MENU

女性におすすめな転職エージェント・転職サイトランキングTOP8【2021年最新比較版】

女性の場合、出産などのライフイベントがある分、「女性は転職しづらい…」と感じていませんか。

実は、あなたにぴったりの転職エージェントを選べば全くそんなことはありません!

そこでこのページでは、転職のプロとして実際に数多くの看護師の転職を成功に導いてきた「転職.jp」の編集部が、転職サイト利用経験がある「幅広い年齢や業種、年収帯の女性2,038人」への独自アンケートをもとに、「本当に女性が満足できる転職サイト・転職エージェント」をご紹介します!

このページを最後までご覧になることで、女性におすすめな転職サイト・転職エージェントを見つけることができるため、理想の職場を見つけやすくなるでしょう。

目次

女性向け転職サイトの選び方

女性はキャリアを積むのが難しい傾向にあります。そのため、転職サイトとしては「マイナビAGENT」や「リクルートエージェント」などの、「エージェントタイプの転職サイト」を使うことをおすすめします

なぜならば、エージェントタイプの転職サイトは①求人数がかなり多い、②徹底サポートをしてもらえるというメリットがあるからです。

例えば、「リクルートエージェント(エージェントタイプ)」と「リクナビNEXT(求人タイプ)」は同じリクルートが運営していますが、「リクルートエージェント」の方が公開求人数が2倍以上多いのです。

また、エージェントタイプの転職サイトであれば、サイトには掲載されにくい「非公開求人」も扱っています。よって、求人型サイトよりも多くの求人数の中から次の転職先を探すことができるでしょう。

さらに、エージェントタイプの転職サイトには「求人紹介から内定後のサポートまで徹底して行ってくれる」という魅力もあります。

エージェントタイプ転職サイトがしてくれるサポート
  • 面談
  • 求人紹介
  • 選考のサポート
  • 内定後のフォロー

このように、「隙のない手助け」をしてくれるので、女性の方でも転職活動を無理なく・迅速に行うことができるでしょう。

一方、「求人タイプの転職サイト」の場合、選考対策などは基本的に全て自力で行う必要があります。「何回か転職して慣れている」という方であればそれでも大丈夫かもしれませんが、特に初めて転職する女性などにはやはり向かないと思います。

そのため、これまで「求人タイプ」の転職サイトしか利用してこなかったという女性の皆さんも、まずは最低1社「エージェントタイプ」の転職サイトに登録することをおすすめします。

なお、エージェントタイプの転職サイトにも色々なタイプがありますから、できれば2~3社くらい登録しましょう。

それでは、ここからは女性におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介していきます。これからご紹介する転職サイトはもちろん、エージェントもすべて無料で利用できるので、まずはご自身の転職について相談してみてはいかがでしょうか。

女性におすすめな転職エージェント・転職サイトランキングTOP8

おすすめ第1位 第二新卒AGENTneo

第二新卒や高卒、フリーター向けの就職 / 転職支援サイト

  • 専任の就活アドバイザーがあなたのお話をしっかりと伺い最適なキャリアプランニングをお手伝いいたします。
  • 一人一人に合わせた自己PR・志望動機作成で、選考通過率をアップさせます。 人事目線での模擬面接により、実践に近い経験を多く積むことができます。
年代20代 30代 40代 50代
地域全国対応 地域特化
利用者年収600万未満 年収600万以上
得意分野総合型 業界特化型
平均年収アップ額公開求人数非公開求人数対応エリア
??10,000件非公開全国

おすすめ第2位 リクナビNEXT

求人情報から、自分では探せない「ぴったり」を抽出。

  • 独自の高精度AI が「あなた」をトータルに分析。
    その結果を元に、 巨大なデータベースの中から最適な求人を選び抜いてオススメします。
  • 魅力的な企業を「気になる」に登録。
    すると、その企業からあなたの元に連絡がくる場合も。
年代20代 30代 40代 50代
地域全国対応 地域特化
利用者年収600万未満 年収600万以上
得意分野総合型 業界特化型
平均年収アップ額公開求人数非公開求人数対応エリア
34万円5,100件以上80,000件以上全国

おすすめ第3位 レバテックキャリア

IT/Web系のエンジニアに特化した転職支援サービス

  • IT・Web業界に特化しているからこその4,000件を超える求人登録数を誇ります。レバテックだけの非公開求人数も多数あります。
  • 専門用語はもちろん、最新技術の話が通じます。パーソナリティや志向性に合った求人を提案し、年収290万アップの実績がございます。
年代20代 30代 40代 50代
地域全国対応 地域特化
利用者年収600万未満 年収600万以上
得意分野総合型 業界特化型
平均年収アップ額公開求人数非公開求人数対応エリア
50万4,000件以上非公開関西/関東/福岡

おすすめ第4位 techclipsエージェント

ITエンジニアのための転職エージェント

  • TechClipsエージェントでは年収500万円以上の紹介企業が100%を占めています。
  • 高年収&高待遇に特化した求人をご紹介する転職エージェントサービスです。
年代20代 30代 40代 50代
地域全国対応 地域特化
利用者年収600万未満 年収600万以上
得意分野総合型 業界特化型
平均年収アップ額公開求人数非公開求人数対応エリア
100万約4,500件非公開東京・神奈川・埼玉・千葉

おすすめ第5位 type転職エージェント

首都圏に特化した転職エージェント!

  • 専任のキャリアアドバイザーが、あなたに合わせたキャリアカウンセリングを行います。
  • 「一都三県」の転職支援に強く、「IT・Web業界」「ものづくり業界」「営業職」「販売・サービス職」「管理部門」「ミドル・エグゼクティブ」「女性」領域の求人・転職ノウハウが豊富。
年代20代 30代 40代 50代
地域全国対応 地域特化
利用者年収600万未満 年収600万以上
得意分野総合型 業界特化型
平均年収アップ額公開求人数非公開求人数対応エリア
54万円3,100件以上7,600件以上関東

おすすめ第6位 ワークポート

“転職コンシェルジュ”による専門性の高い転職サポート

  • 各業界や職種に精通したプロの転職コンシェルジュの経験値と自社のマッチングシステムを掛け合わせることで、これまでにない高精度のマッチング。
  • まるでホテルの“コンシェルジュ”のようなきめ細やかなサポート 。転職コンシェルジュが、スムーズでストレスフリーな転職活動を実現します。
年代20代 30代 40代 50代
地域全国対応 地域特化
利用者年収600万未満 年収600万以上
得意分野総合型 業界特化型
平均年収アップ額公開求人数非公開求人数対応エリア
25万円15,000件以上非公開全国

おすすめ第7位 JAIC(ジェイック)

プロが厳選した企業20社に会える!

  • 履歴書や面接対策といった就活ノウハウだけでなく、ビジネスマナーや仕事に対する考え方など、就職してから困らない社会人の基礎が学べます。 費用はすべて無料です。
  • 中退者を専門に正社員就職のサポートを行う、日本でも数少ないサービスです。費用は完全無料で利用できます。 「中退した事実を自己PRに活用できる面接対策」などの就活ノウハウはもちろん、就職してから困らないビジネスマナーも学べます。
年代20代 30代 40代 50代
地域全国対応 地域特化
利用者年収600万未満 年収600万以上
得意分野総合型 業界特化型
平均年収アップ額公開求人数非公開求人数対応エリア
??非公開非公開東京/神奈川/埼玉/千葉/愛知/大阪

おすすめ第8位 DYM就職

第二新卒・既卒・フリーターの就職・転職支援が強み

  • 第二新卒・既卒の就職・転職に強い! DYM就職では、第二新卒・既卒向けの正社員の求人が多数あるため、今からでも正社員としての就活・転職が間に合います。
  • エージェントが就職・転職できるまで二人三脚! 寄り添う就活だから、無料で就職までサポートいたします。 だから、初めての転職や、就活も安心です。
年代20代 30代 40代 50代
地域全国対応 地域特化
利用者年収600万未満 年収600万以上
得意分野総合型 業界特化型
平均年収アップ額公開求人数非公開求人数対応エリア
??2,000件以上非公開東京/宮城/愛知/大阪/京都/広島/福岡

女性におすすめの転職サイトと転職エージェントにおける活用方法

女性が転職活動をする際は、まず転職サイトで気になる求人を見つけた後に、転職エージェントを通じて応募するといいでしょう

転職サイト・転職エージェントにおける活用方法
  1. 女性に強みを持った転職サイトに登録する
  2. 登録した転職サイトで求人情報を検索する
  3. 気になった求人を見つけたら、転職エージェントに伝える
  4. 転職エージェントから推薦状を書いてもらい、求人に応募する

上記の活用方法のメリットは、単純に転職サイトから応募しただけでは落ちてしまう可能性がある求人にも、転職エージェントから推薦してもらうことで内定を取りやすくなるということです。

実は、転職サイトに求人を掲載している企業は、応募者に対して学歴や転職回数などのフィルターをかけているため、転職サイトからの応募では機械的に落とされてしまうことがあります。

特に、派遣や契約社員から正社員になりたい方や休職期間がある方には、上記の方法をおすすめします。

転職サイト・エージェントを活用する際の注意点

転職サイトと転職エージェントにおける活用方法がわかったところで、ここからは転職サイトと転職エージェントを活用する際の注意点を解説していきましょう。

スカウト利用の場合、2週間に1回連絡を入れる

転職サイト側は、企業から連絡が入ると、「データベースから条件に合う登録者を探す」という行動をします。

もちろん「条件に合う登録者全員と話す」ということはせず、基本的には「更新日が新しい順に上位○人に連絡する」というシステムを採用しています。

転職サイト側は「更新日が古い(最終連絡日が古い)ということは、もう転職に成功しているのかもしれない(もしくは転職へのモチベーションが低い可能性がある)」とみなします。

そして、「連絡を入れない人」の優先順位を下げていき、そのうち「案件紹介連絡」をしなくなります。

どれだけ条件にピッタリ合っていても、連絡をしないでいると後回しになるかもしれないので気を付けましょう

転職のタイミングは最短可能日程で伝える

転職サイトのキャリアコンサルタントは、「少しでも自分の売上を伸ばしたい」と考えています。

コンサルタントとの最初の面談で間違いなく「いつ転職したいですか?」と質問されます。これに対しては、「条件に合うところがあれば一刻も早く転職したいです」などと言うことをおすすめします。

そうするとコンサルタントは「この人は売上に貢献してくれそう」と判断して、優先的にサポートしてくれるようになる可能性が高いです

ただし、今のお仕事の受け継ぎ・退職手続きなどもあると思います。

その点はきちんとコンサルタントに言っておきましょう。コンサルタントからすれば、「すぐに転職するつもりのある人はありがたいものの、浮足立っている人は不安」です。

担当するコンサルタントをシビアな目でみる

転職サイト側は「ビジネス」でやっています。そのため、「知識面で不安」「相性が悪い気がする」などのことがあれば担当コンサルタントの変更をすることをおすすめします

一番良くないのは「自分に良くしてくれるコンサルタントさんだから変えるのは忍びない」などと考えることです。「転職に成功したい」という強い意思がある人ほど、「『仕事の一環』として自分に接している人なのだから、情をうつさない」という意識で臨むべきでしょう。「担当変更申請」はメールで行えますから、緊張もしないはずです。

そして、どうしても担当変更ができない・しにくいのであれば、他の転職サイトを利用しましょう

経歴に嘘をつかない

「この人の登録情報と、現在の登録情報にズレがある……」という事態は、コンサルタントからすると日常茶飯事です。

これでも案件を紹介してくれる場合が多いですが、転職サイトからすれば「ウソをつく危ない人」でしかありませんから、案件数を少なくしたり種類を絞ったりする可能性が高いです。

特に女性の中には「しばらく専業主婦をしていたため、経歴に自信がない」などという方もいるかもしれません。

ですが、絶対にウソはつかないようにしましょう。

推薦文は必ずチェックする

「あなたの推薦文(200~1000字程度)」をコンサルタントが作ってくれるものです。

ただ、この推薦文はコンサルタントによって差が出やすい部分です。実力のないコンサルタントとなると、「単に経歴をそのまま記入しただけ」などとなる可能性があります。

そのため、「面接の前に確認しておきたいですし、私自身を振り返りたくもあるので、作成した推薦文をお送りいただけますと幸いです」などと頼むことをおすすめします

同じ求人に複数の転職サイト・エージェントから応募しない

企業側からすれば、「複数の転職サイト・エージェントから応募してくる人」は、自社を軽視しているようにしか思えません。そして転職サイト側に、企業から「別の転職サイトからも話がきています」と報告が入ることでしょう。

当然、その企業に採用されることはまずなくなります。

また、「そういう人をこれ以上担当するのはちょっと……」という事で、担当コンサルタントが変わる可能性さえあります。

 女性の転職成功率を上げるポイント

ここからは、女性の転職活動を成功させるポイントをご紹介していきます。

転職の全体像を把握してスケジュールを立てる

女性の転職活動において、まず最初にやることは、転職の全体像をしっかりと把握してスケジュールを立てることです。そうすることで、転職活動のモチベーションが上がったり、転職活動が長期化することを防げたりすることができます。

実際に、転職の全体像を理解していなかったことで不安を抱える方やスケジュールを立てていないことでスムーズな転職活動ができない方も多くいらっしゃいます。中には、ご自身が思うような転職活動ができないことによってストレスを抱えてしまい、転職すること自体を断念する方もいます。

そうならないためにも、まずは転職の全体像をしっかりと理解してスケジュールを立てるようにしてください。具体的な方法としては、転職を完了させたい時期から逆算して考えるといいでしょう。

女性の転職にまつわる全情報を集める

転職にまつわる情報を集めることも転職成功率を上げるポイントになります。

例えば、転職サイトや転職フェアを利用したり、口コミサイトを利用したりして、「どのような転職先があるのか」「実際に女性が働きやすい職場なのか」などを調べるといいでしょう。

特に業界全般を知りたいのであれば、転職サイトに登録することをおすすめします。転職サイトでは、それぞれの業種や職種にまつわる情報を幅広く掲載しているので、転職したい業種や企業がまだ決まっていない方は、転職サイトをチェックしてみましょう。

女性の転職でよくあるQ&A

派遣しか経験がなくても、正社員に転職できますか?

可能です。なぜなら、「この人はこれまでどのような経験を積んできて、自社に対してどのような貢献をしてくれそうか」というのが、選考において最も重要だからです。

「派遣社員として働く中で習得した技術や経験」は正社員採用においても武器になります。

面接の服装で指定されてない場合はスーツが良いですか?

服装に関する指示がなかったとしても、スーツにしておくのが無難です。グレーや黒でなくても構いませんが、「落ち着いたカラーリングである」ことと「上下が揃っていること」は守りましょう。女性の場合、「パンツを選ぶかスカートを選ぶか」という疑問も浮かぶでしょうが、これについては(特別な指定がない限りは)どちらでもOKです。

また、いわゆる「オフィスカジュアル」など少し砕けた服装で働いている企業の場合、面接においても「服装はなんでもいいです」「私服でどうぞ」などと言ってくる可能性があります。しかし、そういったときでも「ジャケット」など、「ビジネスマナーを守っていて、かつ清潔感がある服装」にしましょう。

現在育休を取っているのですが、職場に復帰するか、パートを始めるか迷ってます。

最初に「現在の職場の子育てサポート体制」や「全体的な職場環境」などを冷静に振り返ってみましょう。「育休が終わってから復帰した女性が非常に少ない」という場合は、「母親」が労働しやすい環境ではないのかもしれません。該当するのであれば、今の会社にこだわらず、パートなどを始めるという選択をするのもいいでしょう。いずれにせよ「仕事と子育てを両立しやすいかどうか」を念頭に置いて考えることをおすすめします。

子供がいる女性は転職に不利でしょうか?

「子供がいる」という事実だけで不利になることはまずありません。ですが、「子どもがいて、労働できる時間が限られている」というのであれば、転職先の選択肢はどうしても狭くなります。

しかし転職サイト・エージェントに相談すれば、あなたに見合った求人を紹介してくれることでしょう。そもそも「労働可能時間が限られているお母さん」はたくさんいますから、転職サイト・エージェントとしても慣れたものです。ご安心ください。

転職先に産休・育休制度があるのか不安です。

転職サイト・エージェントに聞けばその辺りのことは分かります。ただし、必ず「選考を受ける前の段階」で正確に把握しておきましょう。「細かいことは働き始めてから確認すればいい」などと考えていると、後悔することになる可能性が高いです。

また、育休・産休関連だけでなく、福利厚生やその他の待遇面についても全てきちんと知っておきましょう。

子育てをしながら正社員として働きたいのですが?

こちらについても「子どもがいるかどうか」は直接関係なく、「労働できる時間が限られているか」が問題となります。

例えば、「休日出勤はできない」「残業不可」などとなると、正社員採用をしてくれる企業は少なくなることでしょう。正社員採用をする以上、企業側は「自社に対してどれだけ情熱があるか、末永く安定して労働・貢献してくれるか」という目線で選考します。

したがって、「子どもはいますが労働条件は必ず満たしますし、全力で働きます!」という旨の自己PRをすると有効かもしれません。

資格を持っていると転職で有利ですか?

「資格があるに越したことはないものの、一番重要なのは実務経験である」と考えておきましょう。したがって、これからなんらかの資格を取る場合は、「実務経験に活きそうなもの」に絞ることをおすすめします。また、既に資格をお持ちの女性は、それによって採用において有利になりそうな転職先を探すのも一つの手です。

ただ、資格取得で時間を無駄遣いするのは本末転倒です。それよりも「転職サイト・エージェントへの相談」に時間を割くことを推奨します。

女性の転職まとめ

女性の人生では、出産や育児、介護など様々な出来事が起こります。そのため、多くの女性が今後のために育児休暇や介護休暇などがしっかりと取れる企業で働きたいと考えているはずです。

しかし、転職サイトから直接応募しただけでは、きちんと休暇が取れるのかどうか企業に聞きにくい方もいらっしゃるでしょう。そのような方は、転職エージェントを活用して企業へ聞くことをおすすめします。

あなたの家庭事情をしっかりと理解してもらい、あなたにピッタリの求人を紹介してくれる転職エージェントに巡り合うことができれば、理想の転職先を見つけることができるでしょう。

ただし、転職エージェントは会社というよりも、担当してくれる人によるので「この人と合わないな」と思ったら、すぐに他の転職エージェントに切り替えるようにしてください。転職のプロとして実際に数多くの保育士の転職を成功に導いてきた「転職.jp」の編集部の経験上、自分に合わない転職エージェントを利用し続けることは時間の無駄でしかないという結論に至りました

転職は決してネガティブなものではありません。転職しようかどうかあと一歩が踏み出せないという方は、この機会に是非転職サイトや転職エージェントを活用して、良い転職をしましょう。

記事執筆者のプロフィール

経済産業省が推進する「雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援」を活性化させるため、優秀な人材を採用して成長したいとする企業と、社会に出て活躍したいとする人材との転職活動を支援している。【通称:DREAM-MATCH PROJECT ドリーム・マッチ プロジェクト】

このサイトでは、DREAM-MATCH PROLECTの参画企業のなかから注目の企業を記事形式・おすすめランキング形式で紹介しています。日本中のキラリと光る企業や、あなたが気になる企業を転職目的でさがしてみよう!さらに、DREAM-MATCH PROJECTが提供するコンテンツでは、中小企業の魅力や履歴書の書き方、面接のポイントなども公開中。

目次
閉じる