看護師転職サイトの正しい選び方を6つの基準で解説

転職活動をはじめる時は、転職サイトに登録する人も多いのではないでしょうか。転職サイトには、全国様々な求人が掲載されており、誰でも簡単に検索と応募ができるため、転職活動の強み味方でもあります。

現在、看護師に特化した転職サイトに限って言っても、約85も転職サイトがあります。その中から、自分に合う転職サイトを見つけるには苦労があります。

自分が使いやすい転職サイトでなければ、やり気を失いかねませんし、転職が成功しなければ、転職サイトを登録した意味が無くなってしまいます。

転職活動をスムーズに行うためには、どのように転職サイトを選べばよいのでしょうか。この記事では、看護師転職サイトの正しい選び方を6つの基準に基づいてご紹介いたします。

看護師の転職サイトを活用した方が成功率が上がる?

看護師の転職サイトを利用し、転職した人はどのくらいいるのでしょうか。

転職経験のある看護師550人のうち、実際に転職サイトを利用した人は約52%になり、半数以上は転職サイトに登録せずに転職活動をしているという実態があります。転職サイトにはメリットとデメリットがあり、このような結果が導き出されたのです。

転職活動の成功率に関して言えば、大きな差が生まれます。結果は以下の通り。

  • 転職サイトを活用しない場合の成功率 56.2%
  • 転職サイトを活用した場合の成功率 63.0%

この結果から、転職サイトを利用した人の方が転職活動の成功率が高いという結果が出ました。転職サイトを活用することにより、得られるメリットも大きく、転職サイトは活用した方がよいのです。

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトを選ぶ際は、以下6つのポイントに注目して選ぶようにしましょう。自分に合う転職サイトを見つけることにより、転職活動もスムーズに行うことができます。

看護師転職サイトの選び方1:求人数

登録する転職サイトを選ぶ際は、そのサイトの求人数に着目するようにしましょう。求人数は転職の選択肢を増やすために外せない要素となります。

転職サイトには、社名を公開しない非公開求人を含め、転職サイトにより、掲載されている求人数に違いがあります。求人数の少ない転職サイトでは、自分の希望に合う求人に巡り会いにくく、妥協しながら転職活動を行わなければならなくなる可能性があります。

しかし、求人数が多ければ自分が求める条件で求人を探しやすく、より条件の良い求人に出会える可能性が出てきます。

また、独占求人や非公開求人の有無も大事な要素です。独占求人や非公開求人は好条件の求人が多い傾向にあります。求人数が多く、独占求人や非公開求人も豊富な転職サイトを選ぶようにしましょう。

一般的には、3万件以上の求人を保有している転職サイトは規模が大きく、求人数が豊富でスムーズに転職活動がしやすいサイトと言えるでしょう。

看護師転職サイトの選び方2:転職実績

転職サイトを選ぶポイントとして、転職実績も重要な要素となります。多くの転職実績をもつ転職サイトであれば、転職成功に繋がるノウハウを多く持っているため、コンサルタントから適切なアドバイスを受けることができます。

また、実績のある転職サイトは、企業側や病院側から厚い信頼があるということにも繋がります。そのため、質の良い求人が集まりやすいという特徴があります。そのため、自分に合う求人が見つけやすくなるのです。

実績のある転職サイトは、年間利用者数が1万人以上である傾向になるため、年間使用者数について着目して選ぶようにしましょう。

看護師転職サイトの選び方3:対応地域

転職サイトが、希望勤務地に対応しているかを確認することも重要です。大手の転職サイトであれば、全国の求人を扱っているため、どのエリアの求人も扱っていますが、転職サイトによっては、関東圏のみ、東海エリア限定、関西エリア限定などといういうように、求人紹介を地域で分けている転職サイトもあります。

このように地域特化型の実績がある転職サイトであれば、病院との繋がりも強い傾向にあり、求人に関する様々な情報を提供してくれる可能性があります。

自分の希望する勤務地の求人が豊富にあるのか?という観点から求人サイトを選んでみることも、転職活動成功へ繋がって行きます。

看護師転職サイトの選び方4:希望する雇用形態

正社員や契約社員、パートタイムなど自分の希望する雇用形態の求人が豊富な転職サイトであるかもチェックする必要があります。希望の求人が少なければ、転職活動もスムーズに進まなくなる恐れがあります。

転職サイトを登録する前に、自身が希望する「雇用形態・妥協できない条件」などを整理した上で、登録する転職サイトを絞ると転職活動もスムーズに運ぶようになります。

看護師転職サイトの選び方5:顧客満足度の高さ

転職サイトを登録する際に、実際にそのサイトを活用した人のエピソードや感想などを参考にすると、そのサイトが自分にあっている転職サイトなのか、信頼できるサイトであるかを知ることができます。

そのために、転職サイトの口コミや評価を参考にするとよいでしょう。口コミの内容は全てよい評価が書かれている訳ではありませんが、よい口コミと悪い口コミを参考にすることで、その転職サイトの大まかな実態を知ることが出来るようになります。

また、口コミや評価の他に、顧客満足度は過去使用者へのアンケート調査でも知ることができます。アンケート調査には「自社調べによる調査結果」と「第三者機関による調査結果」があります。

自社調べによる調査結果も信頼出来るデータではありますが、より客観性のある評価を求めるなら第三者機関による調査結果を参考にすると、信頼性の高い評価を知ることができます。

これらの口コミや評価は、あくまで転職サイトを選ぶ際の参考とするようにしましょう。

看護師転職サイトの選び方6:サポート力

転職サイトを選ぶポイントとして、コンサルタントからのサポート内容や提案力などを基準に選ぶようにしますしょう。転職活動が初めてであれば、コンサルタントのサポート力を重視して転職サイトを選ぶと成功率が上がるようになります。

コンサルタントによっては、医療業界に精通していた経験から的確なアドバイスをしてくれるコンサルタントもいれば、そうでないコンサルタントもおります。また、履歴書や職務経歴書に関してアドバイスをくれるケースもあれば、そうでないケースもあるなど、コンサルタントや転職サイトによってサポート体制に大きな違いがあります。

また、それと同時にコンサルタントとの相性も非常に重要です。コンサルタントとの会話がうまくいかない、自分の希望とずれた求人を紹介してくるなど、コンサルタントとのコミュニケーションが上手くいかなければ、転職活動もスムーズに進みにくくなります。

転職サイトでは、コンサルタントについての口コミや、サイトによっては紹介も掲載されているため、参考にするようにしましょう。

看護師転職サイトを選ぶときの注意点

看護師の転職サイトを選ぶ際に、軸となるポイントを紹介しましが、さらに注意しなければならないポイントもあります。以下の3点に注意すれば、トラブルもなく安心して転職サイトを活用でき、スムーズに転職活動を成功させることが出来るようになります。

個人情報の管理体制が整っているか?

転職サイトへ登録する際、名前や電話番号、メールアドレスの他、これまでの職歴や年収など、個人情報を入力していきます。そのため、個人情報の保護体制がしっかりしている会社かを確認すると、より転職サイトを安全に活用できます。

多くの場合、個人情報取り扱いに関する規約に同意してから入力という工程を経て、個人情報を登録していきます。万が一の場合に備え、規約はチェックするようにしましょう。

また、「プライバシーマーク」の取得企業は個人情報に対する意識がより高い企業と言えるため、安心して転職サイトを登録できます。プライバシーマークがなくても、以下項目を確認しておけば安心です。

  • プライバシーポリシー(個人情報保護方針)が明記されている。
  • 会員登録時の情報送信が暗号化されている(URLが「http」ではなく「https」となっているか)

転職サイトの強みを把握する

転職サイトによっては、「20代の転職サポートが得意なサイト」や「高収入求人が集まる転職サイト」など、それぞれ強みがあります。

30代の登録者数が多いサイトには30代向けの求人が、20代の登録者数が多いサイトには20代向けの求人が集まります。そのため、自分の年代に合う転職サイトを選んでいかなくてはなりません。

また、高収入の求人は高いスキルが求められるケースが多く、背伸びしてしまうとミスマッチとなってしまい、転職が上手く進まなくなります。自分のスキルに合う求人が集まる転職サイトを選ばなくてはなりません。

転職サイトの強みに関しては、口コミや評価で確認することができます。

スカウト機能の有無を確認する

転職サイトによっては、自分の職務経歴を公開することで、病院からスカウトが届くスカウト機能が付いている転職サイトもあります。スカウト機能は、現職の病院名が公開されてしまうリスクがあるため、活用を控えたい場合は、非公開設定にするなどの対応をする必要があります。

転職サイトへ登録する前に、スカウト機能の有無を確認し、間違えずに設定するようにしましょう。

まとめ

転職サイトを活用すれば、転職の成功率が高くなるため、積極的に活用していくようにしましょう。また、転職サイトの選び方をご紹介した6つの基準に着目し、転職サイトを比較していくと、自分に合う転職サイトを見つけることができます。

さらに、複数の転職サイトに登録する場合でも、6つの基準を活用することができます。ご紹介した注意項目にも注意しつつ、転職サイトの強みを把握し、強みの異なる転職サイトへ複数登録することで、よりスムーズな転職活動ができるようになります。

自分に合う転職サイトを見つけ出し、転職活動を成功に導くようにしていきましょう。

希望に満ちた看護師

美容皮膚科の看護師になるには資格が必要?完全まとめ【2021年版】