MENU

保育士転職サイトおすすめ全73社徹底比較ランキング|2021年12月版

「今働いている職場に悩みや不満があって転職を考えている」「保育士の求人を探したいけど、転職サイトがありすぎて結局どれに登録したらいのか分からない」と考えている方も多くいらっしゃるでしょう。

実際に、保育士に特化した転職サイトは数多くありますが、それぞれ特徴や強みは異なります。転職サイト選びは転職の成功を左右する鍵となるので、自分に合う転職サイトをきちんと見極めることが大事です。

そこでこの記事では、転職のプロとして実際に数多くの保育士の転職を成功に導いてきた「転職.jp」の編集部が、転職サイト利用経験がある保育士978人を対象に行った独自アンケートの結果をもとに、評判や口コミの良い保育士の転職サイト73社を徹底比較した上で、

にまとめてみました。

実際に調査した評判や口コミの良い保育士転職サイト73社一覧

保育士ワーカー / 保育士バンク / ほいく畑 / ミラクス保育 / マイナビ保育士 / 保育ひろば / 保育のお仕事 / 保育Fine! / ほいくジョブ / 保育情報どっとこむ / クリックジョブ保育 / サクシード / ほいてんサーチ / 保育エイド / リスジョブ / ジョブデポ保育士 / 保育士コンシェル / ジョブメドレー保育 / キララサポート保育 / ほいぷら / しんぷる保育 / わたしの保育 / ベネッセの保育園 / テノ・コーポレーション / アートチャイルドケア / 保育バランス / 保育士人材バンク/ 保育ぷらす+ / 保育求人ガイド / 保育士サポート.com / 保育R / ベビージョブ / ゆめほいく / キッズジョブズ / ベスト保育 / 保育パートナーズ / キャリアカルテ / ほいとも大阪 / はぴほいく / ジョブトル保育 / 保育士ジョブズ / 保育LINE / 保育わーく / せんとなび / 保育メトロ / 保育士サポート.com / 保育LIFE / 保育士求人ナビ / 保育士ランド / グッピー保育士求人 / 保育士就活バンク / 保育の求人あるある / ほいくみー / 保育士求人ぽけっと / はじめての学童指導員 / ほいくのおまもり / 保育士.net / 保育士求人サンライズ / 保育ジョブハント / 保育補助のお仕事 / ホイキュー / ももいくジョブ / ジョブパーク保育士 / ほいくコレクション / ほいくお仕事コレクション / ほいコレナビ / ほいとも大阪 / 明日香 / 保育のちから / 保育のとびら / 保育box / 保育士BOOK / なないろ保育士

転職サイト利用経験がある保育士978人にアンケートをとり、上記73社の保育士転職サイトを徹底分析した上で、「保育士転職サイトおすすめ比較ランキング」にまとめたページは、他のどのサイトを探してもここだけにしかないオリジナルの情報です。(保育士向け転職サイト73社の調査は、No.1の調査数です※新たに30社追加調査実施 / 2021年12月1日時点)

「転職.jp」編集長

結論から言うと、今おすすめなのは保育士ワーカーです!利用者の8割が年収アップに成功するという輝かしい実績を誇る保育士ワーカーは、顧客満足度も97%と利用者から非常に高い評価を得ています!さらに、職場の人間関係や雰囲気も事前に教えてくれるため、転職後のミスマッチが少ないのも魅力です。転職を機に今の環境から抜け出したい方は登録することを強くおすすめします!
保育士ワーカーの詳細ページはこちら

この記事では、あなたが保育士の転職サイト選びで失敗しないために、保育士転職の最新傾向や保育士の転職を成功させるポイント、登録の流れ、転職サイトの活用術まで詳しく解説しますので、是非最後まで読んで転職活動を成功させるために役立ててくださいね。

目次

保育士転職サイトを選ぶ際のポイント

冒頭でも述べた通り、転職サイトの質が転職を大きく左右していくと言えるため、慎重に選ばなくてはなりません。そのためには、転職サイトの選ぶ時のポイントを押さえておく必要があります。

まずは、転職サイトについて理解しておきましょう。一般的に転職サイトには「サイト型」と「エージェント型」に分けることができます

「サイト型」は、求人を自分で検索し、誰でも応募できるサイトのことをいいます。基本的に「サイト型」は、様々な業界の求人が掲載されている総合型です。

保育士のように専門的な職種は「エージェント型」が比較的多く、キャリアカウンセラーが、求職者の希望に合った求人を紹介してくれ、エージェントによっては履歴書の添削や模擬面接などの支援も行ってくれるのです。

「エージェント型」のメリットは、自分で求人を探す必要がなく、さらにキャリアカウンセラーから転職のアドバイスも受けれるため、忙しく時間がなくても転職活動ができるメリットがあります。また、「エージェント型」は求人サイトにない非公開求人を紹介してもらえる可能性もあるので、求人の幅が広がるメリットもあります。

転職サイトを選ぶ時は、「サイト型」か「エージェント型」のどちらか自分のスタイルにあうものを選ぶと同時に、以下の3つのポイントに着目すると選びやすくなります。

保育士転職サイトを選ぶ際のポイント
  • 求人数
  • 情報の質
  • サポート体制

求人数

転職サイトの求人数が多ければ、選択肢が広がり希望にあった求人が見つけやすくなります。こだわりが強い、地方に勤務したい人は求人数が多い転職サイトを選ぶと良いでしょう。掲載数が10,000件以上あれば、充分希望に合う求人を見つけることができるでしょう。

情報の質

求人数だけが多ければ良いというわけではありません。求人数が多くても、求人に関する情報が薄い転職サイトもあります。求人の情報は、自分に合う条件の会社であるかを見極めるだけでなく、会社側がどのような人を求めているかを知るためには必要な情報です。

そのため、求人の情報の質はしっかり確認した方が良いでしょう。求人先の会社にインタビュー記事を載せているサイトもあり、会社の雰囲気がわかるものもあるので要チェックです。

サポート体制

エージェント型」の転職サイトであれば、サポート体制にも注目するようにしましょう。「エージェント型」といっても特徴はそれぞれで、サポート体制が手厚いところもあれば、必要以上のことはしないところもあります。自分に合うスタイルの転職サイトを選んだ方がストレスなく転職活動ができるので、自分にあう転職サイトを選ぶようにしましょう。

保育士おすすめ転職サイト比較表

先ほどご紹介した転職サイトを選ぶポイントをもとに、保育士の転職サイトを比較表でまとめました。詳しい情報はこのあとご紹介する、「保育士の転職サイトおすすめ比較ランキング」を参考にしましょう。(転職サイト名をクリックすると、該当部分へ飛ぶことができます)

スクロールできます
順位転職サイト名求人数タイプサービス内容
1位保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/
エージェント
・高い顧客満足度
・求人の情報量が豊富
2位保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント・細かい検索設定が可能
・お役立ち情報が豊富
3位ほいく畑
ほいく畑のロゴ
約4,100件エージェント・派遣や紹介予定派遣の求人あり
・関東や関西が強い
4位保育ひろば
保育ひろば
約10,000件エージェント・最短で転職したい人向け
・求人数は業界トップレベル
5位マイナビ保育士
マイナビ保育
約7,000件サイト/
エージェント
・サイト型とエージェント型が選べる
・リアルな情報が手に入る
6位ミラクス保育
ミラクス保育のロゴ
約15,100件エージェント・非公開求人も豊富
・首都圏の求人が強い
7位保育のお仕事
保育のお仕事のロゴ
約11,000件エージェント・非公開求人多数
・幅広い職種の求人あり
8位保育Fine!
保育Fine!
約17,000件サイト・求人の年齢層の幅が広い
・給与アップの特別制度あり
9位ほいくジョブ
ほいくジョブ
約7,100件エージェント・地方求人にも強い
・検索がしやすい
10位保育情報どっとこむ
保育情報どっとこむ
約16,000件エージェント・取材記事が見られる
・海外の求人を保有

保育士転職サイトおすすめ全73社徹底比較ランキングTOP10

第1位 保育士ワーカー

保育士ワーカー

保育士のおすすめ転職サイト第1位は「保育士ワーカー」です。おすすめの理由として、求人数が多く、顧客満足度の高い転職サイトとして利用者が多い特徴があります

「保育士ワーカー」では、転職サイトに公開されていない非公開求人も多数扱っており、それ以外でも求人数も、保育園・幼稚園・学童・病院・企業など幅広く扱っている点が魅力です。

自分で求人も探せる!情報が見れる!

「保育士ワーカー」は、サイト型とエージェント型が融合した転職サイトです。転職サイトに掲載している求人を自ら探して求人を確認することもできます。対象地域も全国各地で地方の転職を希望する人でも、求人数及び情報量は満足のいくボリュームです。

さらに、公開している求人には、給与や勤務時間などの基本情報の他、その求人の特徴やおすすめポイントなど、アドバイザーからのコメントを閲覧することができるため、求人を選びやすいのもメリットの1つです

求人票に載っていない情報も共有!

「保育士ワーカー」は、転職サイトへ登録後、保育士専門のキャリアアドバイザーとヒアリングを実施します。ご希望を聞いたあと、それに沿った求人を紹介してくれるエージェント型の転職サイトとなります。ただ、求人をご紹介するだけでなく、紹介した求人の職場の雰囲気や有休消化率、残業時間の状況など、求人票には乗っていない情報も詳しく提供してくれます。

転職成功者を多数輩出!顧客満足度97%

「保育士ワーカー」は、利用者の8割が年収UPに成功したという確かな実績があります。保育士専門のアドバイザーによる丁寧なヒアリングと、求人票ではわからない様々な情報を提供してくれるため、入社後のギャップも感じにくく、ズレがない転職が実現できます。実際に、当サイト「転職.jp」が行った独自アンケート調査でも利用者の約88%が「満足のいく転職ができた」と回答しています。

また、面接やレジュメの支援、入社後のフォローなども徹底しており、サポート体制が充実している点も顧客満足度が高い要因の1つでもあります。

保育士ワーカーの口コミ

評価 ★★★★★
転職後の年収:478万円(年収83万円アップ)

私は前の職場よりも給料が高い保育園に転職したかったので、保育士ワーカーに登録しました。登録後、担当者の方に高収入の非公開求人を次々に紹介してもらえたおかげで、なんと年収93万円アップの保育園に転職することができました!いまでは、転職前にできなかった貯金をコツコツしつつ、趣味にお金を使えるのですごく感謝しています。

評価 ★★★★★
転職後の年収:393万円(年収48万円アップ)

引っ越しの関係で地方の求人を探していましたが、全く地方にツテのない私にとってアドバイザーは強い味方でした。おかげで満足のいく転職をすることができました。

第2位 保育士バンク 

保育士バンク 

「保育士バンク」は、保育士転職サイトのなかでも最大規模を誇り、認知度も高く、公開されている求人数、非公開求人数含め豊富であるのが魅力。エージェント型の転職サイトであり、転職相談も可能です。「保育士バンク」の特徴は、なんといっても細かい条件に絞った求人検索ができること、入園後のお役立ち情報も配信している点です

主要都市で説明会を開催!

「保育士バンク」では、主要都市で合同説明会なども開催されており、求職者と保育園・幼稚園・企業などを繋げられるように企画されています。説明会では、保育園や幼稚園・企業に直接話を聞き、質問することができるので、職場環境がわかりやすく、転職の失敗を防ぐことができます。

求人検索を細かく設定!希望の求人を見つけやすい

「保育士バンク」の強みは、求人数の多さと、求人の検索のしやすさです。「保育士バンク」では、勤務地や雇用形態などの基本的な検索条件に加え、園の特徴や福利厚生、給与などに絞って検索をかけることができます。求人数が多いため、細かい求人検索をすることで自分の希望にあった求人をいち早く発見することができます。「男性保育士」に絞った検索もでき、女性だけでなく、男性保育士も活躍できる求人を見つけることができる点も「保育士バンク」の魅力の1つです。

気軽に相談できる体制がある!

「保育士バンク」は、アドバイザーへ直接相談に行かなくても、電話などで直接相談ができる点も特徴です。忙しい保育士さんはなかなか時間が取れないですが、電話で相談が可能なので、仕事をしながらでも転職活動ができます。忙しい保育士さんに寄り添ったサービスは「保育士バンク」が選ばれている理由の1つでもあります。

保育士バンクの口コミ

★★★★★
転職後の年収:379万円(年収48万円アップ)

私は前の上司と合わなくて、裏で悪口を言われたり、嫌がらせをされたりしていました。そんな中、どうしても人間関係が良い職場に転職したくて、勇気を出して保育士バンクに登録しました。
登録後、すぐに担当の人から連絡がきたことにはびっくりしましたが、「人間関係はココが良いと評判ですよ」「この保育園は園長先生がクセのある方なのでおすすめしません」などただの求人では知ることができなかったことも教えてもらえたので助かりました。その結果、今では優しい人に囲まれた職場で働けています。人間関係や職場の雰囲気を事前に知ることができたおかげで、満足のいく転職ができました。

評価 ★★★★☆
転職後の年収:423万円(年収36万円アップ)

元保育士のアドバイザーさんが不安に思ってくれることなど的確なアドバイスをくれました。プロの目から見ておすすめの求人を探してくれたので、自分にとって働きやすい求人に巡り会えたと思っています。

第3位 ほいく畑

ほいく畑

「ほいく畑」は、エージェント型の転職サイトで、ブランクのある人へのサポートも徹底しているのが魅力です。また、「ほいく畑」で扱っているのは正社員や契約社員、パートタイムだけでなく派遣や紹介予定派遣も幅広く紹介してくれるため、自分に合う働き方ができる求人が見つかるのもこのサイトの大きな特徴だといえます。

派遣や紹介予定派遣の求人が充実

「ほいく畑」が派遣や紹介予定派遣の求人も広く取り扱っているのが魅力です。派遣はある程度時間の都合がつきやすいため、ブランクのある人にとっても働きやすい環境であるため、アドバイザーからも紹介されます。また、「ほいく畑」で紹介する派遣には、前の週に働いた分のお給料がもらえる「週払い」制度のある求人も紹介してくれるため便利です。

スキルアップセミナーも活用できる

「ほいく畑」では、今後のキャリアにも役立つスキルアップセミナーが定期的に開催されるなど、保育士がキャリアアップを目指すために役立つ制度が充実しています。このような講習会やセミナーだけでなく、漫画コラムなどのWebコンテンツでも情報を入手することができます。保育士として就業後も役立つ知識が身につけられるのも、このサイトの大きな魅力と言えるでしょう。

関東や関西の求人が強み

「ほいく畑」の求人は、全国が対象となっていますが、関東や関西などの主要都市の求人が強みでもあります。もちろん、地方の求人が全くないわけではありませんが、やはり関東や関西などの主要都市に比べると求人数が少なめなので、関東や関西などでお仕事を探している人向けである傾向にあります。

ほいく畑の口コミ

評価 ★★★★★
転職後の年収:413万円(年収43万円アップ)

保育士の仕事にブランクがあり、非常に不安でしたが、キャリアコンサルタントが親身になってくれ、希望にあう求人を探してくれました。

評価 ★★★★☆
転職後の年収:361万円(年収39万円アップ)

残業ができないため派遣で仕事を探していました。ほいく畑では派遣の求人も豊富で、条件にあう求人がすぐに見つかりました。

第4位 保育ひろば

保育ひろば

「保育ひろば」は、エージェント型の転職サイトで最短で転職を完了させたい人におすすめ。また、エージェント型では珍しく、「転職をするか悩んでいる」求職者も情報収集がしやすく、また転居などの都合に合わせ、求人を選定してくれるなど、求職者の都合に合わせてもらえます。

最短で転職したい人におすすめ

「保育ひろば」は、とにかく早く転職したいという求職者におすすめの転職サイトです。エージェント型ですが、登録や相談、求人の紹介を受けるのにも全て電話やメールで完結できるため、余分な時間をかけずに転職活動をすることができます。アドバイザーもスピード感を持って対応してくれるのも魅力。登録から入園まで最短2週間という実績も持っています。

自分で情報を入手できる

「保育ひろば」のもう1つの魅力として、企業の情報を自ら入手できる環境が整えられていることです。「保育ひろば」で開催される転職フェアは、小規模であるため、大規模フェアよりもじっくり担当者から話を聞くことができます。アドバイザーからの情報に合わせ、自分でも情報を収集できるため、より納得のいく転職につなげられるでしょう。

一都三県・愛知に特化した求人

「保育ひろば」は、一都三県・愛知にキャリアアドバイザーが駐在しており、情報も詳細に入手しいていることから、一都三県・愛知の求人に特化しているといえます。一都三県・愛知で転職を考えている求職者は、「保育ひろば」は強い味方となるでしょう。

保育ひろばの口コミ

評価 ★★★★☆
転職後の年収:443万円(年収35万円アップ)

キャリアコンサルタントがスピーディーに動いてくれたので転職活動も順調に進めることができました。求人数も豊富で自分の希望通りの求人が見つかります。

第5位 マイナビ保育士 

マイナビ保育士 

「マイナビ保育士」は、リクルートの大手転職サイト「マイナビ」が運営している転職サイトです。知名度が高いだけあり、20代〜30代に人気があり、「サイト型」「エージェント型」の好きなタイプを選べるのが特徴です。転職相談会やイベントなども定期的に開催。転職者が情報を得やすい環境があるもの魅力です。

自分に合う方法で転職活動できる

「マイナビ保育士」は、「サイト型」と「エージェント型」を選んで転職活動ができるのが特徴です。自分でしっかり求人を選定したい人には「サイト型」で自分の満足できる求人を見つけることができ、転職活動に充分な時間が取れない忙しい人は「エージェント型」を選ぶとスムーズに活動を進めることができます。自分の好きなスタイルで転職活動できるのも「マイナビ保育士」の魅力ではないでしょうか。

あらゆる情報が手に入る

「マイナビ保育士」では、実際の給与や離職率、職場環境など求人上だけではわからない様々な情報提供をしてくれます。担当者が園や施設に直接訪問し、リアルな情報を入手、求職者に情報提供を行っています。求人を選び時のヒントになるため、求職者にとっては見逃せない情報です。

マイナビ保育士の口コミ

評価 ★★★★☆
転職後の年収:378万円(年収29万円アップ)

アドバイザーが親身になって相談に乗ってくれたので、初めての転職活動も順調に進めることができました。面接対策などのサポートも充実していたので自信を持って転職活動できたと思います。

第6位 ミラクス保育

ミラクス保育

「ミラクス保育」は、エージェント型の転職サイトです。中途転職だけでなく、学生など実務経験のない人でも利用できる点が特徴。正社員から契約社員、派遣やパートタイムなど幅広い雇用形態の求人があるため、一人一人のライフスタイルに合わせた求人に出会うことができます。

幅広い種類の求人が見つかる

「ミラクス保育」は、保育士経験のない人でもキャリアを積んでいけるよう派遣から、紹介予定派遣まで、正社員、契約社員によらず、幅広い求人の取扱があります。エージェント型は、正社員の取扱が多い傾向にあるため、幅広い求人の取扱があるのは非常に稀。非公開求人の取扱もあり、希望に合う求人が見つかりやすいです。

働き方に悩んだら相談に乗ってもらえる

保育士の仕事にブランクがある、ライフワークバランスをとった仕事をしたいなど、働き方が選べるようになり、保育士でも自分に合う働き方ができるようになりました。「ミラクス保育」に登録すれば、キャリアについて幅広い知見を持ったアドバイザーに相談でき、自分に合う働き方を見つけることができます。

首都圏に強い

「ミラクス保育」は、首都圏の求人に強い傾向にあるため、関東で仕事を探している人に撮っては強い味方となるでしょう。しかし、地方求人は少し薄い傾向にあり、求人数が少ないため、地方の求人を見つけたい人は、転職サイトを併用するなどして求人の数を増やす必要があることを覚えておきましょう。

ミラクス保育の口コミ

評価 ★★★☆☆
転職後の年収:359万円(年収28万円アップ)

ブランクがありましたが正社員として復帰することができました。求人の質もよく、給与アップも実現でき大変満足しています。

第7位 保育のお仕事

保育のお仕事

「保育のお仕事」は、非公開求人を含めた豊富な求人と、全国的な求人がそろっている点が魅力のエージェント型転職サイトです。「保育士」の職種に縛らず、園長や指導員などの求人もあり、職種を絞らず転職を考えている人におすすめです。

幅広い求人が魅力

「保育のお仕事」では、非公開の求人も多数抱えており、求職者の希望にあった求人をアドバイザーが情報と共に提供してくれます。職種は、「保育士」に限らず、「園長」や「指導員」など幅広く、環境も「学童」「企業内保育所」「病院」などから紹介してもらうことが可能です。幅広く求人を探している人におすすめ。

全国的に求人あり

「保育のお仕事」では、全国に求人があり首都圏だけでなく地方など全国規模で求人を扱っています。「保育のお仕事」も東京や大阪など都市部の求人が豊富なのは他の転職サイトと同じですが、地方の県庁所在地の求人も幅広く用意されているので、地方求人を求めている人にもおすすめの転職サイトでもあります。

保育のお仕事の口コミ

評価 ★★★☆☆
転職後の年収:351万円(年収26万円アップ)

人間関係が原因で転職活動をしていたのですが、アドバイザーが求人の職場の雰囲気や働いている人について教えてくれたので、安心して転職活動を進めることができました。

第8位 保育Fine!

保育Fine!

「保育Fine!」は、サイト型の転職サイトで、キャリアアドバイザーが不在。自分自身で求人を探して応募していくことができます。首都圏中心の求人が豊富であるため、地方の求人はあまり強くありませんが、幅広い年齢層の求人が揃っている点、パートや派遣など雇用形態が様々な求人が揃っている点が魅力です。

年齢層の幅が広い

「保育Fine!」では、20代〜50代をターゲットとした求人が多く、どの年齢であっても求人を見つけることができるのが魅力です。正社員や契約社員だけでなく、パートタイムなどの雇用形態の求人も見つけることができるので、自分のライフスタイルに合う働き方ができます。サイト型であるため、じっくり情報収集を行いたい人にもおすすめ。

シンデレラ保育士制度

「保育Fine!」では、ユニークな制度が設けられており、一定期間給与アップする制度「シンデレラ保育士制度」があります。この制度は、企業とタッグを組んで保育士を応援するために設けられました。この「シンデレラ保育士制度」が適用される求人は一部となりますが、一定期間でも給与アップを目指す保育士には嬉しい制度です。

保育Fine!の口コミ

評価 ★★★☆☆
転職後の年収:347万円(年収33万円アップ)

転職を進める手前の情報収集の段階だったので、このサイトを選びました。エージェントなしでしたが時間があったので、じっくり情報収集も進め、自分にあう求人を見つけたので転職。シンデレラ保育士制度で給与アップできました。

第9位 ほいくジョブ

ほいくジョブ

「ほいくジョブ」は、大手転職サイトに比べ、転職数が及ばないものの、首都圏に限らず地方まで求人を扱っている転職サイトです。地方の求人も満遍なく揃っているため、地方で転職を考えている人におすすめです。「ほいくジョブ」は、エージェント型の転職サイトですが、求人の検索がわかりやすいと定評があり、雇用形態や施設環境、フリーワードでも求人を絞ることができます。

地方求人も豊富で見つけやすい

「ほいくジョブ」の魅力は、地方求人に強い面です。地方の非公開求人も多く、首都圏以外で転職活動をしたい人には、条件に合う求人が見つけやすいでしょう。非公開求人が高待遇のものが多いため、注目です。

条件検索が便利

「ほいくジョブ」は求人検索がわかりやすいと定評のある転職サイトです。細かい条件設定が可能であるため、条件に合う求人を素早く探し出すことができます。転職活動に時間をかけられない人にとっては大きなメリットではないでしょうか。

ほいくジョブの口コミ

評価 ★★★☆☆
転職後の年収:336万円(年収27万円アップ)

保育園から幼稚園に転職したく登録しました。自分でも求人を検索しながら、アドバイザーと相談し、転職することができました。関東で幅広く求人をみることができたのもよかったと思います。

第10位 保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

「保育情報どっとこむ」の魅力は、日本全国の求人に加え、海外の求人も取り扱っている点です。登録会や仕事説明会なども定期的に開催しており、求職者が情報収集ができる場も積極的に提供しています。

地方だけでなく海外求人も

「保育情報どっとこむ」は、関東を中心に地方の求人も多く取り扱っているのが特徴です。また、海外に住む日本人のための、現地の日本人幼稚園の仕事などレア求人も取り扱っています。なかなか海外の求人を扱っている転職サイトも珍しいため、海外を視野に入れている人には便利な転職サイトです。

働く人の取材記事が閲覧可能

「保育情報どっとこむ」のもう1つの魅力は、働く人の取材記事を閲覧できる点です。職場の雰囲気は、求人票に掲載してある写真などから判断するしかありませんが、実際に働いている人の様子を見ることができるため、職場の雰囲気が良い掴みやすいです。そのため、入社後のギャップも感じにくく、理想に近い求人を見つけられるのも「保育情報どっとこむ」の強みではないでしょうか。

ほいくジョブの口コミ

評価 ★★★☆☆
転職後の年収:328万円(年収18万円アップ)

保育士に復帰しようと登録してみました。働く環境を大事にしていたので、取材記事なのみれたのは大変魅力的でした。サイトに載っていない求人も紹介してもらえ、満足のいく転職ができました。

保育士転職サイトおすすめ【条件別】

保育士未経験者におすすめ

保育士未経験の人には、「未経験歓迎」の求人を多く扱っている転職サイトを利用するのがおすすめです。また、サイト型よりエージェント型の転職サイトを選ぶようにしましょう。業界に知見の広いキャリアアドバイザーの力を借り、不安に思っていることなどアドバイスをもらいながら、未経験でも働ける求人を探した方が安心して転職活動を進めることができます。未経験におすすめの転職サイトは以下の通り。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント
ほいく畑
ほいく畑のロゴ
約4,100件エージェント

年収を大幅UPさせたい方におすすめ

年収を大幅にUPさせたい人は、非公開求人を多く扱っている転職サイトに登録すると良いでしょう。非公開求人は、サイトに公開されている求人に比べ、高待遇であるケースが多いです。

非公開求人は、社名を失せて公開されている場合もありますが、ほとんどのケースでは、サイトには公開されず、アドバイザー経由で紹介されます。

そのため、「非公開求人が多く」「エージェント型」の転職サイトを選ぶのがおすすめです

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント
保育Fine!
保育Fine!
約17,000件サイト

地方で働きたい方におすすめ

地方で働きたい人は、「地方求人が多い」転職サイトを選ぶと良いでしょう。求人数が少なければそれだけ、転職の可能性を狭めてしまいます。そのためできるだけ地方にも拠点がある転職サイトに登録したほうが良いでしょう。

サイト型とエージェント型は問いませんが、できるだけ情報量が豊富な方が職場の雰囲気も掴みやすく、入社後のギャップも感じにくいです。おすすめサイトは以下の通り。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ひろば
保育ひろば
約10,000件エージェント
ほいくジョブ
ほいくジョブ
約7,100件エージェント
保育情報どっとこむ
保育情報どっとこむ
約16,000件エージェント

他業種への転職を希望している方におすすめ

「保育士」に限らず、他業種への転職も視野に入れている場合は、いわゆる総合型の転職サイトへ登録するのがおすすめです。大手の転職サイトでは、大手から中小企業の様々な業種の求人があり、なかには未経験OKのものもあります。

以下、ご紹介するサイトはサイト型です。他業種へ転職を希望している人は、エージェント型だと求人を紹介してもらえない可能性もあるため、なるべくサイト型を利用し、幅広く見ていくと良いでしょう。

転職サイト名求人数特徴
リクナビNEXT約53,000件最大級の転職サイト
エン転職約6200件80%がエンのみ掲載求人
マイナビ転職約20,000件求人の質も良い

保育士転職サイトおすすめ【地域別】  

東京で保育士転職を考えている方におすすめ

東京で保育士転職を考えている人は、「東京の求人が多い」転職サイトを選ぶようにしましょう。比較的求人数には困らないものの、代わりに求人の選定をするのが難しくなってしまうため、「求人情報が豊富」なサイトを選ぶと転職もスムーズにいくでしょう

また、東京では「企業内の保育所」など、様々な職場環境を選べるため、「エージェント型」を選び、自分に合う環境を選択できるようにした方が選択の幅も広がります。東京の転職におすすめな転職サイトがこちら。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント
ミラクス保育
ミラクス保育のロゴ
約15,100件エージェント

大阪で保育士転職を考えている方におすすめ

大阪で保育士転職を考えている人は、もちろん「大阪の求人が多い」転職サイトを選ぶのが良いでしょう。首都圏に続き、大阪の求人数は多く集まる傾向にあります。お給料待遇も比較的良いと言えますが、残業時間などもしっかり確認した上で求人を見つけるのが良いでしょう

求人票にはない生の情報が手に入る「エージェント型」のサイトを選択した方が、自分に合う職場環境の求人を見つけることができます。大阪の転職におすすめな転職サイトがこちら。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント
ほいく畑
ほいく畑のロゴ
約4,100件エージェント

横浜で保育士転職を考えている方におすすめ

横浜は首都圏に入っていることもあり、首都圏を強みとしている転職サイトでは求人数も多くあります。東京と同じく求人が多い分、求人の選定に時間がかかってしまうため、「横浜の求人数が多いこと」かつ「情報量が豊富」な転職サイトを選ぶようにしましょう

また、それに加え「アドバイザーの質」も良いものを選ぶとよりスムーズな転職が実現できます。横浜の転職におすすめな転職サイトがこちら。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント
マイナビ保育士
マイナビ保育
約7,000件サイト/
エージェント

愛知で保育士転職を考えている方におすすめ

愛知県で保育士転職を考えている人は、「愛知県の求人数」が多い転職サイトを選ぶのはもちろんですが、「求人先の情報量が多い」転職サイトを選ぶようにしましょう。愛知県では、待機児童問題解消のため、園が増園されている地域です。しかし、求人倍率は首都圏と同じ水準となっています。

そのため、「エージェント型」の転職サイトを選び、アドバイザーにアドバイスをもらいながら転職活動を進めるのが良いでしょう。愛知の転職におすすめな転職サイトがこちら。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント
保育士ひろば
保育ひろば
約10,000件エージェント

兵庫で保育士転職を考えている方におすすめ

兵庫県で保育士転職を考えている人は、「兵庫県の求人数」が多い転職サイトを選ぶのはもちろんですが、「エージェント型」の転職サイトを選ぶようにしましょう。兵庫では、待機児童問題の解消に向け、園の定員を増やすなどの対策がされていますが、まだまだ解消に至っておらず、保育士ニーズも高いです。

そのため、園の状況など詳しく把握した方が入社後のギャップを埋められるため、多くの情報を持つ「質の良いアドバイザー」のいる転職サイトを選ぶのが良いでしょう。兵庫の転職におすすめな転職サイトがこちら。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント
マイナビ保育士
マイナビ保育
約7,000件サイト/エージェント

北海道で保育士転職を考えている方におすすめ

北海道で保育士転職を考えている人は、「北海道の求人数」が多い転職サイトを選ぶのが重要です。北海道は、他県に比べ広範囲になるため、全体的に求人数が多くても地域に偏りがある可能性があるため多いに越したことはありません。

また、倍率は首都圏より低く、人手不足の問題は落ち着いていると言えます。「エージェント型」の転職サイトで、いかに自分の希望にあう求人を見つけるかがキモとなるので、情報の質にも注目しましょう。北海道の転職におすすめな転職サイトがこちら。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント
ほいく畑
ほいく畑のロゴ
約4,100件エージェント

宮城で保育士転職を考えている方におすすめ

宮城県では、地方ながら保育士の求人数が多く、県全体で保育士確保に向けた対策がされている地域です。そのため、「宮城県の求人数」が多い転職サイトを選ぶこと、「エージェント型」で「求人の情報量が多い」転職サイトを選ぶのが良いでしょう。自分に合う転職先を選定するのには、アドバイザーの力を借りた方がスムーズに入園まで進めることができます。宮城の転職におすすめな転職サイトがこちら。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
保育士バンク
保育士バンクのロゴ
約35,300件エージェント
保育Fine!
保育Fine!
約17,000件サイト

広島で保育士転職を考えている方におすすめ

広島では、保育士ニーズが高く、一部地域では給与改善に向けた動きをしている地域もあります。待機児童は減少傾向にありますが、園の定員増加している場所も多いような状況です。「広島の求人数」が多いこと、さらには、「エージェント型」の転職サイトを選び、お給料の情報や職場環境の情報が得られるサイトに登録した方が、入社後のギャップも感じにずに働ける環境に巡り会えるでしょう。広島の転職におすすめな転職サイトがこちら。

転職サイト名求人数タイプ
保育士ワーカー
保育士ワーカーのロゴ
約45,000件サイト/エージェント
ほいく畑
ほいく畑のロゴ
約4,100件エージェント
保育情報どっとこむ
保育情報どっとこむ
約16,000件エージェント

保育士の転職における最新傾向

保育士の従業者数における推移

保育士不足が叫ばれ、待機児童の問題が上がり、保育士の働く環境も少しづつではありますが、変化してきています。地方などでも保育士確保に向けた動きがあり、保育士の従業者数も年々増加傾向にあります。2013年は約46万人の従業員数でありましたが、2018年には約59万人と大幅な増加をしています。しかし、まだまだ保育士不足を解消できていない地域も少なくありません。

その施策として、保育士資格を保有しながら保育士の仕事についていない「潜在保育士」に向け、積極的な情報提供も行っています。職場環境の改善の詳細や職場環境の様子など、比較的情報も得やすくなっている傾向にあります

保育士の有効求人倍率

保育士の有効求人倍率について見ていきましょう。そもそも、有効求人倍率とは、有効求職者1人に対し、何件求人があるのかを示す数値を言います。

この有効求人倍率は、ハローワークの「有効求人数」と「有効求職者数」を基に計算されています。つまり、有効求人倍率が1を上回ると、求職者数よりも求人数が多いということになり、「人手不足の状態」ということになるのです。逆にいうと、有効求人倍率が下回っていると有効求職者1人に対する有効求人数が少なく、就職が困難であると言えるのです。

さて、保育士の有効求人倍率はどうなっているのでしょうか。

保育士の有効求人倍率全体の有効求人倍率
2017年3.401.50
2018年3.641.61
2019年3.861.60
2020年2.291.05

全体と比較してもわかるように、保育士の有効求人倍率は高い傾向にあります。つまり、それだけ人手不足ということ。年数で見ていくと、2017年から有効求人倍率は増加しておりますが、2020年に入り下がっています。それだけ人手不足が解消してきたという証明にもなります。

ここでは、全国的な数値を見てきましたが、実は地域によって有効求人倍率は異なります。この有効求人倍率を参考にして転職活動をすると、自分の地域の保育士転職市場の状況が把握できるため、参考にすると良いでしょう。

参照:厚生労働省「保育士の現状と主な取組について」

保育士の転職を成功させる3つのポイント

働く条件をはっきりとさせる

保育士の転職を成功させるためには、働く条件を明確にしましょう。有効求人倍率を見てもわかるように、保育士の求人は多く、正社員や契約社員、パートタイムなど様々な雇用条件の求人があります。さらにいうと、幼稚園、保育園に限らず、様々な職場環境を選ぶこともできます。

このように、ただ「保育士になりたい」だけであると、転職先を選ぶのに多くの時間が必要になるだけでなく、運よく入園できたとしても「想像していたより自分にあっていなかった」と思うようになり、早期退職となってしまう可能性もあります。

自分がどのような環境で働き、どのように働いていきたいかを整理し、その条件に合う求人を見つけ、転職できれば、自分にとっても満足のいく転職が可能になります。自分の希望を整理するためには、きちんと自己分析を行い、「自分が何をしたいか」という視点ではなく、「将来どうしていきたいか」を意識して考えるようにすると整理しやすいでしょう

例えば、以下項目について自分できちんと整理すると、自分の軸を持って転職活動ができるようになります。

  • 雇用形態(正社員、派遣、パートなど)
  • 仕事内容
  • 勤務場所
  • 希望年収
  • 勤務時間(定時時間、残業時間など)
  • 休日(土日休みなど)
  • 職場環境(幼稚園、保育園、託児所など)
  • 職場の雰囲気(人間関係、従業員の雰囲気など)
  • 将来のキャリア

志望動機をはっきりとさせる

保育士の転職を成功させるためには、志望動機をはっきりさせておく必要があります。この志望動機は、園や企業が求職者とマッチングを図る上で重要視しています。

ただ、「保育士になりたい」だけでは、どの園でも実現することができます。「なぜその園を選んだのか?」が盛り込まれていないと、志望動機としては薄く、園側からも志望度が低いと認識されてしまいます。「なぜその園を選んだのか?」を自分なりに明確にするときに、「自分の経験やスキルがどのように高見で来るのか?」の視点を持ち、自分自身の言葉でまとめていくと良いでしょう

志望動機は書類選考だけでなく、面接でも聞かれる可能性が高い内容です。そのため、事前にしっかりと準備をしておく必要があります。自分自身の言葉でまとめることが大事ですが、「自分の言っていることが上手く伝わっているか」「内容がおかしくないか」など不安に思う人は、エージェント型の転職サイトに登録し、アドバイザーに相談してながら志望動機を作成すると、客観的な意見も聞くことができるので安心です。

保育士転職サイトやエージェントをどちらも活用する

保育士の転職を成功させるためには、転職サイトとエージェントの両方を併用して転職活動するのがおすすめです。転職は一社に縛られず、様々な園や企業をみて決めていくと転職の成功に繋がりやすくなります。そのため、自分の希望に合う求人を何社が応募すると良いのです。しかし、転職サイトのみ、エージェントのみだとその可能性もその分狭めるという結果になります。

転職サイトでは、自分の条件を検索し、自分自身が良いと思った求人に応募し、選考を進めることができます。エージェントは、自分で求人を選定することがでいないものの、非公開求人を持っており、さらには求人票に掲載されていない情報も求職者に提供してくれます。

両方にそれぞれメリットがあるため、転職活動をスムーズに進めていくためには、転職サイトとエージェントの両方を併用するのが良いのです。

保育士の転職サイトとエージェントの違い

負担が減る

そもそも、保育士「サイト型」と「エージェント型」転職サイトの違いとはなんでしょうか。

「サイト型」は、自分で求人の条件を検索し、直接企業や園とやりとりを行います。しかし、「エージェント型」は、求職者に代わり、アドバイザーが求人を探し、園や企業とのやりとりを行ってくれます。そのため、「エージェント型」を活用すると、求職者の負担を減らすことができるのです。

転職活動には時間と忍耐が必要となります。仕事しながら転職活動したい、転職活動に使う時間がないなどの人には、エージェント型の転職サイトが強い味方となるでしょう。

履歴書の添削や面接対策をしてくれる

「サイト型」では、求人の検索、園や企業とのやりとりを全て自分自身で行います。その際に、履歴書や職務経歴書の提出、面接の日程調整なども全て自分で行わなければなりません。一方で、「エージェント型」では、園や企業に提出する履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれるだけでなく、面接対策を実施してくれるメリットがあります。転職活動が初めてな人だけでなく、選考通過のためにアドバイスをしてくれる人がいるということは、求職者にとっては願ってもないことではないでしょうか。

ご紹介したように実際に「エージェント型」を利用した方が、転職の成功に繋がりやすくなっている傾向にあります。実際に企業が転職エージェントに依頼している傾向にもあり、人気の企業や園などは、エージェント経由で人材募集をしているケースが多いのです。さらに、非公開求人を多く扱っていることからでもわかるように、求人数を多く持っていること、さらには、企業が求めている人物像を把握しているため、企業に合う求人をエージェント自信がスクリーニングしています。

アドバイザーの質にもよりますが、エージェントが紹介してくれる求人は、自身が園や企業が求めている人物像に近い位置にあると考えて良いため、成功率が高くなる傾向にあるのです

保育士の転職サイトに登録する時の流れ

サイト型の転職サイトの場合

「サイト型」の転職サイトで転職活動を行う流れをご紹介します。複雑なことはなく、誰でも簡単に登録することができ、ワンクリックで応募も可能です。基本的には以下の手順に沿って登録してきます。

  1. 希望の転職サイトの会員登録ページを開く
  2. 名前、メールアドレスを登録し、会員登録を済ませる
  3. 求人を検索する
  4. 希望にあう求人に応募する
  5. 企業からメッセージが届き、選考フローに従う
  6. 内定

企業への応募から、面接日程の調整、入社日の調整なども全て自分で行う必要があります。

「サイト型」には、会員登録時に自分の経歴を入力するものもあり、それを公開することでスカウトメールを受け取ることもできます。自身が登録したサイトにがどのようなサービスがあるかも確認しておくと、有効活用しながら転職活動を進めることができるでしょう。

エージェント型の転職サイトの場合

次に、「エージェント型」の転職サイトで転職を行う流れをご紹介します。「エージェント型」は、「サイト型」に比べ、登録から応募までに時間がかかってしまいますが、自分で作業する手間がないのが魅力です。簡単に手順をみていきましょう。

  1. 転職サイトの会員登録ページを開く
  2. 名前、メールアドレスを登録し、会員登録を済ませる
  3. キャリアカンセラーと面談の日程調整
  4. キャリアカンセラーと面談
  5. 求人を紹介してもらう
  6. 履歴書と職務経歴書の添削、面接対策
  7. キャリアカンセラーの指示に従い面接などへ
  8. 内定

自分で園や企業となりとりする必要がなく、複数の園や企業に応募したとしても窓口は担当のキャリアアドバイザーになります。キャリアアドバイザーが応募から、面接の日程調整、入社日の調整などを行ってくれるため、キャリアアドバイザーからの指示に従って動くようになります。

「サイト型」ともう1つ大きく違うのは、登録の際にカウンセリングを受けるという点です。最近ではWebでのカウンセリングも多くなっていますが、転職サイトによっては直接訪問したりするケースもあります。カウンセリングでは、主に以下のような内容をアドバイザーと共有し、転職活動をスムーズにいくようにしていきます。

  • 現在の保育士の転職市場状況について
  • 求職者のキャリアについて整理
  • 転職理由や退職理由についてヒアリング
  • 転職の希望条件
  • 求職者に強み
  • 求職者が不安に思っていること

アドバイザーは、共有された情報を元に求職者の希望にあった求人を探し、相談にも乗ってくれるのです。

保育士転職サイトにおける5個の活用術

事前準備は入念に行う

転職をはじめる前に、事前準備を入念に行いましょう。事前準備を入念に行うことで、転職の自分軸を持つことができ、選択を悩んだ時でも、自分にとってベストな選択がしやすくなります

転職サイトを登録するタイミングに合わせ事前準備を行うと良いでしょう。事前準備は具体的に以下項目について整理すると、転職活動期間は困ることなく計画的に進めることができます。

  • 自己分析を行っておく
  • 転職条件のおいての優先順位を決めておく
  • 転職活動の期間を決める
  • 転職活動期間を元に資金計画を立てる

「エージェント型」の場合には、事前準備もカウンセリングの段階で手助けしてくれるため、アドバイザーを頼ってみるのも1つの方法です。

イベントを活用する

新卒採用で就職フェアやイベントに参加した経験はありませんか?

実は、転職活動でも転職フェアやイベントが定期的に開催されています。この転職フェアやイベントに参加すれば、企業にエントリーしていなくても、直接企業の人事担当者や責任者に会うことができ、話を聞くことができます。百聞は一見に如かず。求人票を眺め、Webサイトで情報収集しても、担当者と直接話をすることで、求職者にとってはより有益な情報を得られることになります。

イベントは無料で参加できます。ただし、イベントの主催が転職サイトを運営している会社であるケースが多いため、会員限定などの参加条件などが設定されている場合があります。イベントに多く参加したいと思ったら、イベントを定期的に開催している転職サイトに登録しておくようにしましょう。

エージェント型の転職時期は「今すぐ」

「エージェント型」の転職サイトで、アドバイザーとのカウンセリングを実施する際、聞かれるのが転職時期。自分の計画を素直に伝えることも問題ありませんが、余程の理由がない限りは、「良いところがあればすぐにでも」と伝えておくと良いでしょう。

転職エージェントも紹介手数料で利益を得ています。エージェントとしても、利益をあげたいため、「良いところがあればすぐにでも」と回答する求職者を優先する傾向にあります。転職活動に積極的な姿勢を見せていれば、非公開求人や一押し求人を優先的に紹介してくれるのです。逆にいうと、転職活動に積極性ななければ、求人の紹介も消極的になるため、積極的な姿勢をみておくためにも「良いところがあればすぐにでも」と答えるのが良いのです

転職エージェント型では経歴や資格の有無は正直に伝える

「転職を有利に進めたい」「自分の希望の園に入りたい」という思いから、キャリアアドバイザーに虚偽の情報を出してしまう求職者もいるようです。いくら転職に焦っているからと行って、嘘の情報を出してしまうと、入社後に苦労することになります。自分の実力が発揮する機会も得られず、結局は早期退職に繋がってしまうのです。

また、アドバイザーに虚偽の情報を伝えることで、後から話と違うと気づかれてしまい信用がなくなってしまう可能性もあります。一度信用がなくなってしまうと、求人も紹介してもらえなくなります。転職を成功させるためにも、自分の経歴や資格は正直に伝えるようにしましょう。

転職エージェント型では担当のキャリアコンサルタントは変更OK

「エージェント型」の転職サイトに登録すると、専任のキャリアコンサルタントが決まります。キャリアコンサルタントとのやりとりがメインになるため、できるだけスムーズにコミュニケーションを取りたいと思うのではないでしょうか。コンサルタントと話をしても「うまく意思疎通ができない」「話が通じない」ということもあります。この場合は、コンサルタントの変更を申し出れば、担当は変更してくれるため、遠慮せずに申し出るようにしましょう。

また、キャリアコンサルタントによっては「営業職に強い」「事務職に強い」など強い分野を持っている人もいます。総合型のエージェントを選ばない限りは、「保育士」の業界に幅広い視点を持つコンサルタントがつきますが、「保育士」の業界に強いコンサルタントを希望すると、より転職市場について詳しい話を聞くことができます。

保育士の転職サイトに関するQ&A

無料で利用できますか?

保育士転職サイトは、サイト型でもエージェント型でも無料で利用することができます。エージェント型は、求職者を企業に紹介することで紹介料をもらうビジネスモデルとなっています。そのため、求職者自身は金銭を支払うことなく、無料で転職サポートを受けることができます。

また、転職サイトによっては仕事説明会やセミナーなどを定期的に開催しているところもあり、そういった仕事説明会やセミナーも無料で参加できます。

スカウトサービスって何ですか?

スカウトサービスとは、あなたに興味のある、園や企業から求人の案内がメールで届くサービスを言います。あらかじめ、あなたの経歴をサイトに公開し、そのサイトからあなたの経歴を見た園や企業の採用担当者が、直接連絡を取ってくれます。

あなたに興味があり、一度話をしたいと思っている園や企業からのアプローチになるため、転職もしやすいため、年々利用者が増えているサービスです。自分でも思いがけない所からスカウトが届く場合もあるため、求人の幅を広げるため一度登録してみるのも良いでしょう。

担当の人に求人紹介をしてもらうことはできますか?

エージェント型の転職サイトでは、担当者が求職者へ求人を紹介してくれます。「自分で求人を見つける時間が取れない」など、忙しい人には便利です。それだけでなく、アドバイザーから客観的にみて、あなたに合う求人を見繕ってくれるため、自分とは違う視点で求人を探してくれます。その結果、求人の幅を広げることができるのです。

エージェント型ではアドバイザーが求人票には乗っていない様々な情報も提供してくれるので、ぜひ一度登録してみるのも良いでしょう。

まとめ

保育士の転職活動を成功させるには、自分にあう転職サイトを見つけるのが重要です。「サイト型」「エージェント型」を併用し、なるべく多くの求人をみることで、自分に取ってどのような求人があっているかもわかるようになってきます。

今回ご紹介した転職サイトは、求職者にとって有益な情報を提供しています。これらの転職サイトを参考に、自分に合う転職サイトを選定、転職活動を成功に導くようにしましょう。

記事執筆者のプロフィール

経済産業省が推進する「雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援」を活性化させるため、優秀な人材を採用して成長したいとする企業と、社会に出て活躍したいとする人材との転職活動を支援している。【通称:DREAM-MATCH PROJECT ドリーム・マッチ プロジェクト】

このサイトでは、DREAM-MATCH PROLECTの参画企業のなかから注目の企業を記事形式・おすすめランキング形式で紹介しています。日本中のキラリと光る企業や、あなたが気になる企業を転職目的でさがしてみよう!さらに、DREAM-MATCH PROJECTが提供するコンテンツでは、中小企業の魅力や履歴書の書き方、面接のポイントなども公開中。

目次
閉じる