MENU

日本交通株式会社の評判や口コミを徹底調査した結果驚愕の事実が判明!

あなたがタクシードライバーへ転職したいと思った時に、業界最大手の「日本交通」は候補の一つに上がってくるのではないでしょうか。ですが、「日本交通のタクシードライバーは本当に稼げるのか」「実際に働いている人の生の口コミが知りたい」と思っている方も多くいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、多くの求職者の転職を成功に導いてきた「転職.jp」の編集部が、日本交通株式会社の評判や口コミを調べるべく、実際の利用者563人に独自アンケート調査を行いましたその結果判明した、驚愕の事実を解説していきます。

この記事の要点
  • 日本交通は車内に防犯パネルを設置していないので危ない
  • 理にかなっていない教育制度がある
  • 本社移動で給与が下がる可能性が高い
  • もっと仕事をするように頼まれる場合がある
  • 「営業所」ごとの差が大きい

結論から言うと、日本交通株式会社はおすすめできません。「ドライバーを保護する体制が整っていない」「体育会系で上下関係が厳しく、気が休まらない」などといった悪い口コミや評判が多く見られました。

そのため、「給料アップ・キャリアアップを目指したい方」「勤務環境が整っている会社で働きたい」という方は日本交通株式会社よりも「kmタクシー」をおすすめします!kmタクシーは「時間の融通がきく」「給料・福利厚生が充実している」「アットホームな環境で働ける」など日本交通にはない魅力がたっぷり詰まったタクシー会社です。

目次

日本交通株式会社の特徴

「日本交通株式会社」は90年以上の運営歴がある最大手のタクシー会社です。東京のみならず大阪でも事業を展開しており、成長率、売上、規模などにおいて業界第一位となっています。

そんな日本交通株式会社の特徴、評判、口コミなどを見ていきましょう。冒頭でも述べた通り、トータルで考えると「利用者からの口コミや評判はいいものの、社員として働くのはおすすめできない」です。

ユニークなサービスを展開している

日本交通株式会社は一般的なタクシーやハイヤーサービスだけでなく、

  • キッズタクシー
  • 陣痛タクシー
  • 観光タクシー
  • お花見タクシー
  • ニューノーマルタクシー

など、他のタクシー会社ではほとんど、もしくは全く見かけないサービスも展開しています。

また、「コロナ時代でも気軽に乗車できるタクシー」というテーマで、「ハイクオリティな空気清浄機を搭載したタクシーを使い、各所のお花見スポットを巡るプラン」なども用意しており、口コミも上々となっています。

さらには「新卒1000人採用計画」を打ち立てるなどして、特に「優れたホスピタリティ精神を有する人材」の確保に努めています。

日本交通株式会社からは、全体的に「幅広くにニーズを満たしていく」という気概を感じます。

稼ぎやすいと評判

「日本国内のタクシードライバー」という括りでの平均年収は350万円ほどであると言われています。しかし、日本交通株式会社のドライバーの平均年収はおよそ420万円となっています。また、「とにかく稼ぐ」という方針で働いているドライバーの中には、年収が600万円以上に到達している人もいます。トップクラスともなると年収は800~1000万円となります。

なぜ、日本交通株式会社ではこれほどまでに稼ぎやすいのでしょうか。その要因の一つに「歩合率が高い(60%)」ということがあります。「歩合と言われるとむしろ不安」という人も少なくないと思いますが、業界未経験から年収1000万円を突破している人もたくさんいます。

また、「初乗務から、月給30万円保証(3か月)」がありますので、全く経験がない人でも安心してタクシードライバーとして活動することが可能です。

乗客の確保のために工夫をこらし、実際に成功している

まず、日本交通株式会社は「無線配車」が多く、「無線により得られる乗客」が1日5件程度であると評判です。

さらに、

  • 「全国タクシー」というタクシー配車アプリのユーザーが多い
  • 日本交通株式会社系列のタクシーのみが利用できる「専用乗り場」が都内に45個ある

など、他のタクシー会社との差別化に成功していると言えます。

実際、「自分から乗客を確保しようとしなくても、乗客のほうから来てくれるので、高給を望まないのであればそれだけでも十分」という口コミもあります。

キャリアアップに関する選択肢が多い

日本交通株式会社は、「キャリアアップに関する選択肢がたくさんある」ということでも評判です。

具体的には、

  • エキスパートドライバー(介護、観光専門)
  • 高級車を扱うハイヤー乗務員
  • 運行管理者
  • 運行管理者
  • 系列会社の役職者(営業所所長など)

などを目指すことができます。

また、個人タクシー運営者として独立する人もいますし、もちろん「タクシードライバーとして稼ぎ続ける」ということも可能です。

女性が働きやすい環境

タクシー業界全体を見ると、まだまだ男性が多いです。

ですが、日本交通株式会社は女性ドライバーも積極的に採用しています。実際のところ近年、タクシー業界全体に対して、「赤ちゃんがいるので女性ドライバーを選びたい」「自分が女性だから、女性の運転手がいい」という声も寄せられるようになってきているようです。

また、日本交通株式会社は

  • 車両を女性同士のペアで利用できるようにする(ニオイ対策などとして)
  • 営業所に女性用ロッカー室がある(着替え用)
  • 育休明けは事務作業などの軽い仕事をしてから、だんだんと本格的に復帰できる

などの工夫もしています。

日本交通株式会社の悪い評判や口コミ

ここまで日本交通株式会社に関する良い評判・口コミを見てきましたが、悪評もかなり多くあります。

主なものを紹介していきましょう。

悪い評判・口コミ① 防犯パネルがない

多くのタクシー会社は、自社のタクシーに「防犯パネル」を設置しています。これは運転席に取り付ける板であり、このパネルがあることで、「乗客が、運転手に危害を加える」ということがしにくくなっています。

ですが、日本交通株式会社のタクシーには基本的にこの防犯パネルが設置されていません。そのためドライバーからは、「少し怖い」などと評判が悪くなっています。特に女性ドライバーの中には、不安を抱えたまま運転をしている人が少なくないようです。

実際、「タクシー運転手に対して良からぬことをしようとする人」は、どちらかというと女性ドライバーを狙う傾向にあると言われています。

そして日本交通株式会社としてはドライバーに対して、「乗客に対して大きな声であいさつをすれば問題ない」という教育をしているという噂があります。「小学生に対する、『不審者にこそ大きな声であいさつするべき』という指導」に似ていると思いますが、懸念が残ると言わざるを得ないでしょう。

先ほど「日本交通株式会社は女性ドライバーを積極的に採用している」と解説しました。それは確かな事なのでしょう。しかし、「その女性ドライバーを保護する体制」はあまり整っていないと言わざるを得ないのではないでしょうか。

悪い評判・口コミ② 前時代的な教育制度がある

日本交通株式会社に入社すると、まず養成所のようなところである「SKC」で講習を受けることになります。このSKCは評価が比較的悪く、特に「点呼で名前を呼ばれたら、大声で返事をする必要があるが、全力で返事をしてもやり直しになることがある」という口コミが気になりました。

もちろん接客業である以上は最低限のマナーは欠かせませんが、タクシー運転手の場合、お客様に対して大声で接する場面はほとんどないはずです。

ちなみに地理試験をクリアしたり二種免許を取得したりしてからSKCを卒業すると、3か月間の試用期間に入ります。

悪い評判・口コミ③ 「本社移動」になると給料が下がる

日本交通株式会社は「ほどほど」に仕事をしていても、月給30万円くらいは獲得できます。しかし、本社に移動すると給料が大きくダウンする可能性が高いです。

そのため、「キャリアップ」と「給料アップ」の両立がしにくいという少し歪んだ環境になっていると言えます。

ただ、本社に移動できるのは「1年につき1営業所から1~2人」です。

また、移動基準もはっきりしておらず、成績上位ではないドライバーが選ばれることもあるようです。それから、「新卒入社の社員」でないと、本社に移動することはほとんどできません。

特にキャリアップをしたいと考えている「転職で入ってきた社員」の中には、この点に不満を覚える人も少なくないようです。

悪い評判・口コミ④ 「もっと仕事をしてほしい」と頼まれる場合がある

特に正社員になってからは、休日にも連絡がきて「当日欠席が発生したのでカバーしてほしい」などと言われることがあるようです。

また、先ほども触れた通り、日本交通株式会社においては、のんびり働いていると月給30万円程度になる場合が多いです。しかし、どこかのタイミングで呼び出しを受けて、「もっと稼いでほしい」と頼まれるケースがあります。

「稼いでほしい」とはつまり「もっと働いてほしい」ということです。したがって、「マイペースで仕事をしたい」「一人暮らしなのでそれほどの高給は必要ない」などという人にとっては、対応に困ることでしょう。

もちろん建前としては「断るならそれでもいい」という事なのでしょうが、実際には「上の立場の人に頼まれると拒否しにくい」という声も見かけました。

悪い評判・口コミ⑤ 「営業所」ごとの差が大きい

営業所が多いタクシー会社にはありがちなことですが、日本交通株式会社も「営業所ごとの差が大きい」と言えます。

特に「人間関係」については、「アットホームで働きやすい」という口コミもあれば、「体育会系で上下関係が厳しく、気が休まらない」という声もあります。

あくまで本記事は「日本交通株式会社は推奨しない」というスタンスですが、もしも就職・転職を考えているのであれば、自分の地域の営業所の口コミ・評判をできる限り調べておくことをおすすめします。

日本交通株式会社はおすすめできない!

ここまで色々と解説してきましたが、結局のところ日本交通株式会社はおすすめできません。

様々なサービスを手掛けて乗客を確保していますし、新卒採用1000人計画・女性ドライバー積極採用、育休明けのサポートなど、色々と力を入れていることは確かです。

ですがやはり、

  • 防犯パネルがない
  • 理にかなっていない教育制度がある
  • 本社移動で給与が下がる可能性が高い
  • もっと仕事するように頼まれる場合がある

などのデメリットが大きすぎます。

もちろん、「日本交通株式会社のドライバーの中にも、労働環境や待遇に満足している方がたくさんいる」ということが口コミ・評判から分かります。

ですが、先ほどもお伝えした通り、「営業所による差が大きい」ため、期待すればするほど「自分の希望とのミスマッチ」に苦しむことになるかもしれません。

まとめ

日本交通株式会社の評判や口コミを紹介しました。一般利用者からは愛されているタクシー会社ですが、環境面・待遇面などに関する不安材料多いですから、ドライバーなどとして働くのはおすすめしません。

「高給を取りやすい」という魅力もありますが、「もっと長時間働くように」と頼まれる可能性もあります。そのため、「特にマイペースで働いて、それなりに稼げればいい」という人にとっては、向かないと言えるでしょう。

むしろ、「給料アップ・キャリアアップを目指したい方」「勤務環境が整っている会社で働きたい」という方は日本交通株式会社よりも「kmタクシー」をおすすめします!kmタクシーは「時間の融通がきく」「給料・福利厚生が充実している」「アットホームな環境で働ける」など日本交通にはない魅力がたっぷり詰まったタクシー会社です。

そんなkmタクシーの評判や口コミについて詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので是非参考にしてみてください。

記事執筆者のプロフィール

経済産業省が推進する「雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援」を活性化させるため、優秀な人材を採用して成長したいとする企業と、社会に出て活躍したいとする人材との転職活動を支援している。【通称:DREAM-MATCH PROJECT ドリーム・マッチ プロジェクト】

このサイトでは、DREAM-MATCH PROLECTの参画企業のなかから注目の企業を記事形式・おすすめランキング形式で紹介しています。日本中のキラリと光る企業や、あなたが気になる企業を転職目的でさがしてみよう!さらに、DREAM-MATCH PROJECTが提供するコンテンツでは、中小企業の魅力や履歴書の書き方、面接のポイントなども公開中。

目次
閉じる