MENU

薬剤師転職サイトおすすめ全83社完全比較ランキング|2022年9月版

薬剤師転職サイトおすすめ

「今の職場に悩みや不満があって転職を考えている」「薬剤師の求人を探したいけど、転職サイトがありすぎて結局どこがいいのか分からない」と悩みを抱えていらっしゃいませんか。

そこでこの記事では、転職のプロとして実際に数多くの薬剤師の転職を成功に導いてきた「転職.jp」の編集部が、転職サイト利用経験がある薬剤師978人を対象に行った独自アンケートの結果をもとに、評判の良い薬剤師転職サイト83社を完全比較した上で、

にまとめてみました。

転職サイト利用経験がある薬剤師978人に独自アンケートをとり、83社もの薬剤師転職サイトを徹底分析した上で、「薬剤師転職サイトおすすめ比較ランキング」にまとめたページは、他のどのサイトを探してもここだけにしかないオリジナルの情報です。(薬剤師向け転職サイト83社の調査は、No.1の調査数です。※2022年9月2日時点)

また、薬剤師の転職における失敗例や転職を成功させるためのコツ、薬剤師の転職における最新動向についても併せて解説していきますので、是非最後までご覧になって転職活動を成功させるために役立ててくださいね。

目次

薬剤師転職サイトおすすめ比較表

薬剤師の転職サイト16社を比較表にまとめました。

どの転職サイトに登録するか迷ったら、比較表やサイトの詳細などをみて、転職サイトの求人数や特徴を見比べて自分に合うものを探すようにしましょう。

転職サイト求人数エリア特徴
薬キャリ約39,000件全国・コンサルタント満足度95%
・薬剤師登録者数No1
マイナビ薬剤師約27,000件全国・初めての転職におすすめ
・利用者満足度No.1
ファルマスタッフ約45,000件全国・利用者満足度96.5%
・20年以上の運営実績とノウハウ
リクナビ薬剤師約60,000件全国・大手リクルートグループが運営
・最短3日で転職完了実績、スピード力が高い
お仕事ラボ約27,000件全国・転職後の定着率が高い
・入社後のフォロー体制も充実
薬剤師ワーカー約22,000件全国・一元管理体制
・シニア向け求人もあり
ヤクジョ約14,000件全国・独自求人が多数
・求人業界で30年以上の実績とノウハウを所有
ジョブデポ薬剤師約2,500件全国・非公開求人を合わせると約80,000件の求人数
・優良職業紹介事業に認証
ファゲット約38,000件全国・20年以上の運用実績とノウハウ
・病院の求人に強み
ファーマキャリア約22,000件全国・オーダーメイド求人に対応
・質の高いコンサルタントが在籍
ファルメイト約17,000件全国・高収入求人多数
・幅広い年齢層への転職をサポート
ヤクジョブ.com約63,000件全国・業界トップクラスの求人数
・全ての雇用形態の求人案件あり
アプロドットコム約23,000件全国・ハイキャリア向け求人あり
・薬剤師が設立した転職サイト
JobBuddy(ジョブバディ)約4,000件首都圏・面接、面談にアドバイザーが同行
・情報の質が高い
MCファーマネット約1,600件全国・面接同行
・条件交渉など転職サポートが充実
・求職者と対面でサポート
薬剤師転職ナビ約15,000件全国・総合人材転職エージェントが運営
・面接/書類作成アドバイスなど成功に向けた支援

薬剤師転職サイトおすすめ比較ランキング

薬剤師の転職におすすめの特化型の転職サイトを16社ランキング形式でご紹介します。それぞれ特徴と強みがあるので、自分に合うサイトの参考にしてみましょう。

薬キャリ

運営会社エムスリー株式会社
求人数約39,000件
施設区分調剤薬局、 病院、調剤薬局・OTC販売、OTC販売、一般企業、その他
雇用形態正社員、契約社員、派遣、パート
対象エリア全国
営業拠点東京・大阪
おすすめポイントコンサルタント満足度95%
薬剤師登録者数No1
医療業界に精通したアドバイザーが在籍
独自求人多数
医療業界に太いパイプがあり
求人の質も高い

「薬キャリ」は、エムスリー株式会社が運営する薬剤師に特化した転職サイトです。公開している求人と非公開求人を合わせると約4万件以上。独自求人なども豊富で、求職者の希望にあった求人を複数紹介してくれます。「薬キャリ」を運営しているエムスリー株式会社は、医療業界に特化した「m3.com(エムスリーコム)」を運用しているため医療業界における情報力が長けています。もちろん情報力は首都圏だけに止まらず、地方でも発揮されています。

「薬キャリ」の魅力は求人数と情報力だけではありません。「薬キャリ」は、コンサルタント満足度95%を誇っており、アドバイザーの丁寧なサポートに定評があります。転職活動を行う上で、アドバイザーの質はとても重要です。20代や30代などこれからどのようなキャリアを歩むべきか悩んでいる人にとっては、客観的なアドバイスをしてくれる人が必要ですし、40代にも条件交渉や転職支援をしてくれるアドバイザーは欠かせません。このどの世代にも「薬キャリ」は、満足度が高いのです。「薬キャリ」は、薬剤師転職サイトのなかでも総合力が高いため、まず迷ったら「薬キャリ」を検討すると良いでしょう。

マイナビ薬剤師

運営会社株式会社マイナビ
求人数約27,000件
施設区分調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア(調剤併設、OTCのみ)、一般企業、DI、学術、MSL、メディカルライター、品質管理・品質保証・PV・薬事、営業(MR・MS・その他)、その他企業、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC) 臨床開発
雇用形態正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対象エリア全国
営業拠点北海道、宮城、東京、埼玉、千葉、神奈川、石川、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡、鹿児島
おすすめポイント利用者満足度No.1
地方でも対面サポートが可能
豊富な情報力と交渉力がある
幅広い職種と施設区分の求人がある

大手株式会社マイナビが運営する薬剤師向けの転職サイトが「マイナビ薬剤師」です。大手の情報網、地方拠点の多さから求人に関しての細かい情報提供を行ってくれます。拠点数の多さは地方求人に密着できるだけでなく、地方であっても対面でアドバイザーと面談できる魅力があります。しかし、「マイナビ薬剤師」の魅力はそれだけではありません。

「マイナビ薬剤師」はアドバイザーの丁寧なサポート力に定評があり、転職が初めてな人でも安心して相談できる転職サイトでもあります。対面だけでなく、メールや電話でも親身になって相談に乗ってくれ、的確なアドバイスもしてくれます。丁寧なサポートを望むなら、「マイナビ薬剤師」がおすすめです。

ファルマスタッフ

運営会社株式会社メディカルリソース
求人数約45,000件
施設区分調剤薬局、病院・クリニック、一般企業、ドラッグストア、ドラッグストア(調剤あり)、その他
雇用形態正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣
対象エリア北海道、宮城、東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫、広島、福岡
営業拠点全国
おすすめポイント利用者満足度96.5%
20年以上の運営実績とノウハウ
パート・アルバイトの求人多数
紹介予定派遣などニーズにあった求人多数

株式会社メディカルリソースが運営する薬剤師特化の転職サイトが「ファルマスタッフ」です

。「ファルマスタッフ」は運営実績が20年以上で、高い実績と転職ノウハウを保有しており、信頼がおけるサイトでもあります。「ファルマスタッフ」の注目すべきは、正社員求人だけでなく、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣など豊富に揃っている点です。いずれも高収入求人が多く、質が良いのが特徴。正社員だけでなく、様々な働き方から求人を探したいという人でも希望にあった求人が見つかるでしょう。

また、「ファマルスタッフ」のアドバイザーは転職ノウハウを保有しているだけでなく、じっくり話ができるとして多くの薬剤師から支持を得ています。アドバイザーとじっくり話をして行きたいと考えている人におすすめ。

リクナビ薬剤師

運営会社株式会社 リクルートメディカルキャリア
求人数約60,000件
施設区分調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、 病院、一般企業、漢方薬局、ドラッグストア(OTCのみ)、クリニック
雇用形態正社員、パート・アルバイト
対象エリア全国
営業拠点東京
おすすめポイント大手リクルートグループが運営
最短3日で転職完了
実績、スピード力が高い
専任アドバイザーによる徹底サポート
非公開求人多数

リクルートグループである株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する薬剤師向けの転職サイト「リクナビ薬剤師」。大手企業が運営しているため信頼度が高く安心して利用できるメリットがあります。また、総合人材会社大手の実績やノウハウなどを保有してているため、一般企業の求人に強みがあります。薬局や病院、ドラックストアだけでなく、幅広く求人の選択肢を広げたい人におすすめです。

また、「リクナビ薬剤師」の魅力はコンサルタントのサポート力の高さにもあります。転職先の徹底リサーチ、万全のサポートで求職者を支援、的確なサポートができるため、最短3日で転職完了という実績をあげることができたのです。非公開求人も多数あり、スピードと求人の質を重要視するなら「リクナビ薬剤師」を検討しましょう。

お仕事ラボ

運営会社株式会社AXIS
求人数約28,000件
施設区分調剤薬局(調剤専門)、ドラッグストア(調剤併設)、ドラックストア(OTC)、病院・クリニック、企業・その他
雇用形態正社員、パート、紹介予定派遣、派遣
対象エリア全国
営業拠点東京
おすすめポイント転職後の定着率が高い
入社後のフォロー体制も充実
利用者の満足度は90%

株式会社AXISが運営する薬剤師向けの転職サイトが「お仕事ラボ」です。転職後の定着率が高く、利用者満足度が高い転職サイト。定着率が高いということは、求職者と企業のマッチ度が高いということ、求職者も入社前と入社後のギャップが少ないということです。それが実現できる理由として、担当アドバイザーのヒアリングが丁寧で、マッチ度の高い求人を紹介してくれること、また求職者の相談もしっかり聞いて的確なアドバイスも行ってくれるので、求職者も疑問や不満をもつことがないことがあります。

また、「お仕事ラボ」では転職期間中だけでなく、転職活動終了後の入社時、入社後のサポート体制もしっかりしているため、新しい環境に慣れることに集中できます。自分にぴったり合う転職先を見つけたいと思ったら「お仕事ラボ」がおすすめです。

薬剤師ワーカー

運営会社株式会社トライト
求人数約22,000件
施設区分病院、調剤薬局、ドラックストア(調剤あり・OTCのみ)、一般企業、その他
雇用形態正社員、パート
対象エリア全国
営業拠点東京、大阪
おすすめポイント一元管理体制
入職後のサポートも手厚い
シニア向け求人も多数

株式会社トライトが運営する薬剤師向けの転職サイトが「薬剤師ワーカー」です。「薬剤師ワーカー」の大きな特徴が「一元管理体制」であること。通常、転職エージェントサービスでは、求職者のサポートをするアドバイザーと、企業窓口となる営業担当者がおり、情報共有をしておりますが役割が別々です。しかし、「薬剤師ワーカー」では、この企業担当者と求職者担当者が同じです。つまり、担当アドバイザーから求人先の詳細な情報まで入手できるので、求人に掲載されていない情報まで入手できます。

また、「薬剤師ワーカー」では、転職時や入社後もしっかりサポート。手厚い支援が受けられることで、求職者から支持を集めている転職サイトでもあります。情報もしっかり入手でき、サポート体制も万全なので、転職アドバイザーの質を重要視したい人にはおすすめです。

ヤクジョ

運営会社ジェイ・ネクスト株式会社
求人数約14,000件
施設区分調剤薬局、病院、ドラッグストア(調剤あり・調剤なし)、一般企業、その他
雇用形態正社員、パート、派遣、契約社員、紹介予定派遣
対象エリア全国
営業拠点東京
おすすめポイント独自求人が多数
業界で30年以上の実績とノウハウを所有入社後の離職率が低い

ジェイ・ネクスト株式会社が運営する薬剤師特化の転職サイトが「ヤクジョ」です。求人業界で30年の実績があり、独自のノウハウも保有、求職者をしっかりサポートしてくれます。また、「ヤクジョ」では独自求人が多数あり、正社員に限らず、パートや派遣、紹介予定派遣など希望にあった働き方ができる求人が揃っています。ここでしか見ることのできない高待遇の求人が満載です。

また、「ヤクジョ」の魅力は独自求人が多いだけでなく、入社後の離職率が低い点も魅力です。折角転職をしたとしても、入社後のギャップなどがあれば早期退職となってしまう可能性もあります。しかし、入社後のギャップもなく、高いマッチ度が実現できれば、転職後の離職率も低くなります。「ヤクジョ」は、その両方が叶えられる転職サイトなのです。

ジョブデポ薬剤師

運営会社with Career株式会社
求人数約2,500件
施設区分調剤薬局、病院、一般企業、ドラッグストア
雇用形態正社員、パート
対象エリア全国
営業拠点東京
おすすめポイント非公開求人を合わせると約80,000件の求人数
優良職業紹介事業に認証地方まで幅広い求人

with Career株式会社が運営する薬剤師向けの転職サイト「ジョブデポ薬剤師」。「ジョブデポ薬剤師」の強みは、なんといっても求人数の多さです。「ジョブデポ薬剤師」で公開している求人数は約2,500件と少数であるものの、非公開求人を合わせると約80,000件と業界でもトップクラスの求人数を誇ります。多くは非公開求人なので、専任アドバイザーに自分の希望条件をしっかり伝えれば、条件に合った求人が見つかりやすいと言えるでしょう。

また、「ジョブデポ薬剤師」は厚生労働省に許可された優良職業紹介事業にも認定されていてm、信頼度も高く、高品質なサービスを提供するサイトとして強みがあります。選択肢を広げたい、アドバイザーからの支援の質を重要視したい人におすすめ。

ファゲット

運営会社株式会社カスタマ
求人数約38,000件
施設区分調剤薬局、病院、ドラッグストア、その他
雇用形態正社員、パート、派遣
対象エリア全国
営業拠点東京
おすすめポイント20年以上の運用実績とノウハウ病院の求人に強み
きめ細かいサポート力が魅力

株式会社カスタマが運営する薬剤師向けの転職サイト「ファゲット」。20年以上の運用実績とノウハウが魅力です。確かな実績と長年のノウハウがあるので、求職者も安心してサービスを利用することができます。また、「ファゲット」では、ドラックストアや一般企業など求人も幅広く揃っていますが、特に調剤薬局や病院の求人に強みがあります。調整薬局や病院への転職に希望している人におすすめ。

「ファゲット」では、「丁寧にゆっくりとやさしい相談をする」をモットーとしており、きめ細かいサポートが期待できる転職サイトでもあります。転職活動初心者からキャリアアップを目指す求職者まで、その人に寄り添ったサポートをしてくれ、心強い味方となるでしょう。また、「ファゲット」の場合、自分で転職活動をゆっくり進めたいと思っている人向けに、自分自ら企業に問い合わせを行う求人広告型の転職活動もできます。自分の好きな方法で転職活動ができるので、まだどちらの方法で転職活動するか迷っている人にも「ファゲット」は便利です。

ファーマキャリア

運営会社エニーキャリア株式会社
求人数約22,000件
施設区分正社員、契約社員、パート
雇用形態調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア、急性期病院、ケアミックス型病院、療養型病院、精神科病院、リハビリテーション病院、老人ホーム・老健、一般企業、漢方相談薬局、診療所、在宅型専門薬局、その他
対象エリア全国
営業拠点東京
おすすめポイントオーダーメイド求人に対応
質の高いコンサルタントが在籍
転職活動対策もしっかり支援

エニーキャリア株式会社が運営する「ファーマキャリア」は薬剤師特化型の転職サイトの中でも、コンサルタントの質が高いことで定評があります。通常、コンサルタントは複数の薬剤師を担当し転職支援を行っていきますが、「ファーマキャリア」では、担当する薬剤師は少数に抑え、徹底的なサポートを行う体制をとっています。そのため、サポートの質も高く、求職者の最大限、力になってくれるのです。

また、「ファーマキャリア」の特徴としてオーダーメイド求人に対応している点があります。人材紹介では、既存の求人から担当コンサルタントが求職者に合うものを見繕って紹介してくれますが、「ファーマキャリア」では、あなたの求める条件に最も合う求人を作成、求人先と交渉して良い条件の求人だけを紹介してくれるのです。こだわりが強い人は「ファーマキャリア」のオーダーメイド求人を活用してみてはいかがでしょうか。

ファルメイト

運営会社株式会社ファル・メイト
求人数約17,000件
施設区分調剤薬局、病院、調剤併設店、OTC、一般企業
雇用形態正社員、パート、派遣、契約社員、嘱託社員、紹介予定派遣
対象エリア全国
営業拠点東京、福岡、愛知、宮城
おすすめポイント高収入求人多数
幅広い年齢層への転職をサポート
派遣求人にも強み

株式会社ファル・メイトが運営する「ファルメイト」は薬剤師に特化した転職サイト。幅広い雇用形態の求人が揃えられており、高収入求人も多数あります。なかでも、派遣求人が強みで「時給3,000円以上」などの好条件の求人も紹介してくれます。

「ファルメイト」のもう1つの強みとして、幅広い年齢層の転職をサポートしている点です。20代と30代、40代では求職者が転職先に求める要件が違うどころか、求人先でも求めること期待する点も大きく違います。その点を配慮し、「ファルメイト」ではそれぞれの年齢に合う求人をマッチング。さらに、企業との信頼関係に築けるように橋渡しもしてくれます。そのため、幅広い年齢層にしっかり寄り添ったサポートができるのです。

ヤクジョブ.com

運営会社クラシス株式会社
求人数約63,000件
施設区分病院、クリニック、一般企業、ドラッグストア(調剤併設)、福祉施設・その他
雇用形態正社員、パート、契約社員、派遣、紹介予定派遣
対象エリア全国
営業拠点東京、埼玉、神奈川、北海道、宮城、愛知、大阪、広島
おすすめポイント業界トップクラスの求人数
全ての雇用形態の求人案件あり
非公開求人、独自求人が豊富

クラシス株式会社が運営する薬剤師特化型の転職サイトが「ヤクジョブ.com」です。「ヤクジョブ.com」の魅力は、なんといっても業界トップレベルの求人数の多さ。また、全ての雇用形態を網羅、幅広い施設種別にも対応した求人が揃っているため、自分の希望する働き方に合う求人を見つけることができるのです。また、求人数が多いだけでなく、「ヤクジョブ.com」の読誦求人や非公開求人も多数。高収入が期待できます。

とにかく選択肢を広げたい、高収入求人を見つけたいと思っている求職者には「ヤクジョブ.com」がおすすめです。

アプロドットコム

運営会社株式会社アプロ・ドットコム
求人数約23,000件
施設区分調剤薬局、調剤薬局+OTC、OTC、一般企業、病院、老健・療養型施設
雇用形態正社員、パート、契約社員、派遣、紹介予定派遣、短期アルバイト
対象エリア全国
営業拠点東京、大阪
おすすめポイントハイキャリア向け求人あり
薬剤師が設立した転職サイト
20年以上の運営実績とノウハウを保有

株式会社アプロ・ドットコムが運営する薬剤師向けの転職サイト「アプロドットコム」。20年以上の運用実績がある転職サイトで、長年培ったノウハウを生かした転職支援を行ってくれます。コンサルタントの対応も丁寧で親身になって相談に乗ってくれるなど、薬剤師から好評を得ている転職サイトでもあります。そんな「アプロドットコム」は、薬剤師が設立した転職サイトでもあるので、薬剤師のニーズをしっかり把握、現場に即した対応もできるなどの強みもあります。

短期アルバイトなどの求人の他にも、ハイキャリア向けの求人など幅広い求人が揃っているため、年収アップを目指したい求職者におすすめです。

JobBuddy(ジョブバディ)

運営会社株式会社スタイル・エッジCAREER
求人数約4,000件
施設区分調剤薬局、ドラックストア、病院
雇用形態正社員、パート
対象エリア首都圏メイン
営業拠点東京
おすすめポイント面接、面談にアドバイザーが同行
情報の質が高い
6か月間の入職後サポート

株式会社スタイル・エッジCAREERが運営する「JobBuddy(ジョブバディ)」は薬剤師に特化した転職サイト。「JobBuddy」の強みは、担当アドバイザーが面接や面談に同行してコミュニケーションサポートを行ってくれる点です。ヒアリングも対面で行うなどの傾聴力があり、求職者のニーズも聞き取りを行ってくれるので、自分の希望にあう求人が見つかりやすいのも魅力。

「JobBuddy」は、企業とのミスマッチを防ぐために、求人情報を公開する前に、エージェントが企業に訪問。求人票では掲載できない会社の雰囲気や人間関係などの情報もしっかり提供してくれます。求人先をしっかり選定して決めたい、職場の雰囲気なども重要視している人におすすめの転職サイトです。

MCファーマネット

運営会社株式会社メディカル・コンシェルジュ
求人数約1,600件
施設区分調剤薬局、一般病院、老健、クリニック、ドラッグストア、一般企業、治験
雇用形態就職(常勤) 、就職(パート)、紹介予定派遣、派遣
対象エリア全国
営業拠点東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道、静岡、愛知、大阪、兵庫、岡山、広島、香川、愛媛、福岡
おすすめポイント面接同行・条件交渉など転職サポートが充実
求職者と対面でサポート
MCポイントでプレゼント交換が可能

株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する薬剤師特化の転職サイト「MCファーマネット」。「MCファーマネット」の強みは、求職者への支援が手厚い点です。担当アドバイザーが面接同行してコミュニケーションサポートを行うだけでなく、オファー時の条件交渉などもしっかりサポート。もちろん、履歴書と職務経歴書の添削や作成補助なども行ってくれます。

「MCファーマネット」では、独自サービスも展開しており、就業決定で貯まる「MCポイント」を様々なプレゼントに交換することができます。

全体的にスピード感があるというより丁寧な対応に定評があるので、じっくり転職活動をしていきたい人におすすめの転職サイトです。

薬剤師転職ナビ

運営会社株式会社ワークポート
求人数約15,000件
施設区分調剤薬局、病院、ドラックストア、一般企業など
雇用形態正社員、契約社員、パート、派遣
対象エリア全国
営業拠点東京、埼玉、神奈川、千葉、宮城、愛知、大阪府、京都、兵庫、岡山、広島、宮崎、福岡、北海道
おすすめポイント総合人材転職エージェントが運営
面接・書類作成アドバイスなど成功に向けた支援レスポンスが早くスピーディ

総合人材転職エージェントサービスを展開している株式会社ワークポートの薬剤師特化型の転職サイト「薬剤師転職ナビ」。面接対策や履歴書と職務経歴書の作成支援、アドバイスなど転職成功に向けた様々な支援を行ってくれます。総合人材転職エージェントとしてのノウハウだけでなく、薬剤師の転職に精通したアドバイザーも在籍。的確なサポートを行ってくれます。

また、「薬剤師転職ナビ」はスピード感もあり、面談は早くて即日可能。さらに、いち早く転職成功できるように徹底したサポート体制もあります。転職活動のノウハウを持っていない、早めに転職したいと考えている人におすすめの転職サイトです。

【目的別】薬剤師転職サイトおすすめ比較ランキング

目的によっても適切な転職サイトは異なります。ここでは目的別におすすめの転職サイトについてご紹介いたします。

転職が初めての方におすすめ

順位転職サイト名求人数実績・顧客満足度
1位薬キャリ約39,000件~・薬剤師登録者数No.1
・コンサルタント満足度95%
2位ファルマスタッフ約51,000件・利用者満足度96.5%の実績
・丁寧なサポート
3位マイナビ薬剤師約58,000件・利用者満足度No.1の実績
・交渉力が高い

転職が初めての方が転職サイトを選ぶときは、「求人数」と一緒に転職サイトの「顧客満足度」などを参考にすると良いでしょう。転職が初めての場合、頼りになるのが担当アドバイザーです。サポート力がある担当アドバイザーを選んだ方が、初心者の場合は安心です。担当者のサポート力を測るためには、転職サイトの「実績」と「顧客満足度」に注目すると良いでしょう。

アドバイザーが丁寧な対応の転職サイトは顧客満足度が高く、ユーザーからの評価も高い傾向にあります。もちろん、内定実績が高い転職サイトは、サポート力が高いと言えるので、「実績」に関しても高い方が良いといえます。

今回おすすめしている3つの転職サイトは、手厚いサポート力に定評があるものばかり。さらに、1位の「薬キャリ」は薬剤師の利用者が多く、顧客満足度No1を誇っています。2位「ファルマスタッフ」、3位の「マイナビ薬剤師」も顧客満足度が高く、丁寧なサポートに定評がある転職サイトです。転職初心者の強い味方となるでしょう。

豊富な求人数から探したい方におすすめ

順位転職サイト名求人数非公開求人数
1位マイナビ薬剤師約58,000件約40%が非公開求人
2位ファルマスタッフ約51,000件約75%が非公開求人
3位ヤクジョブ.com約63,000件非公開求人多数

転職サイトを選定する基準として求人数を見るのは非常に重要です。求人数が多ければそれだけ選択肢を広げることができ、自分の条件に合う求人を見つけやすくなります。また、求人の中には非公開求人があり、一般に公開されておらず他の求人より待遇の良いものが揃っています。その求人数や非公開求人が多い転職サイトを求めているなら、上記の3つのサイトがおすすめ。

1位のマイナビ薬剤師は求人数が多いだけでなく、非公開求人が全体の40%を締め、豊富な求人から条件の良いものが見つけやすいです。2位の「ファルマスタッフ」、3位の「ヤクジョブ.com」も求人数が業界でもトップクラスであるのに加え、非公開求人数も豊富です。

求人数を重要視するならこの3社に注目してみましょう。

年収アップを目指したい方におすすめ

順位転職サイト名高収入求人数コメント
1位薬キャリ約7000件・600万円以上の求人多数 ・交渉力が高い
2位ファルメイト約8000件・正社員求人豊富 ・高収入求人豊富
3位リクナビ薬剤師約12000件・求人数が豊富 ・600万円以上の求人多数

年収アップを目指したい方におすすめなのが上記の3つ。

1位の「薬キャリ」では、年収600万円以上の求人が約7000件と豊富なだけでなく、担当アドバイザーのサポート力も高いため、待遇など交渉なども行なってくれます。また、2位の「ファルメイト」や3位の「リクナビ薬剤師」も高収入求人が豊富で、また、求人も好条件のものが多く、検索条件も「高収入」で絞れるので希望にあった求人も見つけやすいという特徴があります。

年収アップを目指したいなら600万円以上の求人がどれくらいあるかで、転職サイトを選定するようにしましょう。

非常勤・パートとして働きたい方におすすめ

順位転職サイト名非常勤・パート求人求人の質
1位ファルマスタッフ約14,000件・高時給(2,500円以上)多数 ・地域密着サポート
2位お仕事ラボ約10,000件・時給3000円以上多数
・職場定着率は95%以上
3位リクナビ薬剤師約1200件・時給2000円以上多数 ・丁寧なサポート

転職サイトによっては正社員以外の雇用形態、非常勤やパートタイムの求人も扱っています。非常勤やパートタイムの薬剤師として働きたいと感じたら、「非常勤・パートタイムの求人数」だけでなく「高収入求人数」と「対象エリア」で比較すると良いでしょう。

1位の「ファルマスタッフ」は、非常勤・パートの求人数が豊富で、高額時給の求人も揃っている転職サイトです。運営実績20年のノウハウもあり、全国に12拠点支店を構えているので、地域密着で手厚いサポートが受けられるのが魅力。

また、2位の「お仕事ラボ」も非常勤・パートの求人、高額求人が多数あります。3位の「リクナビ薬剤師」は求人数が劣るものの、求人先の情報を豊富に持っているため、利用しやすさがあります。

このように非常勤・パートでも高待遇が望めるため、柔軟な働き方をしたいと想ったら、これらのサイトを参考にしてみても良いでしょう。

派遣として働きたい方におすすめ

順位転職サイト名派遣求人数求人の質
1位ファルマスタッフ約1,300件・高額派遣(4,000円以上)多数 ・紹介予定派遣あり
2位お仕事ラボ約800件・時給3000円以上多数 ・紹介予定派遣あり
3位薬キャリ約250件・時給3000円以上多数 ・コンサルタント満足度95%

自由な働き方を望む人の中には、「派遣薬剤師」としての勤務をしている人もいます。「派遣薬剤師」は、一般的にいう「派遣」の扱いですが、時給が高く、残業も少ないため、ワークライフバランスが取りやすいメリットがあります。転職サイトの中には、「派遣薬剤師」に強みを持っているものがあり、上記3社がそれに該当します。

1位の「ファルマスタッフ」は、派遣求人数が豊富であるだけでなく、高額時給の案件が多く、アドバイザーの対応も丁寧なことで高い顧客満足度を得ているサイトです。もちろん、紹介予定派遣の案件もあるため、キャリアなどを考えた転職も可能です。

2位と3位の「お仕事ラボ」と「薬キャリ」は、「ファルマスタッフ」に比べると求人数で劣るものの、時給3,000円以上の高額案件、紹介予定派遣など質の良い求人が多数揃っています。アドバイザーのサポート力の高さにも定評があるため、 安心して利用できるでしょう。

【転職先別】薬剤師転職サイトおすすめ比較ランキング

どの転職サイトでも、どの転職先でも求人数が豊富に揃っているわけではありません。ドラックストアの求人が多めであったり、一般企業の求人が多めであったり。強みがそれぞれ異なります。それぞれ転職先別におすすめの転職サイトを見ていきましょう。

ドラッグストアで働きたい方におすすめ

順位転職サイト名ドラックストアの求人数コメント
1位マイナビ薬剤師約14,000件・全国15拠点展開 ・地方にも根付いている
2位ヤクジョブ.com約4,800件・20年の運用実績 ・毎日情報更新
3位薬キャリ約5,000件・地元の情報も多数 ・実績が高い

ドラックストアで働きたいなら上記3つの転職サイトに注目するのがおすすめ。ドラックストアの求人数が多いだけでなく、地域にも密着しており、情報提供力もかなり強いため、地方などのドラックストアの求人も幅広く揃えています。さらに、ドラックストアの求人でも高待遇の求人が多い点も魅力です。

病院薬剤師で働きたい方におすすめ

順位転職サイト名病院の求人コメント
1位薬キャリ約4,100件・医療機関との関係が強い ・調剤薬局と病院の求人が豊富
2位ファゲット約4,800件・20年以上の運営実績 ・中小薬局と病院に強い
3位ファルマスタッフ約2,800件・全国12拠点 ・業界情報が豊富

病院薬剤師で働きたいなら、上記3つの転職サイトがおすすめです。

いずれも病院の求人が豊富にあるだけでなく、質の良い求人が揃っている特徴があります。長年の実績から求人先との付き合いも長く良い求人が揃いやすいのです。なかでも「薬キャリ」では、医療機関に太いパイプがあり病院の情報なども豊富で、高待遇の求人も揃っています。

病院薬剤師として働きたいと考えたら、上記3つの転職サイトを活用してみましょう。

調剤薬局で働きたい方におすすめ

順位転職サイト名調剤薬局の求人数コメント
1位薬剤師ワーカー約16,000件・全国の幅広い求人あり ・一元管理体制
2位薬キャリ約38,000件・医療機関との関係が強い ・調剤薬局と病院の求人が豊富
3位転職ゴリ薬約22,000件・各エリアに精通した情報 ・インタビュー記事あり

調剤薬局で働きたいと思ったら、上記3つの転職サイトがおすすめです。調剤薬局は、仕事する環境が狭い空間であり、人間関係も狭くなります。そのため、調剤薬局で転職を成功させるためには、職場の人間関係や設備情報など求人先の様々な情報を入手しなけばなりません。そのためには、「薬剤ワーカー」のようにアドバイザーが求人先の薬局の営業も担当する「一元管理体制」の他に、求人先の情報を豊富に提供している転職サイトを選ぶと良いでしょう。

製薬会社で働きたい方におすすめ

順位転職サイト名製薬会社の求人数コメント
1位薬剤師ワーカー約140件・非公開求人多数 ・一元管理体制
2位薬キャリ約40件・コンサルタント満足度95% ・独自求人多数
3位転職ゴリ薬約90件・キャリアコンサルタントの丁寧なサポート ・入社後フォローも万全

製薬会社の求人は、数は多くなくかなり限られてくると思った方が良いでしょう。そのため、転職サイトでは、アドバイザーのサポート力を重視してみてみましょう。履歴書と職務経歴書の添削、模擬面接、転職のアドバイスなどを行ってくれるだけでなく、求人先の詳しい情報なども提供してくれます。「薬剤師ワーカー」のように「一元管理体制」では、担当アドバイザーから生の情報を得ることができます。また、「薬キャリ」「転職ゴリ薬」では、アドバイザーのサポート力が高く、満足度が非常に高いのが特徴。製薬会社を志望するなら、アドバイザーの質も重視してみましょう。

その他一般企業で働きたい方におすすめ

順位転職サイト名一般企業の求人数コメント
1位マイナビ薬剤師約300件・利用者満足度No.1の実績 ・企業向けの求人多数
2位リクナビ薬剤師約230件・転職を徹底サポート ・企業向けの求人多数
3位ファルマスタッフ約400件・全国12拠点 ・業界情報が豊富

薬剤師の知識や経験は一般企業でも生かすことができます。薬剤師として活躍できる場は以下の通りです。

  • メディカルライター
  • コールセンター
  • 医薬品卸企業
  • 化粧品メーカー など

一般企業は、人間関係が広くさまざまな部署と関わりながら仕事ができます。薬局やドラックストア、病院などとまた違った雰囲気があるので、一般企業に転職したいと考えたら、求人先の情報をしっかり確認しなければなりません。「マイナビ」や「リクナビ」は、一般企業の情報も幅広く持っており、転職サポートも丁寧です。「ファルマスタッフ」は、医療業界に精通しているものの、一般企業の求人も幅広く、ノウハウもあるため頼りになります。

公務員で働きたい方におすすめ

順位転職サイト名求人数コメント
1位リクナビ薬剤師約60,000件・公務員転職ノウハウがあり ・丁寧なサポート力
2位マイナビ薬剤師約27,000件・国公立病院など豊富な選択肢がある ・公務員事情に詳しいコンサルタント在籍
3位薬キャリ約39,000件・国公立病院の求人多数 ・求人クオリティが高い

食品衛生監視員や学校薬剤師、薬剤官など公務員として働きたいなら上記3つの転職サイトがおすすめ。公務員薬剤師は安定していることもあり人気が高く、募集人数も少ないため狭き門となっています。そのため、公務員事情に詳しく、サポート体制が整っている転職サイトを選ぶと良いでしょう。「リクナビ薬剤師」は公務員転職の実績もあり、ノウハウも保有しているため頼りになります。また、「マイナビ薬剤師」「薬キャリ」では国公立病院などの求人も幅広く扱っているため、公務員薬剤師として転職できるチャンスがあります。

【年代別】薬剤師転職サイトおすすめ比較ランキング

転職活動をスムーズにするためには、年齢別で転職サイトを選定するのがおすすめ。若手をメインに募集している求人に30代が応募してもミスマッチになり、逆に40代などのベテランを求めている求人に若手が応募しても選考通過する見込みがありません。自分の年齢に合う転職サイトを利用することで、自分の経験や実績に合う求人と出会いやすくなります。ここでは、年齢別におすすめの転職サイトをご紹介していきます。

20代薬剤師の転職におすすめ

順位転職サイト名求人数サポート力
1位薬キャリ約39,000件5/5点
2位ファルマスタッフ約45,000件4.5/5点
3位マイナビ薬剤師約27,000件4/5点点

20代の薬剤師転職には、丁寧なサポート力に定評がある上記のような転職サイトがおすすめ。20代は、初めての転職になる人が多く、少なからず不安を抱えている人が多いのではないでしょうか。また、20代の転職はこの先、どのようなキャリア形成をしていくかが決まってくるため、しっかりと将来のことを考えながら転職先を選定していく必要があります。そのため、丁寧なサポートをしてくれる転職エージェントがおすすめです。

「薬キャリ」をはじめ「ファルマスタッフ」「マイナビ薬剤師」は、アドバイザーのサポート力に定評があり、顧客満足度も高い転職サイトです。求職者に寄り添い親身になってアドバイスしてくれるため、20代の転職で強い味方となるでしょう。

30代薬剤師の転職におすすめ

順位転職サイト名求人数サポート力
1位薬キャリ約39,000件5/5点
2位ファルマスタッフ約45,000件4.5/5点
3位マイナビ薬剤師約27,000件4/5点

30代の薬剤師転職には、親身になって相談・サポートをしてくれる上記のような転職サイトがおすすめ。30代はある程度経験も積み、キャリア形成もできてきているなかでの転職になるケースが多いです。また、年収や待遇などもシビアに考えるステージでもあるため、求人についても色々吟味して選んで行かなければなりません。そのため、30代の転職では担当アドバイザーがキャリアについて親身になって相談してくれる、待遇などの交渉などを行ってくれる転職サイトを活用すると良いでしょう。

「薬キャリ」は、コンサルタントへの評価が高く、薬剤師転職に特化したサポートが魅力です。また、「ファルマスタッフ」と「マイナビ薬剤師」もサポート力に定評があり、親身な転職相談が可能です。30代の転職なら活用する転職サイトも慎重に選ぶようにしましょう。

40代薬剤師の転職におすすめ

順位転職サイト名求人数サポート力
1位薬キャリ約39,000件5/5点
2位ファルマスタッフ約45,000件4.5/5点
3位リクナビ薬剤師約60,000件3.5/5点

40代の薬剤師転職には、40代などの転職実績がある上記のような転職サイトの活用がおすすめです。40代の転職は、20代と30代に比べスムーズに行きにくくなります。そのため、数多くの求人にチャレンジし、期間も長めに見積もっておく必要があります。もちろん、時間だけかければ良いというわけではありません。40代の転職の実績がある転職サイトを活用すれば、40代の転職のノウハウも保有しているので、コツなども伝授してくれるでしょう。

「薬キャリ」は、コンサルタント満足度が高い転職サイトで、薬剤師の登録数1位を誇る転職サイトです。求職者の年齢に合わせたサポートで実績もあり、求人も幅広いため、こだわり条件のある40代でも希望にあった求人が見つかりやすいでしょう。また、「ファルマスタッフ」「リクナビ薬剤師」も求人数が多く、非公開求人も多数。さらに専任アドバイザーの徹底的なサポート体制もあり、転職もスムーズに行えます。

薬剤師の転職における失敗例

転職活動をはじめた理由は人により異なりますが、「今の環境より良くしたい」「新しいチャレンジがしたい」などの目的を持った人が多いのではないでしょうか。しかし、転職できたからといって目的を達成できるとは限りません。「こんなはずじゃなかった」と転職を後悔してしまう人も少なくないのです。そのなかでも、薬剤師の転職に焦点をあて、転職活動の失敗例を4つ見ていきましょう。自分が失敗をしないためには、失敗事例から学ぶことも大切です。

入社後の研修がなかった

薬剤師に限ったことではありませんが、会社によって文化や理念が違うように、業務内容も同じであってもその手法が変わっている場合があります。しかし、求人先の企業によっては研修などのインプットを行うことなく、すぐに即戦力としての働きを期待されてしまうことも少なくないのです。薬剤師の仕事は、処方など間違ってしまえば人に害を及ぼす可能性のある仕事であり、失敗は許されません。小さなミスが発生しないよう、薬剤師として働いた経験もある人でも、環境にいち早く慣れるためにも研修は大切なものです。せっかく転職をしたのに、転職先で研修がなくすぐに現場に放り込まれ業務についていけないなどの失敗例も報告されています。

企業が研修を行わない背景として、「人手不足」があげられます。かなり深刻な人手不足に見舞われているとすぐにでも現場で仕事を任されてしまうため、研修を行うことができないのです。このような失敗を防ぐためには、「研修の有無」と「現場の人数」などを事前に確認するのが良いでしょう。これらの情報は求人票に記載がないケースが多いですが、担当エージェントに相談すれば教えてくれるので、疑問を抱いたらまずは確認することが重要です。

人間関係が悪かった

薬剤師の転職活動で、よくある失敗が「人間関係が悪かった」というものです。業務内容が専門的である薬剤師の業務上の人間関係は、幅広いわけではなく特定的であるケースがほとんど。そのため、職場の人間関係の悪化は、雰囲気も悪くなるばかりか業務をスムーズに進めるのが難しくなる要因にもなります。薬剤師に限ったことではありませんが、求職者の退職理由の多くはこの「人間関係の悪化」が原因となっているほど、「人間関係」は無視できないものなのです。

人間関係の良し悪しは求人票や企業のWebページなどでは測ることが難しいものです。写真などで和気藹々とした雰囲気を感じても、実際は険悪なムードがあったなど、人間関係は入社してみなければわからないことでもあるため、転職活動の失敗例の良くあるケースとなっています。

求人票に掲載されている以外の情報もしっかり情報収集していくことで、職場の雰囲気など知ることができるようになるため、担当エージェントから情報を得るなどしながら転職活動を進めるようにしましょう。

思っていた労働環境と違った

入社して見ないとわからないものには人間関係だけでなく「労働環境」もあります。入社前と入社後のギャップを感じてしまうなど、薬剤師の転職失敗の大きな理由にもなっています。残業が思ったよりも多かった、求人で記載のあった仕事内容と異なった業務を担当しているなどがあり、自分でもどうすることもできない問題であるため、納得ができず最悪の場合には早期退職となってしまう危険性が高いです。そのため、労働環境の違いなどのギャップは極力埋める方が良いでしょう。

さて、この失敗を犯してしまう大きな要因の1つとして考えられるのは、「情報収集不足」と「現状の把握ができていないこと」です。企業への情報収集を怠ってしまったことで、労働環境が把握しきれずにギャップを感じてしまうケースも少なくありません。例えば、人間関係を改善したく転職活動したために、人間関係に関する情報収集を徹底したにも関わらず、労働環境などの面を重要視せず転職活動を進めてしまうと結局は失敗してしまうのです。企業への情報取集は1つに注力するのではなく多角的に見ていくことが重要です。エージェントなどの客観的な視点やアドバイスなども参考にしていくと、入社後の大きなギャップも感じにくくなります。

また、「現状の把握」も入社後のギャップを埋めるためにも非常に重要です。今後自分がどのようなキャリアを歩み、現在はどのようなスキルを持っているかを把握しておくと良いでしょう。自分の現在のスキルや経験などを把握しておけば、入社後に「物足りなさ」「能力以上の業務内容」を感じることも少なくなります。多角的な情報収集と自己分析を徹底することで求人を見極めることも失敗を防ぐためには重要であると言えます。

焦って転職を早まった

転職活動の目的が、現職に不満を抱え現状を改善したいという人も多いのではないでしょうか。転職活動の目的は人それぞれなので、正解はありませんが、現職を離職したいという思いが強くなりすぎるのも注意が必要です。なぜなら、転職先が決まったら、先のことなどを考えず焦って決断をしてしまい、結局は失敗をしてしまうという場合が多いからです。転職活動に限らず人は焦った気持ちを持ってしまうと冷静な判断をすることができません。冷静な判断ができないことで、現職で抱えた問題を転職で解消することができず、結果早期退職をしては本末転倒です。

現職を早く離れたい、いち早く転職をしたいと思う気持ちも理解できますが、まずは立ち止まって冷静な思考を持つことも大切です。自分の将来やキャリア形成に関しても目を向けることで冷静な判断ができるようになりますし、担当エージェントにも現状を相談した上で、じっくり相談することも大切です。焦った判断で転職活動を失敗しないように心がけましょう。

薬剤師が転職を成功させるためのコツ

失敗事例から注意しなければならない点を確認できたでしょうか。同じような失敗を避けるためには、転職活動の手法や求人の選定など転職活動から注意していかなければなりません。薬剤師の転職を成功に導くためのコツもしっかり抑えておきましょう。

薬剤師専門の転職サイトを利用する

転職サイトには、幅広い業界や職種の求人を取り扱う総合型と、特定の業界や職種に特化した特化型があります。薬剤師として転職したい場合には、薬剤師の転職に特化した転職サイトを選ぶようにしましょう。

先ほどご紹介した総合型の転職サイトは幅広い業界や職種の求人をとりか使っていますが、薬剤師のような専門職の求人はかなり少ないです。転職サイト全体で見ると求人数は多いかもしれませんが、専門的な分野に特化していないため、特化型の転職サイトを選んだ方が、選択肢としては広がるのです。

また、総合型の転職サイトでは薬剤師の転職を強力にサポートできるエージェントが少なく、転職活動において貴重な市場動向などの情報が得られない可能性もあります。薬剤師特化型の転職サイトに登録すれば担当エージェントも業界や職種に精通していて、情報もかなり詳しく入手しているので頼りになります。薬剤師の転職を目指すなら、転職サイトは薬剤師に特化したサイトを選ぶように心がけましょう。

求人に掲載されていない労働環境をよく確認する

求職者が見ることができる求人には、仕事内容や待遇面などは詳しく掲載してありますが、職場環境に関する掲載はされていないことが多いです。そのため、労働環境などの情報は簡単に入手することができません。求人に掲載されていない

  • 担当エージェントに職場の雰囲気を聞く
  • SNSなどの外部サイトも確認する
  • 職場見学を希望する
  • お客様の立場で訪れてみる

職場の雰囲気を知るためには外部から情報を得ることも大切です。そこで活用できるのが担当エージェントと外部サイトです。最近ではSNSやnoteなどで企業が独自で情報を発信しているケースも多く、会社の雰囲気なども知るきっかけとなります。また、担当エージェントは、営業担当者が求人先に直接訪れ職場環境を見ているので、人間関係などを担当エージェント経由で入手することが可能です。

情報だけでなく、自分の目でしっかり確認したい場合には、職場見学を受け付けているので申し出る、お客様の立場で訪問してみるなどの方法もあります。このような方法を活用することで求人票には掲載されていない情報も入手できるので、情報収集は怠らないようにしましょう。

年収は具体的な内訳も確認する

転職活動では、想定される年収などは求人に掲載されているため、そこから希望する求人を探している人も多いのではないでしょうか。もちろん、そこから求人を選定していくことは間違いではありませんが、オファーや入社の際に「こんなはずではなかった」と失敗しないためには、年収だけでなくその具体的な内訳まで事前に確認しておくことが大切です。

年収で提示されている金額の8割が手取り金額と言われており、年収から社会保険料などが差し引かれていくので、手取り金額が異なることはご存知だと思います。ここで気をつけたいのが「残業代の有無」と「資格手当」、「年収か年俸」です。残業代の有無は、「みなし残業代」か「固定残業時間」になっているかで知ることができます。

「みなし残業制度」や「固定残業制度」と記載がある場合には、月々の給与に一定時間分の残業代を含ませておく制度であるため、別途残業代は支給されません。これを知らないと「残業代が出ない」と企業に対し不信感を抱くきっかけになってしまうので、事前にみなし残業時間や給与に含まれている残業金額なども知っておくようにしましょう。

また、薬剤師には「資格手当」が付与されるケースが多く、この資格手当は求人先の企業・病院などによって金額が異なります。求人にはしっかり手当がいくら支給されるか記載されているので、そちらもしっかり確認するようにしましょう。

もう1つ要注意なのが「給与体系」です。日本では「月給制」である企業がほとんどですが、外資系企業で主流となっているのが「年俸制度」。年俸を12分割して毎月支給したり、12〜16分割して給与と賞与で支給する方法をとっています。この「月給制」か「年俸制」かも注意して見ていく必要があります。

求人には、給与の内訳までしっかり記述されているものが多いので、しっかり確認をしていくようにしましょう。そうすれば、オファー時や入社後にも「こんなはずではなかった」と思うことがなくなります。

教育体制や研修制度の有無も確認する

転職を成功させるためには、求職先の企業に教育体制や研修体制が整っているかどうかも確認することが大切です。薬剤師未経験者であれば、研修制度の有無は非常に重要です。薬剤師の仕事は、ミスが許されない職種でもあるため、いち早く業務をしっかりこなせるようにならなければなりません。つまり、企業での研修は薬剤師にとって非常に重要なのです。

求人を検索する際には、「教育制度や研修制度の有無」に関しての確認も重要です。求人には研修の有無もしっかり記載されているので、未経験者はよりこの研修制度を重視すると、入社後に「こんなはずではなかった」と後悔することもなくなるでしょう。

転職前に職場見学を行う

薬剤師の転職を成功させるためには、職場見学を積極的に行うのがおすすめ。薬剤師の仕事は専門性が高いことから、毎日同じ空間で同じメンバーと過ごす時間が多くなります。そのため、入社する前に職場の雰囲気を知るためにも職場見学をしておいた方が良いでしょう。事前に職場の雰囲気などがわかれば、事前にミスマッチを防ぐことにも繋がり、転職も失敗しにくくなるのです。

職場見学を行う際には、職場で働くメンバーの組織構成、スタッフの対応、機材や設備などに注目して職場見学を行うようにしましょう。年齢構成などに偏りがある組織は、同じ年齢でなければ馴染みにくい傾向にあり、男性が多い職場では女性に配慮した環境とは言いがたくなります。また、そこからスタッフ同士のやりとり、患者さんへの対応などを見ることで、どのような人間関係であるかも感じ取ることができるでしょう。そこで働く人を見るには職場見学がおすすめです。

また、機材や設備などもチェックして、機材などが揃えられており、ある程度自動化ができているか、働きやすい環境であるかなどを確認することで、自分がそこで働いていても不便に感じないかも見ることができます。このように職場見学では、様々な確認ができるのでなるべく職場見学ができたら、申し込むようにしましょう。

薬剤師転職サイトの仕組み

ここでは、薬剤師の転職サイトの仕組みについてご説明します。

薬剤師として働きたい求職者が転職サイトに登録することで、担当アドバイザーが様々なかたちで転職支援を行ってくれ、親身になってアドバイスや相談にも乗ってくれます。様々なサポートを受けても求職者は、転職サイトを無料で利用することができるのです。

転職サイトのビジネスモデルは、求職者の転職先の企業や病院、薬局から紹介手数料を支払ってもらうことで成り立っています。わかりやすくいえば、求職者が転職を成功させることで転職サイトは利益を得られるのです。紹介手数料は、オファー年収に対し何%であるか事前に決められており、それは企業や病院によっても異なります。相場はオファー年収の30%。つまり、年収400万円でオファーを受けた求職者が入社すれば、転職サイトは企業や病院から120万円の紹介手数料を受け取ることができるのです。

もちろん、求職者が転職できなければ紹介手数料はもらえませんし、年収が高ければ高いほど紹介手数料も多くなるので、担当エージェントは、様々な転職サポートも行ってくれますし、年収交渉も積極的に実施してくれるのです。

薬剤師が転職サイトを利用するメリット

転職活動には求人を見つけるためのツールが欠かせません。もちろん薬剤師の転職にも転職サイトは強い味方となります。薬剤師が転職サイトを利用することで得られるメリットを3つご紹介いたします。

転職活動における時間と労力を軽減できる

転職サイトを利用することで転職活動における時間と労力を軽減することができます。転職活動では、求人を検索したり、企業の情報を調べたり、市場動向を調べたり、自ら企業にコンタクトをとったりと、やらなければならないことが多岐に渡ります。また、選考も進んでくると面接の日程調整、内定時での条件交渉、入社日の調整、入社手続きなど、やるべきことはどんどん増えていきます。そのため、現職で勤めながら転職活動の難しさを感じてしまう人がいるほど、転職活動にはある程度の時間が必要なのです。

しかし、転職サイトに登録すれば、担当エージェントが求人の選定から、情報提供、面接の日程調整や内定時の条件交渉など、転職に関わるあらゆることをサポートしてくれます。そのため、求職者は転職活動にかける時間と労力を軽減でき、現職に勤めながらでも転職活動をしていくことができるのです。

非公開求人を紹介してもらえる

転職活動の第一歩となるのが求人選定ではないでしょうか。自分の希望に合う求人を見つけて、自ら企業にコンタクトを取っていきます。担当エージェントにお願いするよりも、自分で色々な求人を検索できるので選択肢が広がるのでは?と思われがちですが、実際のところ、求人選定に時間と労力だけをかけているだけに他なりません。1人で転職活動をしていれば、選定できる求人はインターネットにアップされている求人のみ。そこから良い条件を探していくのも大変な苦労を要します。

自分に合う企業をマッチさせるためには客観的な視点が必要になります。それが叶えられるのが転職サイトです。担当エージェントが客観的な目線で求人を選定してくれるので、マッチ度が高い求人に絞って紹介してくれるので、転職活動もスムーズに進めることができます。

また、転職サイトでは「非公開求人」というインターネットなどで情報が上がっていない求人を紹介してもらえます。「非公開求人」は、特定の人のみに公開されているため、競争が少なく、また比較的条件が良い求人が揃っているのが特徴です。このような、「おいしい」求人は転職サイトに登録しなければ紹介してもらえないので、選択肢を増やしたいと考えたら、転職サイトに登録するようにしましょう。

転職先の内部情報を教えてもらえる

転職サイトに登録すれば、転職先の内部情報を教えてもらえるメリットがあります。転職活動を成功させるには転職先の雰囲気や人間関係など内部情報が必要不可欠。いくら待遇が良くても自分と合わない環境に転職してしまえば、働きにくさを感じ、結局は早期退職になりかねません。転職サイトに登録すると、転職先の環境や人間関係など求人票に掲載されていない情報まで教えてくれます。

転職サイトは、直接求人先企業まで訪問する営業担当者がおり、その営業担当者から様々な情報が提供されます。薬剤師の働く環境は特定の場所になるので、働く環境のこともしっかり把握しておかなければなりません。その点で言うと、転職エージェントに登録することで、様々な情報が得られるため、情報収集の苦労や手間が軽減されます。

薬剤師が転職サイトを利用するデメリット

薬剤師に限らず転職サイトを使う際にはデメリットも発生します。デメリットもしっかり把握した上で転職活動を進めるとスムーズなので、デメリットもしっかり把握しておくようにしましょう。

サポートの質にバラツキがある

転職サイトに登録すると、担当アドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。転職サイトに登録するデメリットとして、この担当アドバイザーの質へのばらつきが挙げられます。担当アドバイザーは、会社の方針としてサポートする領域を決められているとはいえ、丁寧にサポートしてくれる人もいれば、そうでないアドバイザーもいます。アドバイザーも人間なので、当然相性もあれば、サポートの質に違いがあります。

どちらが良いかについては、求職者のニーズによると思いますが、相性の良いアドバイザーに担当してもらうのが良いでしょう。自分が話やすかったり、相談しやすい人であるかを見極めるのが重要です。アドバイザーからアクションがなくても、こちらから相談すればどのアドバイザーもしっかり相談に乗ってくれます。

このように、転職サイトに登録すれば絶対安心というわけではないので、アドバイザーとの相性を見ながら転職活動を進めるようにしましょう。

自分のペースで転職活動を進められない

転職サイトを利用することで、自分のペースで転職活動ができないデメリットがあります。今より良い条件の会社をじっくり探したい、いち早く転職したいなど転職活動のスピードは人それぞれ。転職サイトに登録すると自分に合う求人が見つけやすいですが、どんどん選考を進めて行かなければならなくなります。担当アドバイザーとしては、求職者が選考を進めてくれた方が良いため、転職を促す姿勢を見せると思います。実際に、求人は欠員補充のために出されるものが多く、希望するなら早めにエントリーしていかなければなりません。そんな企業側の事情を把握しているからこそ、担当アドバイザーは早めの選考を促します。

しかし、担当アドバイザーのスピードと求職者のスピードがあっていなければ、転職活動もスムーズに進めることができません。転職活動をはじめる前に、転職活動をいつ終わらせたいのかなど計画を立てておきましょう。そうすれば、どのタイミングでエージェントに依頼すべきかを自分でも予測を立てることができるようになります。

こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!

転職サイトはどこに登録しても同じだと考えていませんか。実は、この転職サイトの選定を誤ってしまうと、転職活動の失敗に繋がってしまいます。少なくとも薬剤師で転職活動をするなら、以下のような転職サイトを選ぶのは避けるようにしましょう。

薬剤師転職に特化していない

薬剤師として転職したいなら、薬剤師の転職に特化していないサイトを選ばない方が良いでしょう。様々な業界や職種を幅広く取り扱っている「総合型」の転職サイトには、薬剤師のような専門職の求人が少ない傾向にあります。どちらかといえば、一般企業での仕事がメインになるため、そもそも薬剤師の転職には向いていないのです。

求人が少なければ、それだけ選択肢を狭めることになるので、満足のいく転職活動ができなくなります。また、薬剤師に特化した転職サイトを活用すれば、業界や職種に精通したアドバイザーが担当してくれるのでアドバイスや相談も的確で高く大きな力となってくれます。選択肢を増やしたいのであれば、薬剤師の求人をメインに取り扱っている特化型を選ぶようにしましょう。

転職を急かしてくる

転職サイトを選ぶ際には、転職を急かしてくる担当者に注意が必要です。先ほどもご紹介したように、転職サイトは求職者が転職を成功することで紹介手数料をもらい利益を得るビジネスモデルです。求職者が転職が成功しなければ利益を得ることができません。そのため、転職サイトによっては求職者の転職を急かす所もあるのです。

もちろん、求職者の意思が大切になるためきちんとサポートをしてくれる転職サイトも多いのですが、そうでない場合もあるのです。アドバイザーから転職を急かされると、なかなか冷静な判断ができにくくなります。自分の意識をしっかり尊重してくれ、足並みを揃えてくれる転職サイトを選ぶようにしましょう。

アドバイザーとの相性が合わない

転職活動の期間は平均で3カ月かかるため、担当アドバイザーとのお付き合いも長くなる可能性があります。アドバイザーとの相性が良いと、転職に関する悩みも相談もしやすく、意思疎通もスムーズになるため、転職もしやすい傾向にあります。逆に、アドバイザーと相性が悪いと転職活動もスムーズに行うのが難しくなります。

自分の言いたいことをしっかりキャッチアップしてもらえない、的外れの求人を紹介してくる、悩みに対する的確な答えが返ってこないなど、問題が発生してしまう可能性もあります。相性の良いアドバイザーを見極めるのは難しいですが、多くの実績をあげている転職サイト、質の良い支援に定評がある転職サイトに登録すると、相性の良いアドバイザーと出会いやすい傾向にあります。転職サイトを選ぶときは、アドバイザーの質も判断材料に加えるようにしましょう。

薬剤師の転職事情【最新情報】

コロナウィルス感染拡大の影響で採用を自粛していた企業が、採用活動を積極的にはじめた背景もあり求人数も増え、、転職市場全体で見れば非常に活発化してきています。では、薬剤師の転職市場はどのような状態なのでしょうか。薬剤師の転職市場について詳しく解説します。

薬剤師の転職しやすさ

結論から言うと、薬剤師の転職は難易度が高くなっている傾向にあります。その理由は薬剤師を対象とした求人の減少が影響しています。新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、業界問わず多くの企業が採用を自粛しており、これまでのように求人を出していません。特に調剤薬局は、患者の受診控えなどの影響から処方箋受付枚数が激減、人員も増やす予定のないところが多いのです。また、ドラックストアではインバウンド需要が激減したことにより、大きな打撃を受けた企業もあるほど。つまり、薬剤師の少ない求人を取り合っている状況であるため、採用ハードルが上がっている状況であると言えるのです。

薬剤師の平均年収

薬剤師の全国の平均年収は、565.1万円(2021年度)となっております。また、薬剤師の平均年収は、年齢や性別、勤め先の地域によっても違いがあるため注意しましょう。一般的に言うと都心の方が年収が多いイメージがありますが、薬剤師の場合は少し異なり、平均年収が最も多いのが山口県(年収780.0万円)、最も低いのが沖縄(461.4万円)となっています。意外にも東京は44位の508.0万円と低めの結果に。

性別と年齢ではどうでしょうか。

男性の平均年収は623.9万円、女性は平均年収527.2万円となっています。年齢で言うと20代前半の352.7万円から年齢が上がるにつれて年収が上がっていきます。

もし薬剤師の転職で年収アップを目指すなら、地方の求人も検討に入れると年収に上りやすくなります。実際に、地方まで求人を広げたことで年収アップに成功した人もいます。ご自身の勤め先の地域の平均年収の確認も忘れないようにしましょう。

薬剤師におすすめの転職時期

薬剤師の転職にベストな時期は1月〜3月です。

この記事は求人数が多くなる時期で、企業側は4月に向けた人員調整を行うために、1月〜3月の期間に求人を出す企業が多いのです。さらに、新卒採用で確保仕切れなかった枠を中途採用で埋めるため、若手を募集する企業も増える時期でもあります。そのため、1月〜3月に求人が豊富になり、求職者としては選択肢が広がるだけでなく、待遇も良い求人が見つかりやすくなるためこの時期がおすすめです。

薬剤師転職サイトを利用する際の流れ

薬剤師の転職サイトを利用するための流れを手順に沿ってご紹介していきます。履歴書と職務経歴書の提出のタイミングなどもしっかり把握し、スムーズに転職活動のスタートをきれるように準備しておきましょう。

公式サイトからWEB登録をする

薬剤師の転職サイトを利用するためには、登録したい転職サイトの公式サイトからWeb登録をします。転職サイトによって入力する内容は異なりますが、基本的には以下のような内容を入力して登録を完了させます。

  • 氏名・電話番号・メールアドレスなどの個人情報
  • 保有スキルと資格
  • 転職先の希望条件など

大体2〜3分で入力が完了します。

複雑な内容などを入力を求められるわけではないので、「まずは登録だけ」という人でも問題ありません。

アドバイザーと面談をする

転職サイトに登録が完了したら、転職サイトから面談の案内が届くので、面談日程を調整します。最近は、アドバイザーとの面談もWebで行われるため、自宅にいながら面談を受けることが可能です。面談では、求職者の経験や条件などをヒアリングし、すり合わせを行う大事な時間です。取り繕うことなく率直に質問に答えることが大切です。また、面談の際に転職活動について相談もできるので、不安をクリアにできる機会でもあるので、聞きたいことは面談で聞いておくようにしましょう。

また、履歴書と職務経歴書の準備がすでにある場合は、面談時に提出するとヒアリングもスムーズに進みます。

求人紹介・応募をする

面談で伝えた条件を元に求人を紹介してもらいます。担当アドバイザーから紹介してもらった求人から自分が魅力に感じた求人があれば、担当アドバイザーを通じて応募してもらうようにしましょう。

ここで求人に関する疑問点や求人票に掲載されていない情報などは担当アドバイザーから情報を入手できるので、疑問点があれば積極的に質問するようにしましょう。また、面談の際に聞き忘れたことや、新しく疑問点が生まれたら、担当アドバイザーに相談するようにします。

履歴書の作成や面接対策をする

企業に応募する際には、履歴書と職務経歴書が必要になる場合が多いです。履歴書と職務経歴書は、企業とのはじめての接点。自身の経歴や強みなどがしっかり伝わるように作り込まなければなりません。履歴書と職務経歴書の作成のコツも担当アドバイザーが教えてくれるので、作成に困ったらアドバイザーに相談するようにしましょう。

書類選考が通過したら通過したら、いよいよ企業との面接になります。企業との面接の前に面接対策をしておきましょう。転職サイトに登録しておけば、担当アドバイザーが面接のポイントを教えてくれるだけでなく、希望者を対象に模擬面接を実施してくれます。面接対策をしっかりしておくことも忘れずにしておきましょう。

企業と面接を行う

実際に企業と面接を行います。コロナウィルス感染拡大の影響を受け、企業ではオンライン面接などを推進しているケースも多いです。対面面接でもオンライン面接でもマナーがありますので、面接形式に合わせた対策など担当アドバイザーに確認しておくようにしましょう。

内定後手続きを行う

採用選考を全てクリアしたら、企業から内定をもらいます。内定時には内定通知書が届き、年収や入社日などの提示がされます。この時に、担当アドバイザーが条件交渉や入社日調整などを行ってくれるので、必要に応じて相談するようにしましょう。

入社意思が固まったら企業と内定手続きを進めます。

また1つやることが現職の退職手続きです。円満退職のためのノウハウなど担当アドバイザーが持っているので、困ったら頼るようにしましょう。

薬剤師転職に関するQ&A

転職サイトの活用方法や転職活動において良くある質問をまとめました。ご自身の転職活動の参考にしてください。

薬剤師におすすめの転職サイトは何ですか?

薬剤師におすすめの転職サイトは、求職者の状況によって異なるので、自分のニーズに合う転職サイトを選び登録する必要があります。例えば、年収をあげたくて転職するなら、高待遇である「非公開求人」を多く所有する転職サイトに登録した方が良いですし、転職が初めてなら丁寧なサポートを行ってくれる転職サイトに登録した方がスムーズです。

薬剤師特化型の転職サイトはそれぞれ強みと特徴があるので、こそから自分に合う転職サイトを選ぶようにしましょう。

転職サイトと転職エージェントの違いはありますか?

転職サイトの1種が転職エージェントであるといえます。そもそも転職サイトには、転職エージェントと求人広告型転職サイトの2種類があり、転職エージェントは担当アドナイザーが転職支援などを行ってくれますが、求人広告型転職サイトは、一切サポートを受けることができず、自分で全て進めて行かなければなりません。転職活動の時間がさけない人、転職活動が初めての人は転職エージェント型を選ぶと良いでしょう。どのように転職活動を進めたいかで、どちらを活用するべきかを決定してみてください。

地方在住でも転職サイトは利用可能ですか?

結論からいうと、地方在住でも転職サイトを利用することができます。基本的には全国の求人を検索することができますが、転職サイトによっては支店を構えていないエリアもある点に注意が必要です。支店がない場合は、アドバイザーからの支援などを直接受けることが難しくなるだけでなく、求人先の情報が少ない場合もあります。なるべく、自分の希望する地域に支店があり、情報も豊富に揃えてある転職サイトに登録する方が良いでしょう。

薬剤師の転職理由にはどのようなものがありますか?

薬剤師の主な転職理由として以下があげられます。

  • 年収や待遇を良くしたい
  • 人間関係を改善したい
  • 労働環境を改善したい
  • スキルアップしたい

このなかでも特に多いのが「ね集や待遇を良くしたい」「人間関係を改善したい」という転職理由です。薬剤師は専門性の高い職業で閉鎖的な空間で仕事に従事しています。仕事上関わる人が限られているため、人間関係が拗れてしまうと一気に仕事がしにくくなってしまうのです。この人間関係に関する悩みを抱える薬剤師も少なくありません。

また、薬剤師は年収を重要視する人も多いため、年収アップのため転職を選択する薬剤師も多いのです。

良い担当者を見極める方法はありますか?

良い担当者を見極めるには、以下のようなポイントを重視して判断してみましょう。

  • 薬剤師の職種や業界に特化した知見を持っているか
  • 自分の希望に合う求人を紹介してくれるか
  • 連絡などのレスポンスが早いか

薬剤師などの専門性が高い職種では、その業界を熟知した担当アドバイザーが大きな力となります。業界などの知見が豊かなアドバイザーであるかを見極めるようにしましょう。薬剤師特化の転職サイトでは、その業界に関する知見を有したアドバイザーが在籍しているので、特化型の転職サイトに登録するようにしましょう。

ブランクがあっても転職できますか?

ブランクがあっても転職することは可能です。薬剤師という専門職は非常に需要が高いことから、1年以上の実務経験があれば採用されやすい傾向にあります。そのため、ブランクがあっても転職ができるでしょう。

ただし、ブランク期間にもよりますが、誰でもすぐにブランクを埋めることは難しいので、できるだけ研修制度がある求人などを見ていくことをおすすめします。ブランクがあることは正直に担当アドバイザーに相談すると転職もスムーズです。

薬剤師の転職では何社に応募するのが良いですか?

薬剤師として転職するには6社〜10社に応募しておくのがおすすめです。一般的に書類選考で3分の1、面接で2分の1程度の通過率であると言われています。ニーズがある薬剤師のポジションであっても、6社〜10社に応募しておくと安心です。また、年齢が若ければ6社ほどでも充分ですが、40代〜50代では10社以上応募する気持ちでいるようにしましょう。

薬剤師転職サイトおすすめ比較ランキングまとめ

薬剤師のおすすめの転職サイトの比較とランキングについて紹介してきました。

薬剤師の仕事は特殊で、調剤薬局や病院、一般企業など環境によって働き方が大きく変わる職種です。環境だけではなく人との関わり方も変わるため、自分がどのような働き方をしたいか、どのようなキャリアを積んでいきたいかをしっかり整理しておく必要があります。もちろん、求職者1人でも転職活動は可能ですが、しっかり現象と未来を設計したほうが良い薬剤師という職種では、転職サイトに登録し担当アドバイザーなど客観的な視点でアドバイスしてくれる人が重要です。業界などにも精通しているため、今後のキャリアプランも立てやすく、現状も客観的に評価してくれます。転職サポートもしっかり行ってくれるので、転職活動もスムーズです。

薬剤師として転職を希望するなら転職サイトに登録がおすすめです。

目次