MENU

看護師の楽な仕事を診療科・施設別で徹底解説!【2022年最新版】

看護師で楽な仕事

看護師は肉体労働でありながらも、患者さんとのコミュニケーションや同じ職場で働く看護師、医師との人間関係のトラブルなど、体力的・精神的ともに負担が大きい職業です。人間の生死に直結する仕事であり、人生の最期を看取ることも多々あるので、決して楽な仕事とは言えません。

しかし、看護師が必要な職場は多いので、働く施設の種類や環境によって楽な仕事は存在します

この記事では、看護師で楽な仕事をご紹介するとともに、なぜ楽なのか、その理由についても詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてください。

目次

看護師の楽な仕事における共通条件

「看護師の夜勤はきつい」「急変の対応などプレッシャーが大きい」などの理由から看護師が大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。裏を返せば、看護師の仕事の中で大変だと感じる条件を除けば、看護師は楽な仕事になり得るということです。

ここでは看護師で楽な仕事における共通する条件についてみていきましょう。

夜勤がない

総合病院などの大規模施設で働く場合、日勤夜勤の2交代制であることが多く、夜勤は避けて通れません。しかし、入院病床を有さない内科や外科などのクリニックであれば夜勤は発生しませんし、遅くまで診療しているケースは少ないので、時間の面で働きやすいといえるでしょう。

仕事内容としては受付などの事務的な業務も行うので、看護知識だけでなく医療事務的な業務知識も必要です。

他にも、介護施設や訪問看護、保育園などの病院以外の施設であれば夜勤がないケースが多いので、体力的・精神的に安定して働くことができるためおすすめです。

重症患者が少ない

急性期病院などの入院施設は、急変や重症患者が多く入院しているため、体力的・精神的ともにきついです。そこで慢性期や回復期であれば楽なのかといわれると決してそんなことはありません。回復期は急性期を乗り越え、身体の機能回復を図る時期で、リハビリなどを行い病気前の状態に戻すためのケアをします。合併症のリスクなどがあるため、細心の注意を払って対応する必要があります。

三次救急の指定病院は重症患者を受け入れる施設なので、事前に自身が働きたい施設がどのような診療科があり、救急指定病院であるのかなどを調べることをおすすめします。

残業がない

看護師の中には「残業が多くてきつい」「残業代が出なくてつらい」と思っている方も多いのではないでしょうか。大学病院などでは院内研修や勉強会があるところが多く、仕事以外に残らなければならないケースや、先輩看護師の顔色を伺って中々帰りづらい雰囲気になっている現場があります。

そこで、クリニックや健診センターなど、最終受付時間が決められている施設を選ぶことで、必要以上の残業をする必要がなくなります

また、多くの看護師が悩んでいる「前残業」については、若手であるうちは特に改善するのは難しいと思います。入所前に皆さんの出勤時間を確認したり、前残業代を請求するなどして自身が納得のいく対策をしましょう。

土日祝が休み

訪問看護ステーションや保育園看護師は日勤のみで土日祝休みである求人も多々あります。また、民間の企業に勤める産業看護師や産業保健師もカレンダー通りの休みであることが多いので、このような施設や職種を重点的に探しましょう。

しかし、そもそも施設が休みであったり緊急の対応が必要ではない仕事なため、医療行為を行う機会が減り、看護師としての経験としては実務経験をあまり積むことができないので、今後のキャリアビジョンを考えた上で求人を探すことをおすすめします。

高度な医療スキルが求められない

前述した訪問看護や保育園看護、産業看護師など、高度な医療スキルを必要としない職場であれば看護師としては楽といえるかもしれません。

しかし、患者さんではない方々の健康管理やご家族とのコミュニケーションといった看護師以外の業務が生じるうえ、看護師数が少ないため自分一人での判断力を求められたり、決して簡単な仕事ではありません。

事前にどのような業務内容なのか、自身に向いているのかなどを精査しておきましょう。

有給休暇が取りやすい

有給付与日数が10日以上の方には、年間5日以上の有給を取得させなければならないという取得の義務化が始まったことにより、看護師の有給取得率が50%以上の病院は6割以上になっています。

大規模病院で病床500床以上の施設は、他施設と比較すると有給取得率が下がる傾向にあり、小規模のクリニックでは看護師数が少ないことにより有給の取得が現実的ではないケースも考えられます。入所前に直近一年間の有給取得率を確認したり、休暇制度を確認するなどして事前情報を取得することをおすすめします。

人間関係が良好

看護業界に限らず、仕事をストレスなく円滑に進めるためには一緒に働く先輩や同僚の協力が必要不可欠です。人間関係が良好な施設を見極めることは容易ではありませんが、入所前に施設の見学をしたり、患者としてその病院を受診し、職員同士のコミュニケーションに着目して観察するようにしましょう。

看護師で楽な仕事を探すなら看護ルー(看護roo!)がおすすめ!

看護ルー(看護roo!)

看護ルーは東証一部上場企業「クイック」が運営しており、看護師の転職サポートを10年以上行ってきた実績がある看護師特化型転職サイトです。

そんな看護ルーの1番の魅力は、病院ごとの内部情報を事前にたっぷり教えてくれることです。人間関係や雰囲気、給料・休暇・残業の実態、離職率やその理由なども教えてくれるため、転職後のミスマッチを防ぐことができます。そのため、看護師で楽な仕事を探している方にはまさに最適な転職サイトといえるでしょう。

2022年6月時点における公開求人数は約57,000件となっており、年収600万円以上年間休130日以上など好条件・高待遇の非公開求人も多数取り扱っています。

楽な仕事で働きたいと思っている方は看護ルーを利用しておけば間違いありません!

\ 2022年6月の総合人気No.1 /
看護roo!に無料登録する
【簡単30秒で登録完了】

看護師で楽な仕事の診療科・施設別ランキング

「看護師は肉体労働で社畜以外の何者でもない!」「仕事の性質上、労働環境なんてよくなるはずがない!」と看護師として今の働き方を改善させることに諦めている方も多いのではないでしょうか。そして、将来的には別の職種への転職を漠然と考えている方も多いのではないでしょうか。

看護師として働くからには、人の命に関わるということは紛れもない事実です。しかし、必ずしも看護師が夜勤などがある病院勤務だけかというとそんなことはありません。

ここでは、看護師資格を活かした病院以外の施設についても紹介していきますので、是非参考にしてください。

看護師の楽な仕事【診療科別】

たとえ看護師で楽な仕事の共通条件に当てはまっていたとしても、診療科や施設によって大変さは大きく異なります。

その中でも楽な診療科をランキング形式でご紹介します。

  1. 採血室
  2. 眼科
  3. 整形外科
  4. 耳鼻科
  5. 心療内科・精神科
  6. 皮膚科

看護師の楽な仕事【施設別】

看護師の仕事内容は施設によっても大きく異なり、大変さも変わってきます。病院であれば患者さんがメインになりますが、健常者を対象にするケースもあれば、幼い子やお年寄りのみを対象とするケースもあります。

ここでは仕事が楽な施設についてもランキング形式でご紹介します。

  1. 美容外科クリニック
  2. 健診(検診)センター・人間ドック
  3. 眼科・耳鼻科の個人病院
  4. 有料老人ホーム
  5. デイサービス
  6. 産業看護師
  7. 訪問看護
  8. 保育園

看護師の楽な仕事を診療科別で紹介

病院勤務するのであれば診療科によって看護師の楽な仕事が決まり、病院によって給与体系に大きな差はないので、診療科を基準に選ぶようにしましょう。

比較的楽な仕事を診療科別でご紹介していきます。

  • 眼科
  • 耳鼻科
  • 皮膚科
  • 整形外科
  • 採血室
  • 心療内科・精神科

眼科

眼科は外来やクリニックが主であるため病棟勤務はあまりありません。

仕事内容は受付、医師の診療補助やオペの補助、検査業務などがありますが、視能訓練士の在籍有無によって業務の範囲に差があるのが特徴です。

視能訓練士がいる職場の場合、検査業務は視能訓練士が行うので、検査補助や診察補助がメインの仕事となり、手術を行っていなければ比較的落ち着いて仕事ができるでしょう。

視能訓練士がいない場合や手術を行うクリニックなどの場合は、検査や手術の補助業務が発生するので、比較的忙しくなります。できるだけ負担がない仕事を探すのであれば視能訓練士がいて手術を行わない施設がおすすめです。

耳鼻科

クリニックの看護師として勤めるケースが多くなるでしょう。耳鼻咽喉科と聞くと中耳炎や外耳炎、鼻炎など耳と鼻の病気を診ると思われがちですが診療内容は幅広く、診察補助や検査が多いため看護師としてのスキルアップにもつながります。

基本的に重症患者が少ないので急変の対応はなく、ルーティンワークが中心であるため体力面で負担なく勤務できるでしょう。

皮膚科

子供から大人まで幅広い年齢層が訪れる皮膚科は、命に関わる症状であるケースは少ないですが、皮膚科ならではの症例が多く、ある程度の経験・勉強が必要になります。

手術を行っている皮膚科であればオペの介助が仕事に加わりますが、慣れることで楽になる診療科といえるでしょう。

皮膚科ならではの仕事もあるので、経験を積むという意味でも最終的に価値のある診療科と言われており、おすすめです。

整形外科

整形外科は骨や関節などの運動器に関する治療分野で、整形外科看護師の役割はADL(日常生活動作)を向上・拡大させることです。スポーツをしている学生の怪我のケアや高齢者の骨折、リウマチなどの治療やリハビリをイメージしていただくとわかりやすいでしょう。

そのため、患者さんの介助があるので体力面では多少負担があるものの、慣れてくるとそこまで難易度の高い業務は発生しません。整形外科であれば総合病院やクリニックなど、働く場所を選ぶことができるので一度挑戦するのはアリだと思います。

採血室

ある程度規模が大きい病院だと採血のみを行う採血室が設けられています。

採血室で働く看護師は採血のみを行い、病院によっては一日100人程度の採血を行うケースもあるため、難しい採血をしなければならない時もあります。

病院によりますが、外来患者のみを担当する場合があり、夜勤が発生しないなど比較的ワークライフバランスを保ちながら働くことができるでしょう。ただ、採血しか行わないため採血以外のことができなくなる可能性があるので注意が必要です。

心療内科・精神科

バイタルチェックなどの基本的な看護業務はありますが、受付や医師の診察の立ち会いが主な仕事です。患者さんのほとんどが内面に病気を抱えているので、一人一人のちょっとした変化を感じ取る観察力が必要な診療科で、コミュニケーション能力や患者さんに寄り添う姿勢が重要ではないでしょうか。

上記の診療科で求人を探すなら看護ルー(看護roo!)がおすすめ!

看護ルー(看護roo!)

看護ルーは東証一部上場企業「クイック」が運営しており、看護師の転職サポートを10年以上行ってきた実績がある看護師特化型転職サイトです。

そんな看護ルーの1番の魅力は、病院ごとの内部情報を事前にたっぷり教えてくれることです。人間関係や雰囲気、給料・休暇・残業の実態、離職率やその理由なども教えてくれるため、転職後のミスマッチを防ぐことができます。そのため、看護師で楽な仕事を探している方にはまさに最適な転職サイトといえるでしょう。

2022年6月時点における公開求人数は約57,000件となっており、年収600万円以上年間休130日以上など好条件・高待遇の非公開求人も多数取り扱っています。

楽な仕事で働きたいと思っている方は看護ルーを利用しておけば間違いありません!

\ 2022年6月の総合人気No.1 /
看護roo!に無料登録する
【簡単30秒で登録完了】

看護師の楽な仕事を施設別に紹介

看護師の仕事の中で比較的楽な施設をご紹介します。

  • 美容外科クリニック
  • 健診(検診)センター・人間ドック
  • 眼科・耳鼻科の個人病院
  • 有料老人ホーム
  • デイサービス
  • 産業看護師
  • 訪問看護
  • 保育園

美容外科クリニック

人々の美容への意識は日々高まっており、年々「美容整形外科」「美容皮膚科」は増加傾向にあります。自由診療で患者さん一人一人の単価が高いので、病院勤務よりも給与水準が高く、安定して稼ぐことができるでしょう。

また、診療は事前予約制であるところがほとんどで、診療時間が決まっているためワークライフバランスを保った働き方ができる施設として人気です。入院などはないので夜勤はありませんが、20時〜21時頃までやっているクリニックが多いので、夜型の方にはおすすめです。

仕事面では機械の操作など、始めたばかりの頃は覚えることが多いので勉強しなければなりませんが、慣れてくれば体力的・精神的ともに楽な仕事といえるでしょう。

健診(検診)センター・人間ドック

会社勤めしている方の多くは、年に一度定期健康診断を受ける方が多いのではないでしょうか。その際に受けに行くのが健診センターや人間ドックです。

主な仕事内容としては受付案内や誘導、身体測定や採血などを行います。

健診センターでは健常者を対象にするケースが多いため介助などの肉体労働は発生せず、夜勤もないのでライフワークバランスを保ちながら比較的楽に働けるでしょう。

眼科・耳鼻科の個人病院

街中にある眼科・耳鼻科のクリニックの看護師は受付から診療補助、会計その他事務に至るまでを少人数で行わなければならず、常に忙しそうにしているイメージがあるのではないでしょうか。しかし、入院病床がないため夜勤が発生せず、休診日が曜日で決められているため働きやすい職場といえるでしょう。

眼科については視能訓練士の在籍有無によって多少の業務幅に違いがありますが、どちらの診療科も慣れてくれば楽な施設といえます。

有料老人ホーム

有料老人ホームの看護師は、利用者さんの体調管理を行うのが主な仕事です。医師が常駐している施設はほとんどないので、急変者など緊急対応時は看護師自らアセスメントし、症状から状態を把握しなければなりません。

普段の仕事内容は、利用者さんの入浴前のバイタルチェックや補助、食事の補助など、介護士のサポートを行うことが多く、一人で介助することはありません。老人ホームは24時間体制で運営しているので夜勤があるのではないか。と思われる方も多いですが、看護師に限っては日勤のみの働き方が多いので、生活リズムを崩すことなく働けるでしょう。

デイサービス

利用者さんができる限り自宅で生活ができるように自宅と施設間を送迎し、サービスを提供するのがデイサービス施設の役割です。その中で、看護師は利用者さんの健康管理や介助の補助をメイン業務として行います。

有料老人ホームと同じで、施設に医師が常駐しているケースが少ないので、看護師が利用者さんの容態を判断しなければなりません。しかし、病棟勤務に比べると医療行為に携わる機会が少ないのが特徴です。

産業看護師

大人数の従業員を抱える民間企業は、企業内に医務室を設けているケースがあり、そこで働く看護師を産業看護師といいます。民間企業に勤めるため土日祝休みであることが多く、夜勤も発生しないので、働きやすい職業として人気があります。

産業看護師は病気に対する予防や対策を発信し、同じ企業に勤める従業員の健康管理を行います。

そのため医療行為はほとんどありません。診療看護師としての経験にはならないので、産業看護師としてのキャリアを進むのであれば保健師資格も取得し、その道のプロフェッショナルを目指しましょう。

訪問看護

訪問看護師は自宅療養中の利用者さん宅に訪問し、健康管理やインスリン管理などのケアを行います。主な就業場所は訪問看護ステーションで、介護スタッフやリハビリスタッフとともにチーム単位で利用者さんの自宅療養を支えます。

業務においては介護スタッフがいるので看護師が一人で介助をすることはありません。入浴や食事の補助をメインに行うことになるでしょう。訪問看護は医師が立ち会っているわけではなく、医療行為を行う機会はないので、診療看護師としての経験にはなりません。

保育園

認可保育園には各自治体が看護師の常駐を義務化又は推奨しており、徐々に保育園に看護師がいる施設が増えています。

主な役割としては、園児の健康管理がメインで、体調不良の対応、園内の衛生管理、アレルギーの対応や緊急処置を行います。

看護業務より保育士の補助業務がメインになるので、子供が好きな方にはおすすめです。

将来的に診療看護師などのキャリアを考えている方は、看護師経験としては処置経験が積めないので注意が必要です。

上記の施設で求人を探すなら看護ルー(看護roo!)が最適!

看護ルー(看護roo!)

看護ルーは東証一部上場企業「クイック」が運営しており、看護師の転職サポートを10年以上行ってきた実績がある看護師特化型転職サイトです。

そんな看護ルーの1番の魅力は、病院ごとの内部情報を事前にたっぷり教えてくれることです。人間関係や雰囲気、給料・休暇・残業の実態、離職率やその理由なども教えてくれるため、転職後のミスマッチを防ぐことができます。そのため、看護師で楽な仕事を探している方にはまさに最適な転職サイトといえるでしょう。

2022年6月時点における公開求人数は約57,000件となっており、年収600万円以上年間休130日以上など好条件・高待遇の非公開求人も多数取り扱っています。

楽な仕事で働きたいと思っている方は看護ルーを利用しておけば間違いありません!

\ 2022年6月の総合人気No.1 /
看護roo!に無料登録する
【簡単30秒で登録完了】

看護師が楽な仕事を選ぶ際のデメリット

看護師で楽な仕事があるならわざわざ病棟勤務で夜勤勤務などのきつい仕事を選ぶ必要はないのではないか。と思われる方も多いと思います。しかし、あえてきつい仕事を選んでいる理由はあるはずですし、逆に楽な仕事を選ばない理由があるはずです。

ここでは、看護師が楽な仕事を選ぶことによるデメリットについてみていきましょう。

給料が少ない

看護業界に限らず、忙しさや働き方に多少のリスクがあればその分給料が見合っていなければなりません。その逆も然りです。看護師で楽な診療科や施設を選んだ場合、それに応じて給料が少ないということは当然の話だと思います。

もちろん、中には給与水準が高い楽な仕事も存在するかもしれませんが、そのような職場は求人倍率が高く、すぐに勤めるには現実的ではありません。

仕事が楽=給料が少ないと考え方を割り切りましょう。

やりがいがない

「とにかく忙しい」「個人成績によって給料が変動する」このような厳しい環境下で仕事をやり切った後のやりがいは、経験したことがある人にしかわからない爽快感があると思います。

逆に、看護師で楽な仕事の場合、人の命に大きく関わる業務である可能性が低く、事務的なルーティンワークになりやすいため、やりがいや達成感を感じにくいでしょう。

もし、仕事における価値観として「達成感」に重きを置くのであればおすすめはできません。

最新の医療知識やスキルが学べない

看護師にとって楽な仕事は、最先端の医療や難易度が高い医療を行わない傾向にあり、勉強会や研修を行わないことが多いので新たな知識や最新のスキルを学ぶことができません。

経験に応じて得られるスキルが少ないということは、周囲の看護師とのレベルに差が生じるということなので、看護師としてステップアップを考えているのであれば、スキマ時間を利用して自身で勉強するなどの努力が必要だと思います。

看護師がとにかく楽な仕事に転職する方法

「これ以上今の看護職を続けられない」「このままだと体調を崩してしまうかも」ということであれば、今までの内容を踏まえた上で、すぐに異動願や転職活動を始めましょう。

しかし、どのように転職活動を進めればいいのか、わからない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、楽な仕事に転職する方法について具体的にご紹介します。

他院で働く看護師の先輩・友達に話を聞く

看護師の誰もが看護系の大学か看護専門学校などの学習を経て看護師になっているので、他院で働く同級生や先輩に勤務先の病院について聞き、求人募集などの詳細を確認しましょう。

既に勤めている方からの情報はリアルであり、信憑性が高いので、自身が働きたいイメージと照らし合わせた上で転職活動を行えます。

また、採用選考の傾向を事前に聞けるので、転職面接時に有利に進められるなどのメリットがあります。事前情報を収集し、効率的に転職活動を進めましょう。

看護師転職サイトを利用する

業種特化した転職サイトは多く存在し、看護業界においても看護師専門の転職サイトがあるので、それらを活用して効率的に転職活動をしましょう。

転職サイトには多くの求人募集がかけられており、希望勤務地、年収などの希望条件を絞って検索できるので、看護師で楽な診療科や施設に条件を絞ることで効率的に求人を探せます。

ポイントとしては、あまりにも自分の中の絶対条件を多くしてしまうと希望求人がなくなるので、絶対条件と妥協点を見極め、応募する求人数を増やすことを意識しましょう。

看護師が楽な仕事を探すのに最適な求人サイト

インターネットで求人を検索すると、一人で見切れない量の求人サイトがヒットし、膨大な時間を費やしてしまい、結果的に求人に応募せずに満足してしまうケースが考えられます。

ここでは看護師が楽な仕事を探すために効果的な求人サイトをいくつかみていきましょう。

看護ルー(看護roo!)が1番おすすめ!病院ごとの内部情報を事前にこっそり教えてくれる

看護ルー(看護roo!)

看護ルーは東証一部上場企業「クイック」が運営しており、看護師の転職サポートを10年以上行ってきた実績がある看護師特化型転職サイトです。

そんな看護ルーの1番の魅力は、病院ごとの内部情報を事前にたっぷり教えてくれることです。人間関係や雰囲気、給料・休暇・残業の実態、離職率やその理由なども教えてくれるため、転職後のミスマッチを防ぐことができます。そのため、看護師で楽な仕事を探している方にはまさに最適な転職サイトといえるでしょう。

2022年6月時点における公開求人数は約57,000件となっており、年収600万円以上年間休130日以上など好条件・高待遇の非公開求人も多数取り扱っています。

楽な仕事で働きたいと思っている方は看護ルーを利用しておけば間違いありません!

\ 2022年6月の総合人気No.1 /
看護roo!に無料登録する
【簡単30秒で登録完了】

豊富な求人数から選びたい方は看護のお仕事もおすすめ!

看護のお仕事

「初めての転職で何をしたらいいかわからない」「今の職場を続けながら転職活動する時間がない」「多くの求人数の中から理想の転職先を見つけたい」このような方には特におすすめのサイトです。

このサイトの特徴は、①13万件以上の求人数から求人を見つけられること、②コンサルタントによる手厚いサポートを受けられることです。

コンサルタントによるサポートがあれば仕事をしながら求人紹介を受けて希望の求人を見つけられます。さらに、書類選考や面接の対策までしてくれるので最短で内定を勝ち取ることができるかもしれません。

また、地方求人も多く掲載しているため、IターンやUターン転職を希望する方にもおすすめです。

\ 業界最大級の求人数 /
看護のお仕事に無料登録する
【最短60秒で登録完了】

自分のペースでゆっくりと転職をしたい方は医療ワーカーがおすすめ!

医療ワーカー

このサイトは看護師や保健師に特化した転職エージェントで、キャリアアドバイザーによる転職サポートが必須です。医療ワーカーの特徴は、正社員に限らず夜勤のバイトや契約社員など、多種多様な雇用形態の求人があるので、自分のライフワークに合わせた働き方が実現できます。

キャリアアドバイザーは専門的な知識を得ていることが多く、施設情報に詳しいので、スピーディに対応していただきスムーズに内定獲得ができます。また、場合によっては施設の見学や面接に同行するなど、選考自体のサポートも手厚くしてくれるので、転職活動でお困りの方はまずは登録してみることをおすすめします。

医療ワーカーに無料登録する

看護師転職サイトの登録から転職までの大まかな流れ

転職サイトを通じて転職活動するにあたって、どのような流れで転職成功するのでしょうか。

具体的な順序をご紹介します。

登録する

ほとんどのサイトが数分で登録完了できるので、まずは恐れずに転職サイトに登録しましょう。

今回の転職が初めてではない場合、過去の職務経歴を入力するケースがあるので、自身の経歴について事前に整理しておきましょう。

初回カウンセリングを受ける

登録完了後、電話orメールorアプリなどでキャリアアドバイザーとの初回カウンセリングの案内が来ますので、案内に従ってカウンセリングの日程調整をしましょう。

キャリアアドバイザーは、面接官ではないので油断して何も準備をしない人が多いですが、キャリアアドバイザーにとってあなたは売上を得るためのいわば商品です。

将来性があり優秀な人材と判断されれば、それ相応の手厚いサポートが受けられるので、事前に転職の希望条件について決めておき、何を聞かれてもスムーズに答えられるように準備しておきましょう。

求人の紹介・応募

初回カウンセリングで過去の経歴や希望する年収、キャリアビジョン、希望条件の詳細について話した後、希望に沿った求人紹介をしてくれるので、求人を吟味して応募する・しないを決めていきます。

キャリアアドバイザーはあなたの可能性を把握した上で求人を紹介してくれているので、あまり高望みしすぎると厳しいお言葉をいただくことも。現実を受け止め、あらかじめ決めておいた絶対条件を満たす企業をピックアップして応募しましょう。

転職先との条件交渉

選考を進めた結果、内定を獲得すると転職先との条件交渉ができます。

キャリアアドバイザーを通して勤務条件について交渉できるので、気負いせずに交渉しましょう。

ポイントとしては、内定承諾前に条件について細かく確認するとともに、求人票にない情報で自身が働く上で事前に確認したい内容は聞くようにしましょう。

「月の残業平均は?」「有給取得率は?」「お子さんがいる看護師さんはどのくらいいる?」など、採用面接時に聞いてしまうとマイナスの心象を与えかねない内容かもしれませんが、内定後であれば基本的に取り消されることはないので、入社後のミスマッチを防ぐためにも積極的に聞くことをおすすめします。

看護師楽な仕事まとめ

看護師で楽な仕事は、「看護師はきつい」という概念を覆す働き方であり、その分人気も高いです。そして、働く日本人の誰もが一度は憧れる「ワークライフバランスがいい」というメリットある仕事です。ただし、「給料が低い」「やりがいがない」などのデメリットがあるので注意しておきましょう。

特に初めて転職を考えている看護師は、今後のキャリアに大きく関わることなのでメリット・デメリットについて確認し、実際の口コミや先輩看護師の評判などを参考にしながら慎重に仕事選びを進めてみてください。

なお、看護師で楽な仕事を探すなら看護ルーが1番おすすめです!看護ルーは独占プレミアム非公開求人を多く取り扱っているので、あなたの希望に合った求人がきっと見つかるでしょう。

\ 2022年6月の総合人気No.1 /
看護roo!に無料登録する
【簡単30秒で登録完了】

目次
閉じる