MENU

同業他社へ転職!志望動機・例文の書き方をプロが解説

同業他社へ転職!志望動機・例文

「今までの経歴を活かしてキャリアアップしたい」「給与や待遇面など、今よりも良い環境に行きたい」このような理由で同業種への転職を検討している方もいるのではないでしょうか。

同業他社への転職をする場合、今までの経歴がプラスに働くため転職しやすいと思われがちですが、同業種だからこそ自己PRや志望動機など、転職理由を明確にしなければ転職を成功させるのは難しいです。特に、採用担当が応募書類に目を通す時間は1人あたり平均1分と言われているため、応募書類の志望動機にどれだけ熱意を感じられるか、好印象を持ってもらえるかが鍵となります

そこでこの記事では、転職のプロとして実際に数多くの求職者の転職を成功に導いてきた「転職.jp」の編集部が、同業他社への転職における志望動機の書き方・例文などのポイントについて例文付きでご紹介します。

【応募先に好印象】魅力的な志望動機を作成する方法

転職サイトに無料登録すると、転職業界に特化した専任アドバイザーが履歴書の添削や面接対策を完全無料でしてくれるので、応募先の内定を勝ち取る可能性がグッと高まります!

2022年9月のイチオシ転職サイトなら「リクルートエージェント」
● 転職支援実績No.1!業界トップの求人数を誇るので理想の求人が見つかりやすい!
● 応募書類の添削や面接対策だけでなく、年収アップのコツなども教えてくれる!
● 登録者のみが応募できる独自プレミアム非公開求人を紹介してくれる!
現在、高収入・好待遇の優良非公開求人が急増中!人気の求人はすぐに埋まってしまうので、見逃さないように今すぐ行動を始めることを強くおすすめします!

\ 2022年9月総合人気No.1 /
リクルートエージェントに無料登録する
【簡単60秒で登録完了】

目次

同業他社の転職で志望動機を伝える目的

採用選考の時に志望動機が重要であることは誰もが承知の事実だと思いますが、なぜ重要だと思われているのでしょうか。まずは志望動機を伝える目的についてみていきましょう。

企業が志望動機で知りたいこと

応募企業の採用担当は志望動機を通じて、応募者に対して「なぜうちの会社が良いのか」「なぜこの仕事なのか」「何がしたくてどうなりたいのか」ということを知りたがっています。

それは、「応募者がどれだけ企業に対して入りたいという気持ちが強く、どれだけその企業を研究し、興味を持ったのか」「応募職種に対して自己分析を通じて自分の将来について具体的に考えているのか」など、応募者の志望度や本気度を確かめるという意味があります。

応募企業が優秀な人材と判断し、内定を出したとしても志望度が低ければ、内定辞退や入社後に早期退職に至るケースも考えられるため、応募企業としては重要な確認事項の一つとなっています。

自己PRとの違い

志望動機は応募企業に焦点を当て、企業理念や社風、扱っている商品など、その会社でなければならない理由を伝えるため、自分のスキルをアピールするわけではありません。

一方で、自己PRは自分が今まで培ってきたスキルや資格を仕事に役立てられることをアピールし、応募企業が求めているレベル以上であることを伝える意味があります。

理想的な自己PRは、その企業の理念や考え方、求める人物像と今までの経験やスキルがリンクすることです。主軸は異なるものの、志望動機にもなり自己PRにもなる内容であれば良い印象を持ってもらえるでしょう。

同業種へ転職する際の志望動機を「書く」場合に意識すべきポイント

同業種への転職で志望動機を伝える時に、面接などで「話す」場合と書類に「書く」場合では、意識するポイントが異なります。ここでは、同業種へ転職する際の志望動機を「書く」場合に意識すべきポイントについてみていきます。

企業の理解度

その企業に入りたいという熱意が伝わらなければ良い志望動機とはいえません。同業他社への志望動機で意識するのは、その企業についてしっかり理解を深め、それを伝えることです。

求人情報や企業のホームページなどには、応募企業に関する情報が多く載っており、それらに目を通すことはマストといえます。その企業の情報を知った上で、その企業のどこに興味を持ったのか具体的に示し、応募企業でなければならない理由を考えます。

その企業の業種によりますが、提供しているサービスを購入して利用したり、関係する店に足を運ぶなど、直接サービスに触れることも大事です。とにかく知れる方法のすべてを屈指し、その企業の理解に努めることで良い志望動機が書けるのではないでしょうか。

求めている人材

中途採用の場合、ほとんどの企業は即戦力を求めています。そのため、20代後半から30代以降の転職になると、これまで積んできたキャリアや実績、持っているスキルが非常に重要になってきます。

即戦力ということは、当然ながら企業が求めているのは、今までの経歴で得てきたスキルレベルと企業が求めているスキルなどのレベルが一致している必要があるということです。

これらを志望動機で伝えるためにも、自己分析を行い、スキルの棚卸しをしてみることをおすすめします。

転職先に譲れない理由

志望動機によって応募企業への熱意が伝わったとしても、企業の価値観や方向性、スキルが伴っているかなど、活躍してくれる人材だと判断されなければ採用に至るケースは少ないでしょう。

自分本位な考えに偏らず、社員の一員になった後のイメージを持ちながら志望動機を考えると良いと思います。

同業種へ転職する際の志望動機を「話す」場合に意識すべきポイント

選考書類で志望動機を書いているからといって、面接時に「書類に書いてある通りです」と言って志望動機の深掘りをしないのは非常に残念です。

書いてしまうと長くなってしまう内容でも、話すことで短い時間でわかりやすくアピールが可能な場合もあるので、ここでは志望動機を「話す」時に気をつけるべきポイントをみていきます。

具体的なエピソードを加える

採用担当が書類に書かれている志望動機を事前に読んでいるのか否かはわかりません。しかし、どちらにせよ面接時で話す時は、書かれている志望動機を詳細に伝える流れを取り、採用担当が書類に目を通していない前提で話しておいた方が無難です。

できれば志望動機に書かれている内容を伝えたうえで、その詳細について具体的なエピソードを交えて話すことで、志望動機に信憑性がでます。

具体的なエピソードについては今までの仕事の経歴に沿っても良いですし、自分のこれまでの人生の価値観と結びつけても良いと思います。肝心なのは、自分が実際に経験して感じたことや思ったこととリンクさせることです。

話し方を意識する

社会人経験がある方の場合、ビジネスマナーや敬語丁寧語などの言葉遣いはできて当然だと思っています。そこで、それら以外の点に意識することが周囲と差をつけるという意味でも重要です。

話始めの時や話の途中に「え〜」「あ〜」といった言葉を連発したり、早口で全然聞き取れなかったりすると、どれだけ良いことを言っていても相手の耳には全く届きません。面接で話す時は落ち着いてゆっくりと話すことを意識し、いつもよりもはっきり話すことを意識しましょう。

なお、面接に自信がない方は転職サイトを使うことをおすすめします!面接の練習はもちろん、採用担当に好印象を与える志望動機の添削も完全無料で行ってくれるため、今よりも条件が良い職場に転職したい方は利用するといいでしょう。

\ 2022年9月総合人気No.1 /
リクルートエージェントに無料登録する
【簡単60秒で登録完了】

同業他社へ転職する際のNG志望動機

同業他社への転職を検討する場合、キャリアアップして年収を上げたり、働き方や福利厚生などの待遇面を今よりも良くしたいという思いで転職するケースが多いと思いますが、それを素直に伝えてしまうとあまり良い評価は得られません。

ここからは、同業他社への転職時に伝えてはいけない志望動機についてご説明します。

年収が上がる

収入は低いより高い方が嬉しいに決まっています。それは採用担当もそう思っているでしょう。しかし、それをそのまま伝えてしまうと、「その企業だからこそ志望している」という理由ではなく、「今よりも条件が良い会社に行けるから」という同業他社であればどこでも良いという捉えられ方に変わってしまい、採用担当に悪い印象を与えてしまいます。

もし面接などで収入について質問があったとしても、本音をすべて伝えたいという気持ちを抑え、「御社でなければ叶えられないことがあるのです」というスタンスを貫きましょう。

スキルアップしたい

仕事を通じてスキルアップしたい、勉強したいという理由は、一見素晴らしい理由のように聞こえますが、前面に出しすぎるのは危険です。

会社は学校ではないので、学ぶつもりで来られても困ってしまいます。あくまでもスキルアップする目的は、将来的にその企業の利益に大きく貢献するためであり、結果として自分のためにもなるというスタンスでいなければなりません。

どうしてもスキルアップを志望動機に盛り込みたい場合は、ノウハウを蓄積し、それを企業に還元するニュアンスで志望動機を考えましょう。

前職の職場環境がひどかった

転職活動をしている以上、前職に何かしらの不満があるのは明らかです。しかし、前職のマイナスな部分を伝えることで選考が有利になるのでしょうか。答えは「ノー」です。

退職理由を聞かれた時は、ネガティブな内容ではなく「キャリアアップ」「将来やりたいことがある」など、前向きな理由で退職を考えている旨を伝えましょう。

【応募先に好印象】魅力的な志望動機を作成する方法

転職サイトに無料登録すると、転職業界に特化した専任アドバイザーが履歴書の添削や面接対策を完全無料でしてくれるので、応募先の内定を勝ち取る可能性がグッと高まります!

2022年9月のイチオシ転職サイトなら「リクルートエージェント」
● 転職支援実績No.1!業界トップの求人数を誇るので理想の求人が見つかりやすい!
● 応募書類の添削や面接対策だけでなく、年収アップのコツなども教えてくれる!
● 登録者のみが応募できる独自プレミアム非公開求人を紹介してくれる!
現在、高収入・好待遇の優良非公開求人が急増中!人気の求人はすぐに埋まってしまうので、見逃さないように今すぐ行動を始めることを強くおすすめします!

\ 2022年9月総合人気No.1 /
リクルートエージェントに無料登録する
【簡単60秒で登録完了】

同業他社へ転職する際の志望動機を考えるポイント

同業他社への転職で志望動機を考える場合、どのような点に焦点を当てて考えれば良いのでしょうか。ここでは志望動機を考える際のポイントについてみていきましょう。

業種以外の特色に注目する

同業他社だからといって全く同じことをしている会社は存在しません。サービス業で顧客ターゲットを若年層やシニア層、男性向けや女性向けなど様々なケースが考えられますし、特定の業種に特化したWEBサービスを展開している同業他社もあります。

応募企業にどのような特色があるのか、求人情報や企業ホームページなどを見ることで把握できるので、企業研究を行ったうえでこれらの内容を盛り込むことで差別化を図れます。

志望する会社でしかできないことを伝える

同業他社で同じ職種への転職だったとしても、前職ではできずに応募企業でなければできないことがあるはずです。それらを見出すためには、そもそも自分が今後どのようなことをやっていきたいのか明確にする必要があります。

人生や仕事において今まで自分が行ってきたことの中で、楽しいと感じたこと。喜びを感じたりやりがいを感じたこと。長く続けられそうなことなど、自己分析を行い、自己理解を深めておきましょう。

経験やスキルとの共通点を伝える

同業種からの転職は、経験やスキルが活かせる可能性が高いため、有利に選考を進められます。しかし、どのような経験やスキルが応募企業に活かせるのか。具体的に伝えなければせっかくのアドバンテージを無駄にしてしまいかねません。

経験や、それにより身についたスキルの洗い出しを行い、具体的なエピソードを交えながら伝わりやすい志望動機にしましょう。

同業種・職種へ転職する際の志望動機・例文

ここでは、同業種・職種へ転職する際の志望動機を悪い例文、良い例文の両パターンでご紹介します。

同業種・職種の志望動機【悪い例文】

まずは同業他社で前職と同じ職種への転職の際の悪い志望動機の例文です。

私は約5年間、営業職に従事してまいりましたが、①会社の業績悪化に伴って売上ノルマが急激に上がり、残業時間が増える一方で給与が下がるなど厳しい状況に置かれています。②貴社の商材は同業種の中でも高品質で人気が高く業績が安定しており、社風や福利厚生などにも魅力を感じ、応募に至りました。また、③社員研修などの教育制度が充実しており、貴社で勉強させていただくことで自己成長につながり、将来的に成長できると考えています。

①会社の業績悪化に伴って〜厳しい状況に置かれています。

たとえ退職理由が残業時間や給与が下がるといった理由だったとしても、それをそのまま伝えるのはマイナスのイメージしか持たれないためNGです。時には正直は高評価を得られますが、不満以外の前向きな理由を心がけましょう。

②貴社の商材は〜応募に至りました。

退職の理由と一致はしていますが、正直に伝えすぎですし、応募企業でなくても良い理由になってしまっています。応募企業だからこそ実現できることを志望動機に盛り込みましょう。

③社員研修などの教育制度が〜将来的に成長できると考えています。

一見、ステップアップをしたいという意欲や向上心を感じられますが、会社は学校ではありません。会社の制度に期待して私欲を満たすような表現は避けましょう。

「貴社の教育制度を利用して成長することで、将来的には営業課長として部下の教育に携わり、貴社の利益に貢献できるような人材になりたいです」このような自分のためではなく会社のためというような表現の方がまだマシです。

同業種・職種の志望動機【良い例文】

次に、同業他社で前職と同じ職種への転職の際の良い志望動機の例文です。

私はこれまで約5年間、営業職として新規開拓営業に従事しておりましたが、会社の業績悪化に伴い事業縮小となり、新規開拓を一時的に廃止、既存顧客の管理が主な業務になりました。①私の能力はまだ未熟で、ストックを増やして利益に貢献できるスキルを身につけることを希望しています。②貴社の業務内容は、これまで私が培ったスキルを存分に活かせると思い、③即戦力として貴社に貢献できると思い志望いたしました。

①私の能力は〜希望しています。

業務がなくなったことによる不満というニュアンスではなく、専門性を高めて新規開拓に専念したいという明確な理由を示しています。

②貴社の業務内容は〜活かせると思い

応募企業で今までのスキルが活かせることを伝えます。具体性を持たせてできるだけ詳細を簡潔に書きましょう。

③即戦力として貴社に貢献できると思い志望いたしました。

中途採用には即戦力が求められています。学んでいくという姿勢ではなく、すぐに活躍できるイメージを持ってもらいましょう。

【応募先に好印象】魅力的な志望動機を作成する方法

転職サイトに無料登録すると、転職業界に特化した専任アドバイザーが履歴書の添削や面接対策を完全無料でしてくれるので、応募先の内定を勝ち取る可能性がグッと高まります!

2022年9月のイチオシ転職サイトなら「リクルートエージェント」
● 転職支援実績No.1!業界トップの求人数を誇るので理想の求人が見つかりやすい!
● 応募書類の添削や面接対策だけでなく、年収アップのコツなども教えてくれる!
● 登録者のみが応募できる独自プレミアム非公開求人を紹介してくれる!
現在、高収入・好待遇の優良非公開求人が急増中!人気の求人はすぐに埋まってしまうので、見逃さないように今すぐ行動を始めることを強くおすすめします!

\ 2022年9月総合人気No.1 /
リクルートエージェントに無料登録する
【簡単60秒で登録完了】

同業他社へ転職!志望動機・例文の書き方まとめ

同業他社への転職は有利に働くと考えられていますが、志望動機や自己PRはポイントを意識して考えなければかえってマイナスのイメージを持たれてしまうケースも考えられます。

自分に何ができるのか。将来的にどうしていきたいか自己分析を行ったうえでその条件を満たせる企業を探し、求人情報や企業ホームページなどの情報を基に、その会社でなければできないことやその会社だからこその特色を志望動機にしましょう。

中途採用は即戦力が求められます。今まで培ってきたスキルを洗い出し、応募企業で活かせるイメージを持ってもらえるように意識しましょう。採用担当を納得させる志望動機を考え、ぜひ良い転職を実現させてください。

なお、採用担当に好印象を与える志望動機を作成したい方は、転職サイトを利用することをおすすめします。転職業界に特化したキャリアアドバイザーが徹底的にサポートしてくれるので、応募先の内定を勝ち取る可能性がグッと高まります!

\ 2022年9月総合人気No.1 /
リクルートエージェントに無料登録する
【簡単60秒で登録完了】

目次