タクシードライバーの転職を成功させるための絶対に外せない5つのポイント

きつい、辛い、低収入のイメージがあるタクシードライバー職。
しかし、タクシードライバーとして未経験で転職し、高収入を得て、趣味を有意義に楽しんでいる人、つまり、タクシードライバーの転職を成功させた人は大勢います。タクシードライバーとして活躍するためには、自分にとって働きやすい環境を選び、実績を積んでいく必要があります。

それでは、成功を収めた人たちは、どのようにタクシー会社を選び、その人たちは成功のためにどのようなことをしているのでしょうか。タクシードライバーの転職を成功させるために絶対に外せないポイントをはじめ、タクシードライバーとしての心構え、転職するにあたりタクシー会社を選ぶコツを解説いたします。 

タクシードライバーの転職市場 

タクシードライバーは、若手ドライバーを求めている傾向にあります。その理由は、タクシードライバーの高齢化。定年制度が整備されている会社が多いものの、一般企業より定年が高く平均で65歳となっており、それ以上の年齢の会社もあります。長く勤められるメリットがありますが、それと同時にドライバーの高齢化が進んでいるのです。

現在、タクシー業界にもIT技術が導入され、配車サービスのアプリ化や、スマホ決済などニーズが高いことから広がってきており、IT技術を活用したサービスが主流となることが予想されます。そのため、IT技術を柔軟に使いこなせる若手ドライバーを求めている傾向にあるのです。 

タクシードライバーへ転職するメリット

タクシードライバーは、きつい、低所得のイメージがありますが、メリットも多くあります。タクシードライバーへ転職することで得られるメリットをご紹介いたします。 

プライベートな時間を優先できる

タクシードライバーは、隔日勤務の体制をとっている会社が多く、月の勤務日数が11日〜13日となります。自由に使える時間が多いため、趣味を優先させるなど、プライベートを充実させる時間の取り方が可能になります。 

実績が収入に直結する

タクシードライバーは、一般のサラリーマンとは違い、その日の実績が収入に直結する給与形態をとっています。そのため、自分の頑張りが給与としてわかりやすく反映されるため、やりがいがある職種であるといえます。 

人間関係に悩まない 

タクシードライバーは人間関係が狭い職種です。コミュニケーションを取るのは、乗客のみで、社内のコミュニケーションが少ないため、会社内での人間関係に悩むことが少ないのです。会社内での人間関係に煩わしさを感じている人にとっては、その気苦労がなくなるため大きなメリットとなります。 

未経験でも転職できる 

タクシードライバーへの転職は、未経験でも転職し活躍できるメリットがあります。現在タクシードライバーとして活躍しているほとんとは未経験からの転職です。未経験で知識やノウハウがなく転職しても、社員教育が充実している会社もあり、先輩ドライバーからアドバイスをもらえたりするため、未経験でも転職しやすい職種なのです。 

タクシードライバーになる心構え 

タクシードライバーの転職を成功させるためには、以下のような心構えが必要になります。タクシードライバーへ転職する前に、必要な心構えを確認しておきましょう。 

体が資本 

タクシードライバーは体が資本になります。タクシードライバーの給与体系は、その日の実績が影響することを紹介しましたが、体調を崩し、1日休みだけで月収が大きく減ってしまうのです。

また、隔日勤務の場合、朝から次の日の明け方まで勤務になるため、体調を崩しやすくなる要素もあり、タクシードライバーに転職するためには徹底した体調管理が成功の鍵となることを心がけておきましょう。 

日々努力が必要 

タクシードライバーとして、高収入を得るためには日々の努力が必要であることを心がけましょう。1日に少しでも多くお客様に乗車してもらうためには、人が集まる場所へ自ら趣き、集客を行わなければなりません。

また、効率よく目的地に到着することで、乗客数を増やすことにも繋がります。そのため、周辺地理や、信号の少ない道、人が集まる場所など日々観察して勉強していくことが大事なのです。 

お客様第一

タクシードライバーも接客業でもあるため、お客様を第一に考える必要があります。タクシーの乗客は、ビジネスマンや高齢者、旅行客など様々。それぞれの顧客ニーズに合わせ、コニュニケーション方法を変えるように心がけましょう。

例えば、ビジネスマンは社内でTELや仕事などをする人も多いため会話は少なめに、高齢者には乗車時に手を貸す、旅行客には会話でおすすめスポットを紹介するなど、対応することでお客様へ好印象を与えることができます。 

タクシードライバーほど、様々な人と関われる職種は少ないので、楽しむつもりで業務に取り組むとよいでしょう。 

土日祝は仕事 

タクシードライバーは基本、人が休みの時は仕事であると心構えを持っておきましょう。休日は出かける人が多く、タクシードライバーにとっても稼ぐチャンスが増える日です。そのため、土日や祝日、連休は出勤する気持ちでいるようにしましょう。 

タクシー会社を選ぶコツ

タクシードライバーの転職を成功させるためには、自分に合うタクシー会社を選択する必要があります。タクシー会社によってドライバーの待遇が異なるだけでなく、古い文化を重んじていたり、独特な社風があったりと、働きやすい環境かにも影響するため、慎重に選ぶ必要があります。以下項目に注意して選ぶようにしましょう。 

勤務形態

タクシードライバーには、「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤」の3タイプがあります。勤務時間帯は会社によって異なりますが、一般的には早朝〜夕方の昼日勤、夕方〜翌日明け方までが夜日勤、早朝〜翌日早朝まで(その後休日)の勤務を隔日勤になります。 
勤務形態は求人票などに記載があるため、自分に合った時間帯の勤務形態を選ぶようにしましょう。 

給与

タクシードライバーの給与は、歩合制となりますが、その歩合制にも種類があります。以下参考にし、希望する会社がどの形態を取っているか確認するようにしましょう。

  • A型賃金:基本給に歩合給と賞与が加算される 
  • B型賃金:完全歩合制
  • AB型賃金:基本給に歩合給と賞与が加算される、A型とB型の中間形態 

その日の売り上げが悪くても最低給与が保証されているA型賃金。基本給を超えた金額が歩合給として支給されます。最近では、A型をとるタクシー会社はほとんどない状況です。

一方、B型賃金は実績を積むほど高収入を得られる、最もわかりやすい形態。AB型賃金は、フレキシブルに給与を算出している携帯で、多くのタクシー会社で導入されています。

歩合給の一部をプールして賞与に分配するため、A型より営業成績が強く反映され、年間を通して安定しやすい特徴があります。 

会社規模 

タクシー会社の規模(大手4社か中小企業)によって客層も異なります。大手4社であれば、IT技術などの導入されて様々なサービスを持っていたり、中小企業であれば、地域密着型として実績を得ているなどがあります。自分の働きたいスタイルに合わせ、会社規模も検討材料とするとよいでしょう。

関連記事:タクシー会社で働くときは業界大手か中小のどっちがオススメか徹底比較

福利厚生

タクシードライバーとして転職するためには、会社の福利厚生を確認することも大切です。万一の事故保証や、普通第二種運転免許取得の補助の有無を確認すると共に、働くために不自由しない環境であるかもチェックしましょう。 

タクシードライバーへ転職を成功させるポイント 

タクシードライバーとして転職した後、活躍していくためには、以下のようなポイントを意識するとよいでしょう。 

場所を意識

お客様を獲得するためには、「自分がどこにいればお客様を乗せることができるのか」を考え行動するようにしましょう。そのためには、自分の前に空車のタクシーがない場所にポジションをおくようにします。なるべく自分以外のタクシーがいないスポットを開拓することで、競争がない場所で集客することができます。 

ターゲットの動きを予想 

時間帯によって適切なターゲットを絞ることもタクシードライバーとして活躍するために必要なポイントです。 

  • 朝:駅にて上り車線の通勤客をターゲットにする 
  • 日中:ビジネス街でビジネスマンを、高級住宅街で主婦をターゲットにする 
  • 夜:駅にて終電を逃した人や、繁華街では飲食後に帰宅する人をターゲットにする 

ターゲットが絞れたら、そのターゲットがどのような動きをするのか予測することが大切です。日中ビジネスマンはどこに集まるのか、食事後どこでタクシーを乗るのかなどを予測して、お客様の行動に合わせタクシーを待機させておくと、効率よく集客することができます。 

走行スピードを工夫する

タクシードライバーとして、一番致命的になるのがお客様に気づかないこと。走行中に手をあげて呼んでくれたにも関わらず、気づかず通り過ぎるケースも少なくないようです。気づきにくい理由は、走行速度が早いこと。お客様が手をあげるタイミングが合わないと見落としてしまいます。

そのため、空車の場合はゆっくり走行することを心がけましょう。ゆっくり走行することで、タクシーに乗りたいお客様のサインを見逃さず、アイコンタクトを取れるようになり、お客様に気づかないということがなくなります。 

集客へ繋がる動き

タクシードライバーは、走行中にお客様に見つけてもらうための行動をすることも大切です。例えば、信号待ちは先頭で待つようにすることで、横断歩道を歩く人に空車をアピールできます。

また、左車線を走行し、左折を中心にすることで、歩道側を走行できお客様を見逃すことも少なくなります。お客様にとって見やすい場所をキープするようにしましょう。 

イベント情報など敏感に 

タクシードライバーが集客するためには、情報が重要となります。イベントの開催情報や、ショッピングモールのセール情報など、人が集まる情報は積極的に集めるようにしましょう。情報を元に効率よく集客をすることができます。 

まとめ

タクシードライバーは、努力が成果がわかりやすく現れる職種です。そのため、一層やりがいを感じられることができます。より成果をあげるためには、タクシードライバーとして働きやすい環境であることが重要です。

自分に合うタクシー会社を選び、成功のポイントを実践すれば、タクシードライバーとして活躍する場が広がってゆくでしょう。