95
    二重丸
    4.0
    丸
    3.9
    詳細公式

    転職成功率を大幅に上げるコツ
    あまり知られていないのですが、転職成功率を大幅に上げるためには複数のサイトに登録することが大事です。
    実は、本当に良い求人は非公開求人といって、転職サイトに登録しておかないと巡り会うことができないのです。1つの転職サイトだけにしか求人を載せていない病院やクリニックも多いので、転職成功率を大幅に上げるために少なくとも1社、より多くの非公開求人に巡り合いたい方は2社登録しておきましょう。

    【編集長イチオシ】看護師の他職種転職に強いおすすめ転職サイトは「看護ルー(看護roo!)」!

    看護ルー(看護roo!)

    看護ルーは、10年以上転職実績を積んでいる看護師特化型の転職サイトです。求人数の豊富さ&転職エージェントの丁寧なサポートに定評があり、看護師だけでなく学校や保育園の保健師、産婦人科の助産師などの職種も豊富です

    そんな看護ルーの強みは、なんといっても求人数の豊富さです。転職サイトに掲載されている求人の他にも、一般には公開されていない非公開求人も豊富に扱っています。また、看護ルーが取り扱っている他職種は、「介護・福祉系」「検診・健診」「保育園・学校」「訪問検診」など、看護師の資格が活かせるものばかりです。さらに、高待遇の求人も多く、自分の希望条件にマッチした求人が見つかりやすいという特徴もあり、その高い実績から利用者満足度96.3%を誇っています。

    そんな看護ルーでは、年収600万円以上・年間休130日以上などの優良非公開求人が現在急激に増えています!人気の求人はすぐに埋まってしまうので、見逃さないように今すぐ行動を始めることを強くおすすめします!

    \ 2022年5月の総合人気No.1 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    また、看護ルーが高い転職実績を実現できる理由には、看護ルーの担当アドバイザーの転職支援の手厚さがあります。看護ルーの無料で利用できる転職支援サービスは、転職のプロによる転職相談が可能で、求人の紹介、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策などがあります。面接が不安な人のために、担当アドバイザーが面接の同行をしてくれるサービスまで。求職者目線のきめ細かいサポートが看護ルーが選ばれている大きな理由です。

    担当アドバイザーは転職についての知識が豊富で、看護師から他職種への転職支援の経験も豊富です。まだ見ぬ他職種への転職は誰でも不安がつきもの。しかし、頼りになるアドバイザーによる転職相談やサポートがあるため、不安要素を解消しながら転職活動を進めることができます。

    他職種へのギャップを避けるために、必要な「実際の仕事内容」や「実際の職場環境」などをわかりやすく教えてくれるため、ギャップも感じにくくなるでしょう。看護師から他職種への転職を検討したら、まずは看護ルーに登録して、アドバイザーに相談してみるのもおすすめです。

    \ 2022年5月の総合人気No.1 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    スクロールできます
    求人数約54,000件
    診療科病棟、外来、オペ室(手術室)、救急外来、ICU系、透析、訪問看護、介護・福祉系、検診・健診、保育園・学校、訪問診療、内視鏡、その他
    職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
    施設一般病院、大学病院、一般+療養、療養型病院、精神病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター、保育園・学校、その他施設
    雇用形態正社員、パート、契約社員、常勤(夜勤あり・なし)、非常勤
    地域東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・三重・岐阜・静岡・大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山
    ※2022年5月時点

    \ 2022年5月の総合人気No.1 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    豊富な求人数から探したい方は「看護のお仕事」もおすすめ!

    看護のお仕事

    看護のお仕事は、約13万件の求人数を誇る国内最大級の転職サイト。求人数の豊富さだけでなく、アドバイザーによる情報量の多さも魅力です。他職種へ応募を進めるなら、情報は多いに越したことはありません。入社後のミスマッチを避けたい人におすすめです。

    そんな看護のお仕事は、業界トップレベルの求人数を誇り、「できるだけ多くの求人を見たい」「選択肢を広げたい」と思っている看護師に選ばれています。もちろん、非公開求人も豊富。高待遇の求人も多数揃っています。

    看護のお仕事では、「有料老人ホーム」「デイサービス」「保育園」「検診センター」など看護師の経験が活かせる求人が多数あります。さらに、「未経験求人」「研修充実」などのカテゴリーで求人を検索できるので、他職種へ転職しやすいでしょう。

    \ 業界最大級の求人数 /
    看護のお仕事に無料登録する
    【最短60秒で登録完了】

    看護のお仕事でも、アドバイザーからの心強い転職支援サービスも充実。看護師の転職に高い実績のあるアドバイザーとの転職相談はLINEを活用できるなど、忙しい求職者でも気軽に相談ができます。看護のお仕事の最大のメリットが、アドバイザーからの転職情報の豊富さです。担当者が年間4,000回以上の職場訪問、実際の職場環境を見て得た情報、通院している患者さん・退職者などのインタビューから得た情報を元に、求職者に細かい情報を提供してくれるのです

    未経験求人では、どうしても自分が抱いているイメージが強くなってしまうため、アドバイザーの第三者目線は、実情を把握するためにも非常に有益な情報となります。

    もちろん、担当アドバイザーからの支援サービスは情報提供だけでなく、面接対策や履歴書・職務経歴書の添削もお願いできるため、他職種へチャレンジしたい看護師も安心です。

    \ 業界最大級の求人数 /
    看護のお仕事に無料登録する
    【最短60秒で登録完了】

    スクロールできます
    求人数約133,000件
    診療科内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
    職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
    施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
    雇用形態正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣、日勤常務、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤
    地域全国
    ※2022年5月時点

    \ 業界最大級の求人数 /
    看護のお仕事に無料登録する
    【最短60秒で登録完了】

    質が高いサポートを受けたい方は「医療ワーカー」もおすすめ!

    医療ワーカー

    医療ワーカーは、求人数の豊富さ、幅広い職種と幅広い診療科、施設形態の求人の取扱いがあり、自分に合った求人が見つかりやすい転職サイトです。一般的に公開されていない非公開求人も豊富で、高待遇が期待できる求人も多数扱っています

    医療ワーカーの魅力は、求人の種類の豊富さです。学校や保育園、美容外科など幅広い医療科の求人が揃っているだけでなく、看護教諭や救命救急士などといった馴染みのない求人まで揃っています。このような幅広い職種を自由に検索して、求人を直接探せるのも医療ワーカーの魅力の1つとなっています。

    医療ワーカーに無料登録する

    また、医療ワーカーでは、非公開求人も26,000件以上と多数取り扱いがあります。非公開求人は、一般的に公開されていない求人です。担当アドバイザーから紹介がなければ非公開求人に巡り会うことが難しくなっています。そのため、競争率も低く、高待遇の求人が多いのです。医療ワーカーでは、幅広い職種・医療科の非公開求人を扱っているため、高待遇に期待が持てます。

    そんな医療ワーカーでは、看護師の転職に精通したアドバイザーが多数在籍しています。看護師の転職の動向なども把握しているため、他職種へ転職するためのコツなどもアドバイスしてくれるでしょう。このような転職相談の他にも、求人票に掲載されていない情報として、仕事内容の詳細や職場環境などの情報も提供してくれます。他職種求人への転職で不安を抱えた求職者にとっては、求人票にない情報は、転職先を検討する上で非常に大切です。どの職種へ応募すべきか迷っている人にとっても、担当者からのアドバイスと細かい情報提供は、心強いのではないでしょうか。

    医療ワーカーに無料登録する

    スクロールできます
    求人数約59,000件
    診療科内科、整形外科、外科、リハビリテーション科、循環器科、血液内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、腎臓内科、心療内科、糖尿病内科、内分泌内科、老年内科、救命救急科、形成外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、乳腺外科、脳神経外科、美容外科、眼科、産婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、総合診療科、精神科、人間ドック・検診、泌尿器科、皮膚科、美容皮膚科、病理診断科、婦人科、放射線科、麻酔科、肛門科、リウマチ科、胃腸科、アレルギー科、口腔外科、歯科、呼吸器科、消化器科、緩和ケア科、産科
    職種看護師・准看護師、助産師、保健師、看護教諭、救命救急士、不妊カウンセラー
    施設病院、クリニック、介護関連施設、訪問看護、企業、その他
    雇用形態正社員、パート・アルバイト、契約社員、派遣、期間限定契約、常勤(夜勤あり・日勤のみ)
    地域全国
    ※2022年5月時点

    医療ワーカーに無料登録する

    看護師からの転職!他職種おすすめ8選まとめ

    看護師からキャリアチェンジしやすい他職種についてご紹介してきました。看護師の職場環境は非常に特殊で、常に重い責任とプレッシャーがつきまといます。そのため、看護師のなかには、他職種への興味を抱く人も多い実態が明らかとなりました。他職種へ転職することで、プライベートが充実でき、重い責任やプレッシャーから解放されることが期待できます。

    未経験で他職種へ転職できるのか不安に思う人も多いのも事実です。他職種と言っても、これまでに苦労して培った看護師の資格や経験、スキルが活かせる職種も多いため、すぐに活躍できる可能性も充分にあります。また、一般企業や販売職など全くの未経験の職種へチャレンジすることも可能ですが、給与が減る、イメージと現実のギャップを感じるなどのデメリットもあります。

    他職種への転職意思を固めても、自分の条件に合う求人へ転職できなければ意味がありません。スキルや経験が活かせると言っても他職種では未経験扱いとなります。自分がどのような点でアピールしていくか、自分の強みや志望動機を整理して、熱意を伝えるように履歴書や職務経歴書、面接も工夫していかなければなりません。

    そのため、他職種への転職は転職エージェントに登録して、アドバイザーからのサポートを活用しながら進めると転職がしやすくなります。他職種への転職を検討したら、ぜひご紹介した転職サイトへの登録も検討してみてください。

    \ 2022年5月の総合人気No.1 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    目次
    閉じる