MENU

    看護師のいじめが原因で辞めたい人続出!いじめの例や解決策を紹介

    看護師のいじめが原因で辞めたい人続出!

    社会人になっても「いじめ」はどこにでもありますが、医療現場、特に看護師の間でいじめは起こりやすいです。一般企業とは違い、人の命に関わる緊張感のある職場。そのような緊張感のなか、皆で協力して業務にあたる環境も多いですが、なかには人を蹴落として自分の評価をあげる人、人を見下す人もいるのです。

    このような看護師のいじめ問題は解決できるのでしょうか。この記事では、看護師の職場でいじめが多い理由を解説、「いじめっこ」看護師の見分け方やいじめの対処法についてもご紹介します。

    看護師のいじめが原因で仕事辞めたい方へ

    看護師の陰湿ないじめに耐える必要はありません!今の職場よりも良い職場はたくさんあります。背負い込みすぎて心の病気になってしまう前に、他の職場へ転職することをおすすめします!

    看護師イチオシ転職サイトなら「看護ルー(看護roo!)」
    ● 看護ルーでは、職場の人間関係や雰囲気などの内部情報を転職前にたっぷり教えてくれる!
    ● 応募書類の添削や面接対策、退職交渉や給料アップ交渉などもしてくれる!
    ● 登録者のみが応募できる独自プレミアム非公開求人を紹介してくれる!
    現在、年収600万円以上・年間休130日以上などの優良非公開求人が急増中!人気の求人はすぐに埋まってしまうので、見逃さないように今すぐ行動を始めることを強くおすすめします!

    \ 2022年5月総合ランキング第1位 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    目次

    看護師のいじめは多いって本当?

    組織や集団で仕事をしていくなかで、人間関係の悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。それは、看護師も同様です。上司や先輩からのパワハラや同僚からのいじめなど、職場の人間関係に悩む看護師も少なくありません。看護師のいじめが特に多いというわけではありませんが、以下の理由から発生しやすい環境であると言えます。

    緊張感がある職場

    看護師が従事する医療の現場では、少しのミスが人の命に大きな影響を及ぼしかねません。また、人の命と隣り合わせであるため、気持ちも気丈に持っていなければならない場面もあるでしょう。そのため、常に看護師も緊張感を持ち、気丈に仕事に邁進している人が多いという特徴があります。その環境の影響もあり、周りにも同じ業務レベルを求めてしまう傾向にあり「ミスをしてしまう」「周りの動きに合わせられない」などしてしまうと、イライラしてしまう看護師も多いのです。これがいじめの発端となってしまう要因となっています。

    多忙

    看護師の仕事は、夜勤もあり予期せぬ事態に対応しなければならないため、休憩も充分に取れないなど多忙を極めた職場環境となります。その影響から、仕事のストレスを溜め込んでしまう人も多いのです。仕事のストレスをしっかり解消できないと、イライラが募り短気になりやすく、周りへの態度も攻撃的になり、いじめに発展してしまうケースもあります。

    女性が多い

    看護師の職場は、女性が多い傾向にあります。女性は男性に比べ連帯感や承認欲求が強いとされています。女性は同じ感情や思考などを持ったもの同士でグループを作る傾向にあります。また、女性の中には、自分を高めるのではなく相手の評価を落とすことで承認欲求を満たす人もいるのです。これらの要因から、女性が多いことでいじめやパワハラなどに発展してしまうと考えられます。

    異動が少ない

    病院やクリニックには、大きい規模もあれば小さな規模もあります。特に、小さな規模の病院やクリニックでは、異動なども入れ替えもほとんどないため、既に強固な人間関係が構築されているケースが多くなります。新人や中途入社者にとって、そんな人間関係のなかに入っていくには時間がかかるもの。もちろん、周りから馴染めるようなフォローがありますが、逆に排他的な人もいます。それがいじめに発展する要因となっているのです。

    一概にご紹介した要因が全てとは限りませんが、これが「いじめ」発生の影響を及ぼしていると考えられます。

    看護師のいじめが原因で仕事辞めたい方へ

    看護師の陰湿ないじめに耐える必要はありません!今の職場よりも良い職場はたくさんあります。背負い込みすぎて心の病気になってしまう前に、他の職場へ転職することをおすすめします!

    看護師イチオシ転職サイトなら「看護ルー(看護roo!)」
    ● 看護ルーでは、職場の人間関係や雰囲気などの内部情報を転職前にたっぷり教えてくれる!
    ● 応募書類の添削や面接対策、退職交渉や給料アップ交渉などもしてくれる!
    ● 登録者のみが応募できる独自プレミアム非公開求人を紹介してくれる!
    現在、年収600万円以上・年間休130日以上などの優良非公開求人が急増中!人気の求人はすぐに埋まってしまうので、見逃さないように今すぐ行動を始めることを強くおすすめします!

    \ 2022年5月総合ランキング第1位 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    看護師いじめをするナースの見分け方

    いじめを回避するためには、いじめをする看護師を見分けて適切な対応をとっていくことが重要です。いじめをする看護師のよくある特徴について解説します。

    すぐに反応しない

    名前を呼んだり、話しかけたりしたときに、すぐに反応を返さない看護師は要注意。至近距離にいるにも関わらず、聞こえないフリをしたりする人は、排他的である可能性があるのです。また、呼びかけに応じたとしても「今でないとダメ?」など、いかにも面倒くさそう、友好的でなさそうな場合もいじめをする看護師によく見られます。

    目を見て話さない

    仕草や目線などの非言語コミュニケーションは、自分の気持ちを伝える手段です。非言語コミュニケーションのなかでも、聞き手の目を見て話すことは、相手に自分の気持ちを伝える上で非常に重要となります。この目を見て話さない人は、相手の話を聞く気がないという可能性が高いです。このような態度で相手と向き合うことをしない看護師は要注意。

    自信家

    仕事をする上で、自信を持った方が良い場合も多々あります。しかし、過剰な自信、自己評価だけが高い自信を持ってしまう人には注意が必要です。もちろん、その自信には自分の努力もあるでしょう。しかし、過剰な自信は、「そんなこともわからないの?」と相手を見下したり、「自分が絶対正しい」と相手の意見を聞けなくなるという態度を作り出してしまう可能性があります。そのため、過剰な自信家の看護師には充分注意するようにしましょう。

    他人の悪口を言う

    人の良い面を評価せず、人の悪い点ばかりを見つけ悪口をいう看護師は、いじめをする傾向にあります。その悪口を第三者にコソコソ吹き込み、同意を求めることで「共犯」を作り、相手より優位に立とうとするのです。人の悪い点ばかりに目がいき、それを外に吐き出している看護師がいたら注意するようにしましょう。

    人によって態度が変わる

    院長や医師など相手によって態度を変えることは悪いことではありませんが、あからさまに態度を変えている看護師がいたら注意するようにしましょう。例えば、院長や医師に対しては高い声で明るく対応しているにも関わらず、同僚や後輩に対しては声も低く、横柄な態度を取るなどする人は、あからさまに態度を変えている可能性があります。

    看護師のいじめの例

    ご紹介したように、看護師が働く職場は特殊であることから「いじめ」が起こりやすくなります。看護師はどのような「いじめ」に遭い頭を悩ませているのでしょうか。看護師が遭いやすい「いじめ」の事例をご紹介します。

    パワハラ

    上司や先輩など立場的に強い相手から「理不尽なことで叱咤される」「無理な指示をされる」などパワハラを受けるケースがあります。上司や先輩が強い立場を利用した嫌がらせをしてくる、業務範囲を超えた支持をしてくる、精神的な苦痛を与えてくるなども問題があれば、それはパワハラに当たります。例えば、自分だけ夜勤の頻度が多い、大量の業務を押し付けられるなどもパワハラに該当します。

    パワハラを受けた場合、そのままにしておくと心身ともに疲弊し、病気になってしまう可能性もあります。パワハラを受けたと感じたら、然るべき部署や機関に相談するようにしましょう。また、それと同時にパワハラを受けた証拠集めも大切です。ボイスレコーダーなどを活用して証拠集めも忘れないようにしましょう。

    悪口・陰口・無視

    周囲からの悪口や陰口、無視などのいじめは学生時代にもある「いじめ」の典型。これは社会人になってもよくある「いじめ」なのです。社会人になると「ミス」や「遅刻」などの働く態度をきっかけに「いじめ」が始まるというケースもあります。

    しかし、この理由であれば、自分自身で態度を改めることで改善できる可能性もあります。ただし、「性格の不一致」や「一方的な嫌悪」がきっかけであれば、改善しようもなく対応も難しくなります。このような態度を一方的に受けてしまい、業務に支障をきたしてしまうという例も少なくありません。

    仕事のミスを責める

    看護師の働く環境は、患者さんの命に関わるため常に緊張感を持って業務を行っています。その要因もあってか、「些細なミス」や「小さな失敗」を引き金に、いじめのターゲットにされてしまうケースも少なくありません。このターゲットとなってしまうのが新人だけでなく、長年勤務しているベテラン看護師もこれをきっかけに「いじめ」に合ってしまうケースも見受けられます。この「いじめ」の場合、その場のミスや失敗だけを咎めるに止まらず、難癖をつけてきたり、今までのキャリアを否定するような言葉を投げかけてくるなど、理不尽に攻めてくることが多いです。

    盗難・持ち物を隠す

    いじめのなかには、持ち物を盗む、持ち物を隠すなどの「いじめ」もよく見られます。上司や先輩に相談しても「自己管理」ができないとみなされてしまう可能性も少なくありません。実行した人が1人であれば、周りの協力を経て持ち物が見つかる可能性もありますが、実行した人が複数、同僚全員などであれば、持ち物を見つけるのは困難で、根本的な問題解決にも時間がかかるでしょう。

    新人いびり・転職看護師いじめ

    看護師の職場で多い「いじめ」が、新人いびりや転職看護師いじめです。「新参者」「外部者」として扱われがちな新人や転職看護師は、些細なミスや失敗をしてしまうことでいじめに発展してしまうケースも少なくありません。新人や転職看護師は、新しい環境で覚えることもたくさんあります。しかし、あえて指導役を付けない、ルールを教えないなど、失敗やミスを誘発するように仕向け、業務に影響を及ぼす場合も少なくありません。

    看護師がいじめにあった場合の解決策

    結論から言うと、いじめにあった時の1番の解決策は転職することです!看護の仕事は、他の病院でもできます。新しい環境で人間関係を築いていくことで、仕事も順調に進み、余計な悩みを抱えずに仕事をしていくことができます。

    人事部や担当部署、外部機関などに相談することも1つの方法ですが、正直に言うと、いじめを解決することは難しいです。それどころか、人事部や担当部署、外部機関に相談したことが噂になって、いじめがエスカレートする場合もあります。いじめは、「いじめられる側にも原因がある」とひどいことを言う人もいますが、いじめている側が1番悪いのです。そんな人間のことはきれいさっぱり忘れて、新しい環境でイキイキと仕事をしましょう。

    看護師のおすすめ転職サイトは下記の通りになります。看護師892人を対象に行った独自アンケートの結果をもとに、看護師の転職サイト98社を徹底比較した上で「看護師転職サイトおすすめ比較ランキング」にまとめました。職場の人間関係や雰囲気、給料・休暇・残業の実態、離職率やその理由などもたっぷり教えてくれる転職サイトもあるため、いじめから解放されて理想の職場へ転職した方も多くいらっしゃいます!

    看護師のいじめ問題!まとめ

    看護師のいじめについてまとめました。看護師に限ったことではありませんが、「いじめ」に悩む社会人も少なくありません。なかでも、看護師は特殊な職場環境であるため、「いじめ」に発展する要因が多く、「いじめ」に発展してしまうケースが多いのも事実。業務に支障をきたさないためにも、いじめをしやすい看護師を見分け、ある程度距離を保ちながら、いじめを避けるようにするのが良いでしょう。

    しかし、もしいじめに合ってしまっても自責の念を持たず、様々な解決方法があること、自分は選択ができることを覚えておきましょう。そうすることで、少しでも前向きに考えられ、「いじめ」によって心身を疲弊させることを避けることができます。これから看護師長い看護師人生を歩んでいくなかで、自分にとって良い選択をしていくようにしましょう。

    看護師のいじめが原因で仕事辞めたい方へ

    看護師の陰湿ないじめに耐える必要はありません!今の職場よりも良い職場はたくさんあります。背負い込みすぎて心の病気になってしまう前に、他の職場へ転職することをおすすめします!

    看護師イチオシ転職サイトなら「看護ルー(看護roo!)」
    ● 看護ルーでは、職場の人間関係や雰囲気などの内部情報を転職前にたっぷり教えてくれる!
    ● 応募書類の添削や面接対策、退職交渉や給料アップ交渉などもしてくれる!
    ● 登録者のみが応募できる独自プレミアム非公開求人を紹介してくれる!
    現在、年収600万円以上・年間休130日以上などの優良非公開求人が急増中!人気の求人はすぐに埋まってしまうので、見逃さないように今すぐ行動を始めることを強くおすすめします!

    \ 2022年5月総合ランキング第1位 /
    看護roo!に無料登録する
    【簡単30秒で登録完了】

    目次
    閉じる